2014年09月22日

(近隣センターよりお知らせ)岩倉市市民活動支援センターより

岩倉市市民活動支援センターよりイベント情報です。
------------------------------------------------------------------------

伝えるコツセミナーin岩倉

日時:2014年10月25日(土)PM1時〜5時
場所:岩倉市民プラザ 多目的ホール 岩倉市昭和町2-17
対象:地域・市民活動団体で活動する人・職員及び市民活動に関心のある方
参加費:500円(テキスト冊子代含む)
定員:50名(定員になり次第締め切り)

基本的な考え方から、実践的なノウハウまで!
講師:市民活動センター神戸 理事・事務局長 実吉 威氏 

主催・お問合せ先:NPO法人ローカルワイドウェブいわくら TEL/FAX0587-37-0257

CCF20140922-1.jpg

CCF20140922-2.jpg
posted by iCASC at 11:57| 外部講座・イベント等情報

2014年09月15日

平成27年度 あいちモリコロ基金 助成対象活動 募集 10月31日(金)まで ※当日消印有効

補助助成情報です。
初期活動も5年に伸びました。興味のある団体さんは、申請の詳細などまたセンターまでお問合せください。

1. 名称
平成27年度 あいちモリコロ基金 助成対象活動 募集

2. 締切
10月1日(水)〜10月31日(金) 当日消印有効

3. 対象団体
  愛知県および隣接県(岐阜、三重、静岡、長野)の団体またはグループ(5人以上)
  ※隣接県の団体等は、愛知県の団体等との共催が条件

4. 補助・助成
 @初期活動(前期募集) 上限 30万円(助成率 100%) 40〜50件程度
 A展開期活動 上限 100万円(助成率 80%) 50件程度
 B大規模活動 上限 500万円(助成率 80%) 7〜8件程度

5. 事業内容
 @初期活動(前期募集)活動開始後 5年以内の団体等の活動
 A展開期活動 一般社会貢献活動(行政、企業または他のセクターとの協働を含む)
 B大規模活動 上記Aのうち、十分な事業経験や知識等があると認められる団体等が行う大規模な活動

6. 応募
  ホームページの募集要項(9月下旬に公表予定)を参照して、申請書用紙に記入のうえ郵送。

●申請書郵送先
  三菱UFJ信託銀行株式会社 リテール受託業務部公益信託グループ
 「あいちモリコロ基金係」
  〒100-8212 東京都千代田区丸の内1-4-5

7. お問合せ先
 「あいちモリコロ基金相談コーナー」(募集期間中、火〜土 10時〜17時)
  あいちNPO交流プラザ(名古屋市東区上竪杉町1 ウィルあいち2階
  TEL 052-971-7770  FAX 052-971-7789
  E-mail  office@morikorokikin.jp

8. 詳細情報
ホームページをご参照ください。
http://morikorokikin.jp/Bosyu_Youkou/index.html

-------------------------------------------------------------------------
運営指導員(サポーター)杉山さんからの情報提供です。
posted by iCASC at 20:13| 外部講座・イベント等情報

2014年09月03日

「1%支援制度シンポジウム in 和泉」に一宮職員がパネリストとして参加いたします

CCF20140903_0001-1.jpg

CCF20140903_0001-2.jpg

市民活動や「ちょいず」についてみんなで考えよう!!

「1%支援制度シンポジウム in 和泉」 これからのまちづくり − 1%支援制度(ちょいず)の意義 −  〜 ひろげよう!つなげよう!市民活動の”和” 〜 を開催します。

市民活動とは何なのか?なぜ必要なのか?また、1%支援制度(ちょいず)の意義について、市民や市民活動団体等の皆様と一緒に考えるためのシンポジウムです。
日時:平成26年9月13日(土曜日) 13時30分〜16時30分まで(13時00分開場)
場所:和泉シティプラザ 弥生の風ホール(和泉市いぶき野五丁目4番7号)
参加費:無料
事前申込は、不要となっております。

プログラム
13時00分 開場
13時30分 開会(主催者挨拶 和泉市長 辻 宏康)
13時40分 基調講演

「これからのまちづくり − 1%支援制度(ちょいず)の意義 −」
〜 ひろげよう!つなげよう!市民活動の”和” 〜
講師:和泉市市民活動支援制度判定会会長・桃山学院大学社会学部社会福祉学科 准教授 黒田 隆之 氏
14時00分 ちょいず参加団体によるPR
15時10分 パネルディスカッション
コーディネーター:黒田 隆之 氏

パネリスト
湯川 まゆみ 氏(和泉市市民活動支援制度判定会委員・NPO法人「SEIN」代表)
新田 良子 氏(和泉ボランティア・市民活動センター(アイ・あいロビー)運営委員長
弓削 任代 氏(こどもNPOセンターいずみっ子 理事長)
宮本 英昭 氏(のぞみ野街づくり推進委員会 会長)
川合 信嘉 氏(愛知県一宮市企画部地域ふれあい課(市民活動支援センター)主任
辻  宏康(和泉市長)

 16時10分 質疑応答
 16時20分 講師統括
 16時30分 閉会


お問い合わせ先

〒594−8501
大阪府和泉市府中町二丁目7番5号
和泉市 市長公室 公民協働推進室 公民協働推進担当
電話:0725−41−1551(代表) 0725−99−8103(直通)
ファックス:0725−41−1944
  ホームページ
posted by iCASC at 16:09| 外部講座・イベント等情報

2014年07月01日

2014.8.1(金)13:10〜 あいちESDシンポジウム

あいちESDシンポジウム

2014.8.1(金)13:10〜[開場 12:30]

場所:ウインクあいち・大ホール 名古屋市中村区名駅4丁目4-38

入場無料[定員:800名]

一宮市「市民が選ぶ市民活動支援制度」の取組発表があります。

その他、名古屋市、半田市、碧南市、刈谷市、犬山市の取組発表があります。

古田敦也さん(元東京ヤクルトスワローズ監督)のスペシャルトークがあります。

※事前応募が必要です。
応募方法:FAX・Eメール・郵便はがきでご応募ください。
応募締切:7月24日必着[先着順]

20140701あいちESD1.jpg20140701あいちESD2.jpg
posted by iCASC at 15:44| 外部講座・イベント等情報

2014年06月04日

NPO法・税制改正の賛同署名協力のお願い

「シーズ・市民活動を支える制度をつくる会」からの情報です。
なお署名できるのは、当事者性を高めるため「NPO法人限定」となっております。
ご協力をお願いします。

-------------------------------------------------------
NPO法・税制改正の賛同署名協力のお願いです。

この4月政府税制調査会が「租税特別措置法」の全面見直し・廃止・縮小の方向性を打ち出しました。この検討事項として、認定NPO法人制度の税制優遇措置である、1)みなし寄付金、2)企業の寄付金損金算入特別枠、の2つが見直しの対象として挙げられています。
また、これとは別に、与党では、平成26年度税制改正大綱の検討事項として寄付金税制における税額控除の制度の再検討をも打ち出しています。
これら3つのメリットは、認定NPO法人の税制優遇措置の中核です。
一方、NPO法の見直しは来年3月が期限ですが、国会での議論は進んでいません。仮認定の特例の延長や認定要件の緩和など、重要な見直しが必要です。NPO法改正を実現するためには、今国会(6月まで)にある程度の方向性を示す必要があります。

私たちの声を届けるべく、「NPO法人制度・税制度に関する要望書」に制度を後退させることなく、一層の改善を求める内容をまとめました。
6月13日までにとりまとめ、今国会が終了直前に国会議員および政府に届けます。
なお、今回の賛同署名呼びかけは、第1回とりまとめとし、秋の国会まで継続します。

■要望書内容
「NPO法・税制度改正要望書」の内容は、以下ページに掲載しています。
http://sfml.jp/?c=388201&o=0011000000ScpvhAAB&v=9901e71e

■賛同署名をお願いします
以下、フォームから賛同ください。
http://sfml.jp/?c=388202&o=0011000000ScpvhAAB&v=c360d87e
1.今回の署名は、当事者性を高めるため、NPO法人にお願いします。
2.団体として、署名してください。個人の署名は集めておりません。
3.法人名と所在地(都道府県・市町村)を公表します。
担当者の個人名は公表しません。
4.国会議員および政府に提出し、シーズのウェブサイトでも公表します。
5.お知り合いのNPO法人にも、ぜひお声掛けください。

賛同署名へのご協力をなにとぞよろしくお願いします。

シーズ・市民活動を支える制度をつくる会代表理事松原明
-------------------------------------------------------
posted by iCASC at 16:29| 外部講座・イベント等情報