2018年03月08日

学生インターン募集

学生インターン募集

市民活動やボランティア、NPOに興味がある学生さん
平日の空き時間や週末などに一宮市市民活動支援センターのお手伝いをしてみませんか?

インターン募集.jpg

・ソーシャルな活動を支援するお手伝い!
・一宮市の公的機関のスタッフに!
・i-ビル3階で学びながら、お小遣いも!

主な仕事は施設管理のための来館者対応、資料の整理、データ入力などです。
七夕まつりなど関連イベントがある際は、スタッフとしてお手伝いをしてもらいます。
勤務時間、謝礼(高校生・大学生に限る)については応相談。
他のバイトなどとの掛け持ちも歓迎。
空いた時間には勉強をして待機していても構いません(学生のみ)。

一宮市をよりよくするため自発的に活動をしている人たちとの出会いがあります。

大学生/高校生/中学生 ※学生でない方もご相談ください

◆先輩の声
多くの方と出会うことができます。実際にNPOの現場に行くこともあります。
センターの方、職員の方からNPOのことを沢山学べます。
雰囲気もよく、働いていて楽しいです。
松嶋さん(大学3年生)
-----------------------
はじめは不安もありましたが、普段あまり話すことのない年齢の違う人たちと関われ、楽しい時間になりました。社会人になる前に貴重な経験をすることができたと思います。
水谷くん(某市職員)

一宮市市民活動支援センターは、一宮市が設置し、NPO法人志民連いちのみやが運営受託しています。
一宮市地域ふれあい課の職員と、運営スタッフとが同じオフィスでコラボしています。
地域コミュニティにコミットするソーシャルな団体を支え、育み、つなげ、集まる場づくりをしています。

---------------------------------------------------------------------------------------------

◆お申込み・お問合せは一宮市市民活動支援センターまで
電話:0586-23-8883 FAX:0586-85-7023
URL:http://138cc.org/
Mail:info@138cc.org
日〜木/9:00〜17:00 金・土/9:00〜21:00
祝日閉館(ただし週末とかぶる場合は開館)
posted by iCASC at 11:27| 支援センター通信

杜の宮市に団体共同で広報ブースを出します!【もうやいこブース4:参加団体募集】

杜の宮市に団体共同で広報ブースを出します!
もうやいこブース4
参加団体募集

もうやいこブース参加団体募集(表面).jpg

もうやいこブース参加団体募集(裏面).jpg

今年18回となる「杜の宮市」は、すべて市民手作りによる文化イベントです。一昨年からは商店街全体に会場が拡大。地域内外から3万人ほどの来場者を迎えるようになっています。この杜の宮市の「市民活動大集合!」というエリアに、市民活動支援センターでブースをシェアし、共同で広報などをする「もうやいこブース」を出すことになりました。お気軽にご参加ください。

杜の宮市は2018年5月5日(土) 10:00〜17:00まで、
真清田神社境内から本町商店街一帯で開催されます。

◆もうやいこブース参加方法
【日時】2018年5月5日(土)
【場所】本町1丁目商店街
【内容】
チラシの設置・配布、ポスターの掲示、ミニ体験ワークショップ、ミニ説明会など、ご自身の団体の広報などを行ってください。
【参加費用】無 料
【参加のかたち】「早番」「遅番」のどちらか、または両方にご参加ください。
●早番の方は8時30分から10時の準備作業に参加してください。
●遅番の方は17時から18時30分の撤収作業に参加してください。
杜の宮市開催時間中は、自団体の広報などを自由な時間に展開してください。

◆説明会
3月23日(金) (1)15:00〜15:30 (2)19:00〜19:30 (各30分程度)
一宮市市民活動支援センター会議室にて
※参加は必須ではありませんが、なるべくご参加ください。

【主催】一宮市市民活動支援センター
【申込方法】一宮市市民活動支援センターまで裏面の申込書または以下の内容をファックスかメールでお教えください。
(1)団体名※ (2)担当者名 (3)担当者連絡先(携帯) (4)連絡先メール (5)参加が早番・遅番または両方か (6)だいたいの広報活動時間枠(予定) (7)参加内容の名称(20文字内)※ (8)簡単な参加内容※
(9)参加に必要な広さ (10)事前説明会・準備会への参加有無 (11)その他
(※)は公開されます。
【申込期限】4月1日(日)

※未確定なことがあってもまずは申し込んでください
※詳しいことはセンターまで

もうやいこブース参加申込書(PDF)

---------------------------------------------------------------------------------------------

◆お申込み・お問合せは一宮市市民活動支援センターまで
電話:0586-23-8883 FAX:0586-85-7023
URL:http://138cc.org/
Mail:info@138cc.org
日〜木/9:00〜17:00 金・土/9:00〜21:00
祝日閉館(ただし週末とかぶる場合は開館)
posted by iCASC at 11:19| 支援センター通信

センタースクール&エクスカフェ マイナスから始める団体の管理運営術 2018.4〜2018.7

センタースクール&エクスカフェ
マイナスから始める団体の管理運営術

星野博のマンスリーミニミニ講座

1802マイナスから始める.jpg

場所/一宮市市民活動支援センター 会議室にて
【参加費無料】

気軽
説明30分+質問&交流会30分の時短講座です。
前半だけでも、後半だけでも、また説明の30分だけの参加でも構いません。
選べる
平日1回、週末に1回、同じテーマで別の月に開催しますので、どちらかにご参加ください。
同じ日の2コマを連続で受けられても構いません。
相談
なるべく講座と同じ日に「なんでも相談」を開催します。
個人的な問題は対応できませんが、市民活動やNPOのことなら、何でもご相談ください。
どなたでも
超初心者向け市民活動ハウツー講座を開催していきます!
ネットの使い方やチラシの作り方、印刷や画像など、乞うご期待。

■2018年4月20日(金)
18:00〜何とかしよう報告書と決算書
前年度の報告書や決算書をまとめなければいけない時期。ここまでは!というところをおさえます。
18:30〜エクスカフェ
19:00〜基礎書類の整理と保存
意外に面倒な領収書の整理や保存。ネット販売・クレジット決済など複雑化する取引の基礎書類につき整理します。
19:30〜エクスカフェ

■2018年5月18日(金)
10:00〜基礎書類の整理と保存
前年度の報告書や決算書をまとめなければいけない時期。ここまでは!というところをおさえます。
10:30〜エクスカフェ
11:00〜エクセルで簡易簡単記帳
小規模、現金中心の団体向けに、簡単なエクセルのシートでの記帳法を説明します。簡単ですが、とりあえず『複式簿記』です。
11:30〜エクスカフェ

■2018年6月9日(土)
17:00〜エクセルで簡易簡単記帳
小規模、現金中心の団体向けに、簡単なエクセルのシートでの記帳法を説明します。簡単ですが、とりあえず『複式簿記』です。
17:30〜エクスカフェ
18:00〜会計ソフトのあれこれ吟味
巷にはこびる会計ソフト。色々なものがありますので、そのリサーチと意見交換会をみんなでしましょう。
18:30〜エクスカフェ


■2018年7月12日(木)
15:00〜会計ソフトのあれこれ吟味
巷にはこびる会計ソフト。色々なものがありますので、そのリサーチと意見交換会をみんなでしましょう。
15:30〜エクスカフェ
16:00〜仲間を見つけて活動を立ち上げよう
活動を始めたいけど仲間が見つからない。どうやって団体を立ち上げたらいいか分からない。市民活動の第ゼロ歩の話です。
16:30〜エクスカフェ

●なんでも相談 
2018年4月20日(金) 13:00〜18:00
2018年5月18日(金) 13:00〜15:00/17:00〜20:00
2018年6月9日(土) 9:00〜12:00/13:00〜15:00
2018年7月12日(木) 9:00〜12:00/13:00〜15:00

---------------------------------------------------------------------------------------------

・センタースクールとは!?
当センター自主企画の講座です。市民の皆さんを対象としたものと、市民活動団体の方を対象としたものがありますが、どなたでも参加可能です。基礎中の基礎から専門的な技術まで、様々な講師の多様な講座を開催します。

・エクスカフェとは!?
どなたでも自由に参加できる交流会です。一宮市市民活動支援センターのフリースペースで、お茶でも飲みながら、講座の講師や参加者あるいはコーディネーターと、あれこれゆったり意見や情報の交換をして交流しましょう。

---------------------------------------------------------------------------------------------

◆お申込み・お問合せは一宮市市民活動支援センターまで
電話:0586-23-8883 FAX:0586-85-7023
URL:http://138cc.org/
Mail:info@138cc.org
日〜木/9:00〜17:00 金・土/9:00〜21:00
祝日閉館(ただし週末とかぶる場合は開館)
posted by iCASC at 11:06| 支援センター通信

センターナーレ開催します【一宮市市民活動支援センターのフリースペースに団体の紹介展示をしませんか】展示品募集

一宮市市民活動支援センターのフリースペースに団体の紹介展示をしませんか
センターナーレ開催します

トリエンナーレ告知.jpg

展示作品を通して団体の活動を紹介する企画です。普段の活動で使用している制作物や活動の中で生まれた作品をセンターで展示して、団体の雰囲気を来館者に伝えてください。
【展示品募集】

たとえば…
・活動で使用しているものをそのまま展示(例:人形劇のお人形など)
・制作活動を通した社会貢献活動をしている団体の成果物(例:パステルアート、書画など)
・団体の活動の中でこれから作品を作成(例:団体の応援旗をみんなでつくるなど)
・主催者が制作活動をしている場合、展示作品の提供
・建築系など、対象物の展示が難しい場合は、写真パネルやポストカードで

◆展示期間
未定(秋ごろを予定)

◆展示スペース
市民活動支援センターのフリースペースに展示台を設置し、団体名と概要を記載したプレートを一緒に展示する予定です。※場内での物販は不可です。※設営・撤収・管理をお手伝いください。

◆参加申込
団体名/お名前/連絡先/TEL: FAX:MAIL:/展示物
上記を記載の上、FAXをしていただくか、メールに記載し送信してください。
お申込み展示物によっては詳細をうかがわせていただくことがあります。また展示をお断りさせていただく場合もあります。

※お預かりした作品を破損紛失した場合は責任を負いかねます。


---------------------------------------------------------------------------------------------

◆お申込み・お問合せは一宮市市民活動支援センターまで
電話:0586-23-8883 FAX:0586-85-7023
URL:http://138cc.org/
Mail:info@138cc.org
日〜木/9:00〜17:00 金・土/9:00〜21:00
祝日閉館(ただし週末とかぶる場合は開館)
posted by iCASC at 10:50| 支援センター通信

一宮市市民活動支援センター「市民活動基盤講座」一宮で、ソーシャルを学ぼう!

一宮市市民活動支援センター「市民活動基盤講座」
一宮で、ソーシャルを学ぼう!

1802ソーシャルを学ぼう.jpg

ソーシャルな市民活動は、この一宮でも随分と広がってきましたが、市民による自律的な動きや市民協働による取り組みは、まちの規模に比べるとまだまだ弱いままです。一宮市「市民が選ぶ市民活動支援制度」(通称「1%制度」)やi-ビルの「一宮市市民活動支援センター」などを活用し、私たちで、私たち自身のまちを守り育てるソーシャルな知恵を深めましょう。
【無料:1回18人まで】

◆開催日時
平日、週末、週末夜間の3つの時間帯で、ほぼ隔月で開催します。1回90分程度
5/18 (金) 15:00〜16:30
7/20(金)19:00〜20:30

◆講座内容
※センターの使い方も説明します!
・市民活動ってどんなこと 20分
 市民活動専門家がソーシャルな活動のおおまかなありようをお伝えします。

・一宮市の市民活動と1%制度 20分
 市役所の担当者が市民活動の状況や支援のしくみ、1%支援制度について説明します。

・一宮市市民活動支援センターのしくみと約束 20分
 一宮市市民活動支援センターの役割や利用していただくための約束ごとなどを解説します。

・一宮市市民活動支援センターの活用方法 20分
 センターの有用な使い方、備品の使用方法や会議室の活用方法、付加サービスなどを説明します。

・ふりかえり 10分
 質問や確認などをします。

◆ご参加いただく方
どなたでも参加できます。
一宮市市民活動支援センター登録団体のメンバーの方は、どなたも一度はご参加ください。
一宮市市民活動支援センターに新しく登録する団体の代表者や事務担当者、事業担当者の方は、
必ず受講してください。新たにそうした役職になられた方も同様です。

※駐車場・駐輪場の利用には補助が出ます。
お申込みはセンターまでメールお電話またはFAXにて、団体名・参加人数・参加者氏名・連絡先を記載の上ご連絡ください。info@138cc.org

---------------------------------------------------------------------------------------------

◆お申込み・お問合せは一宮市市民活動支援センターまで
電話:0586-23-8883 FAX:0586-85-7023
URL:http://138cc.org/
Mail:info@138cc.org
日〜木/9:00〜17:00 金・土/9:00〜21:00
祝日閉館(ただし週末とかぶる場合は開館)
posted by iCASC at 10:43| 支援センター通信

一宮市市民活動支援センター通信Vol.25

一宮市市民活動支援センター通信Vol.25

通信vol.25外面.jpg

通信vol.25中面.jpg

■□一宮市市民活動支援センター「市民活動基盤講座」
一宮で、ソーシャルを学ぼう!【無料】
私たちで、私たち自身のまちを守り育てるソーシャルな知恵を深めましょう。
団体のメンバーの皆さん、一度は受講してください!

■□もうやいこブース【参加団体募集中!】
杜の宮市に団体共同で広報ブースを出します!
5月5日(土) 10:00〜17:00
毎年3万人の来場者を広域から迎える「杜の宮市」で、チラシの設置・配布、ポスターの掲示、ミニ体験ワークショップ、ミニ説明会など、ご自身の団体の広報を行ってください。
申込期限4月1日(日)

■□第63回おりもの感謝祭 一宮七夕まつり【参加団体募集中!】
センターたなばた2018
7月28日(土) ・7月29日(日)
・センター内のフリースペースや会議室で「体験ワークショップ」や「活動紹介」
・シビックテラスのステージでの「演奏」や「活動紹介」
6月に募集開始します!日程を空けておいてください

●一宮市市民活動支援制度(1%制度)投票ありがとうございました
3月8日(木)に選択届出結果の公表があります

●ロッカー・メールボックス
利用団体が抽選で決定となりました!
4月〜6月の使用頻度が少ない団体については、落選した団体へゆずっていただきます。
※最終結果は、3月18日(日)までにご連絡いたします。
※詳しくはセンターへお問合せください。

●相談事業をご活用ください【予約優先】
会計相談、団体立ち上げ、運用などでお困りの事はありませんか?
2018年度も引き続き専門家による相談事業を継続します。

●2018年度 市民活動支援センター休館日のご案内
以下はセンターが休館となります。気をつけてお出かけください。※平日の祝日はお休みです。
ゴールデンウィーク 4/30(月)・5/3(木)・4(金)
7/16(月)
夏季休暇 8/12(日)〜15(水)
9/17(月)・24(月) / 10/8(月) / 11/23(木)
年末年始 12/28(金)〜1/4(金)
1/14(月) / 2/11(月) / 3/21(木)

-----------------------------------------------------------------------------

【団体訪問】
第24回 農業活動の支援・一宮市都市近郊型農業の発展に寄与する
一宮はつらつ農業塾生の集い

 一宮市が開催する「一宮はつらつ農業塾」の卒業生を中心に「集い」(同窓会)を作り、会員相互の親睦と情報交換を通して会員の農業活動(栽培〜販売)を支援し、はつらつ農業塾の発展と、一宮市都市近郊型農業の発展に寄与しています。
 会員の知識・技術向上と会員相互の連携・親睦を図るために年1回の総会やIT技術の活用による会員間の情報共有を進めるなどしつつ、会員が共同で行う農業活動について連携を深めています。(情報サイトより)

●第7回総会にお邪魔しました。
 2018年1月27日(土)JA愛知西本店3Fホールで、一宮はつらつ農業塾生、JAや一宮市の関係者なども含めて165名が集まり総会が行われました。来賓や事務局の挨拶のあと、「朝市」「アグリサロン(農業技術質問塾)」「保育園の野菜作り支援」のテーマ別分科会のメンバーから活動報告があり、自然を相手にする悩みや厳しさ、安心安全な野菜を収穫し販売するうれしさ、子どもたちへ農業を教える楽しさ、また仲間と過ごす充実した日々の様子が伝えられました。
 その後、鈴鹿市で農業組合法人を営まれる近藤けいこさんの講演がありました。
嫁ぎ先は農家。ご主人はサラリーマンで農業に関してはノータッチ。30年子育てをしながら義父母と農業を営み、子どもの独立を機に近藤ファーム野菜部門を立ち上げました。当初は新しいことをするたびに周囲から様々なことを言われたそうです。
 現在は屋号を「近藤けいこNatural Vegetable」と変更。女性だけで経営し、自然農法により育てた野菜を、レストランやホテルへ納入、インターネット販売をしています。2018年の売上が約3,000万円になり、10年前の10倍に成長したとのこと。近藤さんの畑へは有名シェフも訪れるそうです。平成27年度農業の未来をつくる女性活躍経営体100選にも選ばれ、マスコミに取り上げられることも多く、ご活躍されています。
嫁ぎ先、農業を躍進させる女性の力強さや潔さには感銘をうけ、講演後の皆さんからの質問に淡々と答える姿には軽快さや頼もしさも感じました。

●取材して
 はつらつ農業塾は2008年(平成20年)8月からはじまり、これまでに1期から10期生の約480名が在籍しています。
 畑仕事はシニアの方が関わるイメージが強かったのですが、若年層も多く、中には生産が滞った放棄農地を復活させた方もいらっしゃいました。
 市民のほか、JA、一宮市、保育園などが協力しています。最近はのわみ相談所のフードドライブに野菜を提供するなど、新しい事業も増え様々な連携をしています。オーガニックなものを購入したり、家庭菜園などで安心安全なものをつくるなどして「食」の関心が高まっています。
 入塾に関してご興味がある方はご参考にしてください。スタッフ安田 
http://www.city.ichinomiya.aichi.jp/shisei/keizai/1010565/1017122/1002653.html

●様々な場所で、団体の野菜を購入することができます。
・モンタボー朝市(富士)
・JA愛知西一宮支店朝市(西島)
・島村朝市クラブ(葉栗)
・バロー駅西店(神山)
・つくる。八百屋(木曽川)
・おでかけマルシェ(森本)など
【お問合せ】一宮はつらつ農業塾生の集い事務局 0586-73-4738 (木村)

▲2018年6月〜10月に催事がある団体の皆さん、2018年6月号の掲載どうですか?!
一宮市市民活動支援センターでは、登録団体と密接な関わりを持ち、状況を把握して問題解決のお手伝いができるよう団体訪問事業を進めています。どうぞご協力ください。「うちにも来てほしい!」という団体の方は、ぜひご連絡ください。

-----------------------------------------------------------------------------

市民ダレデモ自主防災vol.2
避難所運営リ−ダー研修開催報告

 2月4日(日)「一宮防災ボランティアネットワーク」の企画運営によるシビックスクールが一宮市市民活動支援センターにて開催されました。
 「市民ダレデモ自主防災」と題したシリーズの2回目です。
 午前は金芳外城雄(かねよしときお)さんの講座でした。金芳さんは元神戸市職員。現職時に発生した震災現場や避難所の悲惨さ、職場や地域の混乱、国や県とのやりとりなど、市職員でもある様々な葛藤を含めたお話は臨場感がありました。また震災時の家族のお話では会場内に笑いが起こりました。23年の月日の経過が穏やかな生活へと少しずつ変化していることも感じられました。現在は「NPO法人 神戸の絆2005 」専務理事として、語り部活動や神戸以降の震災などに携わる活動をされています。まだまだお聞きしたいことがたくさんありました。
 午後は一宮防災ボランティアネットワークから避難所運営について基本的な説明があり、それから地域ごとの5グループに分かれ、避難所運営の課題を提起した上でワークショップを行いました。
グループごとのテーマは以下の5つです。

・被災直後、殺到する避難所の受付をどうするか?
・トイレの仮設、衛生管理
・避難所運営組織づくり
・避難所運営における食について
・避難所運営とりわけ一時避難、高齢者や弱者など

 町会長、地域づくり協議会や、NPOの関係者、市や社会福祉協議会職員に一般も含め約60名の方が参加され、様々な観点から活発な意見交換がなされました。今後も引き続き「市民ダレデモ自主防災」の活動を推進してまいります。
 ボランティア活動を始めたい方、地域防災や減災に関心のある方、災害支援に取り組みたい方、コミュニティのありようを考える方など、どなたも気軽にご参加できますので、「市民ダレデモ自主防災」連絡網にご登録ください。

【ダレデモ自主防災連絡網】
自主防災講座のほか、様々な情報の交換と共有、また新しい催事の企画などを話し合うフランクなネットワークです。「ダレ防に参加する!」と、メールアドレスとお名前を記載の上、右記までメールをください。(いつでもやめることができます。)
一宮市市民活動支援センター info@138cc.org

-----------------------------------------------------------------------------

知ってほしいな、わたしたちの活動を2018

「おつかれさまでした!」
 一宮市市民活動支援制度(1%制度)について、支援を受ける側である市民活動団体も広報し、制度を支えていこうという事業が「知ってほしいな、私たちの活動を」です。各参加団体は、自団体のPRチラシをはさんだ制度の冊子を一宮駅構内で人々に配ります。
 今年は1月26日(金)と27日(土)の2日間に実施。尾張一宮駅前ビル(i-ビル)1階コンコース、名鉄百貨店一宮店前、名鉄一宮駅前の各所で声を出し、冊子を配布して、自主的な活動をしました。
 両日合わせて11団体が参加。約2時間の配布でしたが、手際よくたくさんを配る方もあった一方で、制度や団体の活動について興味を持った方に、じっくり伝える方の姿もみられました。
 同制度を担当する一宮市地域ふれあい課の皆さんも、毎日コンコース内に投票箱を置いて投票を呼びかけました。 


-----------------------------------------------------------------------------

■メルマガ登録してください月に一度程度、様々な情報を発信しています。
登録はホームページ(http://138cc.org/)からどうぞ。

この通信にチラシなどを同封できます。次号(2018年6月初旬配布)の持ち込み期限は2018年5月31日(木)です。

2018年3月発行 第25号 編集責任者/志民連 いちのみや

〒491-0858 一宮市栄3丁目1番2 号 i-ビル3 階
電話:0586-23-8883 FAX:0586-85-7023
E-mail info@138cc.org
開館時間 日〜木 / 9:00〜17:00 金・土 / 9:00〜21:00
休館日 祝休日(土日と重なった場合は開館)・夏季休暇・年末年始

駐車場・駐輪場i-ビル立体駐車場・駐輪場(駐車場30分100円、駐輪場2時間まで100円) 会議室等の利用に2時間まで補助します(対象外あり)。
posted by iCASC at 10:32| 支援センター通信

2017年12月13日

2018年度ロッカー・メールボックス・事務室 利用団体募集(引き続き利用を希望される方もお申し込みが必要です)

一宮市市民活動支援センター登録団体の皆様へ

2018年度ロッカー・メールボックス・事務室 利用団体募集(引き続き利用を希望される方もお申し込みが必要です)

利用を希望される方は、同封の申込書を平成30年2月28日(水)必着でお願いします!
結果は3月18日(日)までにご連絡します。次のいずれかの方法でお送りください。
※申込多数の場合は抽選となります。

■FAX   0586-85-7023
■郵送  〒491-0858 一宮市栄3-1-2 i-ビル3F 市民活動支援センター
■E-mail info@138cc.org ※申込書の内容を漏れなく記載してお送りください

ロッカー
-------------------------------------------------------
用紙等を保管できるロッカー(鍵付)の貸し出しをします。

■ 利用期間
平成30年4月1日(日)〜平成31年3月31日(日)
※利用日・時間は市民活動支援センターの開館日に準じます。
■ 利用料
無料
■ 貸出数 / サイズ
ロッカー(鍵付)30個 / 高さ41cm×横30cm×奥行35cm (A4サイズ用紙可)
1. 現在利用している方で、引き続き利用を希望される方もお申し込みが必要です。
2.鍵は支援センターでお預かりします。


メールボックス
-------------------------------------------------------
市民活動支援センターで郵便物の受け取りをするためのものです。
ただし、受領確認が必要なものは受け取ることができません。

■ 利用期間
平成30年4月1日(日)〜平成31年3月31日(日)
■ 利用料
無料
■ 貸出数 / サイズ
メールボックス(鍵付)9個 / 高さ19cm×横28cm×奥行35cm
1. 現在利用している方で、引き続き利用を希望される方もお申し込みが必要です。
2.宛先は「〒491-0858一宮市栄3-1-2 i-ビル3F 市民活動支援センター内 ○○(団体名)」です。
3.定期的にボックス内を確認してください。
4.鍵は支援センターでお預かりします。

事務室
-------------------------------------------------------
団体の立ち上げ期を支援することを目的に、事務室をお貸しします。

■ 利用期間
平成30年4月1日(日)〜平成31年3月31日(日)
■ 利用料 / 広さ
名称 利用料金(円) 広さ(u)
貸事務室@(鍵付) 96,000(月額 8,000) 5.9
貸事務室A(鍵付) 96,000(月額 8,000) 5.0
貸事務室B(鍵付) 132,000(月額11,000) 7.6
※支払は月払いで、支払期限は毎月15日です
■ 設備
各部屋には、事務机1、事務椅子1、ホワイトボート1、ファイリングキャビネット1、電源コンセント2、公衆無線LANがあります。電話線はありません。
■ 利用可能時間
曜日 時間 ※ 利用時間は、センター開館時間内です。
日〜木 午前9時〜午後5時   祝休日、夏季、年末年始は休館です。
金・土 午前9時〜午後9時
■ 郵便、駐車場
支援センター内メールボックスで郵便物の受け取りができます。
ただし、受領確認が必要なものは受け取ることができません。
駐車券の補助はありません。
■ 利用条件
・概ね週3日(1日2時間)以上利用してください。
・支援センターアドバイザーと相談しながら事業を推進してください。
■ 申込方法
同封の申込書の他、次の書類を添えてお申込みください。
・団体の定款・会則・規約等
・役員名簿(役員名・住所が記載されたもの)及び会員名簿(5名以上の会員名・住所が記載されたもの)
■ 選定方法
申込時点で団体立ち上げから3年以内の団体であって、代表者の自宅を事務所とする等、専用の事務所を持たない団体を優先します。
最初に優先基準に該当する団体で抽選を行い、事務室に空きがある場合には、その他の団体で抽選を行い、選定します。
1.備品や設備の破損等の場合、損害を賠償していただくことがあります。
2.鍵は支援センターでお預かりします。
3.NPO法人の登記上の事務所としては利用できません。
4.総利用期間は最長で3年です。
5.盗難・紛失その他の損害について、市は責任を負いかねます。

スクリーンショット-2017-12-13-09.39.09.jpg

スクリーンショット-2017-12-13-09.39.47.jpg

スクリーンショット-2017-12-13-09.39.51.jpg

▼ダウンロードはこちらから
2018年度貸ロッカー・メール・事務室案内.pdf
posted by iCASC at 13:24| 支援センター通信

得意分野のノウハウを地域へ伝えよう!シビックスクール第2期募集開始!

得意分野のノウハウを地域へ伝えよう!
シビックスクール第2期募集開始!
団体でセンターの講座を企画・運営してください!

1711シビックスクール.jpg

 一宮市市民活動支援センターでは、講座と交流会をあわせた「センタースクール&エクスカフェ」を毎年20コマ近く開催しています。今年度からは、当センター登録団体の皆さんに、講座や研修の企画と運営をしていただく「シビックスクール&エクスカフェ」をスタートしました。団体が持つスキルやノウハウを、地域へ循環させていこうというものです。
 2018年度も実施しますので、楽しく面白く地域にパワーをつける「シビックスクール&エクスカフェ」の企画を、どんどん提案してください。
※審査の上、いくつかのスクールを選考します。

【内容】
・講座や研修、見学会など形式・方法は自由です。
・一宮市・一宮市民のため、また市民活動団体やNPO等に有用なものを。
・主催は一宮市市民活動支援センター、運営は実施団体となります。
・3回まで継続しての実施も可能ですし、複数の企画提案も構いません。
・参加者どうしが交流する機会(エクスカフェ)も実施してください。
・センターのスタッフや一宮市企画部地域ふれあい課の職員が必要に応じて協議協力調整していきます。
 開催後、2週間ほどで報告書を出してください。

実施時期:2018年6月から2019年1月までに実施し、報告書を出してください。
実施場所:どこでも構いません。
※一宮市市民活動支援センター会議室に関しては、協議の上で優先的に予約ができます。
資金・費用等:
・参加費は無料にしてください。(やむを得ない実費弁償等は除く)。
・講座運営費として3万円までの実費を支給します(講師謝金・交通費・スタッフ人件費・消耗品)。
・資料印刷代、チラシ印刷代、案内郵送代は必要分を協議の上、センターで負担します。
・保険は入っています。
応募方法:少しでも興味をお持ちの方は、ホームページ「シビックスクール申込フォーム」からお気軽に企画案をご登録ください。面談や協議をして決定します。
応募期間:2018年1月15日(月)まで。

第1期の開催内容
【第1回】ネットで発信!届け!私たちの想い「届いた!私たちの想い」〜ネット活用実践から見えたもの〜
10月12日(木) 10時〜12時(i-ビル大会議室にて)
講師:山アさやかさん 企画運営:いちふぉとKids

【第2回】市民ダレデモ自主防災vol.1「コミュニティにおける防災活動とみんなの参加」
10月29日(日) 14時〜16時(センター会議室にて)
講師:神谷泰廣さん 企画運営:いちのみやダレデモ市民自主防災連携網

【第3回】ネットで発信!届け!私たちの想い「想いを届ける、団体ブログをはじめよう!」
11月28日(火) 10時〜12時(i-ビル大会議室にて)
講師:松田友希さん 企画運営:いちふぉとKids

【第4回】市民ダレデモ自主防災vol.2「避難所運営リ−ダー研修」
2018年2月4日(日) 10時〜16時(センター会議室にて)
講師:金芳外城雄さん 企画運営:一宮防災ボランティアネットワーク

▼下記フォームから必要事項をご入力ください。
https://goo.gl/forms/U3mIGRese6Kag4xr2
posted by iCASC at 13:15| 支援センター通信

センタースクール&エクスカフェ マイナスから始める団体の管理運営術 2017.12〜2018.2

センタースクール&エクスカフェ
マイナスから始める団体の管理運営術

星野博のマンスリーミニミニ講座

場所/一宮市市民活動支援センター 会議室にて
【参加費無料】

1711マイナスから始める.jpg

・説明30分+質問&交流会30分の時短講座です。
 前半だけでも、後半だけでも、また説明の30分だけの参加でも構いません。
・平日1回、週末に1回、同じテーマで別の月に開催しますので、どちらかにご参加ください。
 同じ日の2コマを連続で受けられても構いません。
・なるべく講座と同じ日に「なんでも相談」を開催します。
 個人的な問題は対応できませんが、市民活動やNPOのことなら、何でもご相談ください。
・超初心者向け市民活動ハウツー講座を開催していきます!
 ネットの使い方やチラシの作り方、印刷や画像など、乞うご期待。

■2017年12月16日(土)
17:00〜予算をリアルにつくるには
予算は予算に過ぎないと思っていては実効性計画性ある事業はできません。生々しい予算を描いていくことを、記録と帳簿から検討しましょう。
17:30〜エクスカフェ
18:00〜ホシノのネット広報術
劇的に変化した市民活動の広報のありよう、とりわけフェイスブックやツイッターなどSNSをどう活用するかホシノ式広報術を。
18:30〜エクスカフェ


■2018年1月19日(金)
14:00〜ホシノのネット広報術
劇的に変化した市民活動の広報のありよう、とりわけフェイスブックやツイッターなどSNSをどう活用するかホシノ式広報術を。
14:30〜エクスカフェ

15:00〜チラシ・ポスターどう作る
チラシやポスターなどの印刷も、本当に安くなったネット印刷の使い方、支援センターの印刷設備の使い方、加えて配布の要点など。
15:30〜エクスカフェ


■2018年2月24日(土)
18:00〜チラシ・ポスターどう作る
チラシやポスターなどの印刷も、本当に安くなったネット印刷の使い方、支援センターの印刷設備の使い方、加えて配布の要点など。
18:30〜エクスカフェ

19:00〜ぐるっと一年振り返り
予算、会計、企画、広報、記録、決算、報告書・・・一年ずっと解説してきた団体管理運営術をぐるっと振り返り、概説。
19:30〜エクスカフェ

●なんでも相談 
2017年12月16日(土) 11:00〜12:00/13:00〜17:00
2018年1月19日(金) 16:00〜21:00
2018年2月24日(土) 14:00〜18:00/20:00〜21:00
※2018年3月29日(木)10:00〜12:00・13:00〜16:00にも「なんでも相談」があります。

---------------------------------------------------------------------------------------------

・センタースクールとは!?
当センター自主企画の講座です。市民の皆さんを対象としたものと、市民活動団体の方を対象としたものがありますが、どなたでも参加可能です。基礎中の基礎から専門的な技術まで、様々な講師の多様な講座を開催します。

・エクスカフェとは!?
どなたでも自由に参加できる交流会です。一宮市市民活動支援センターのフリースペースで、お茶でも飲みながら、講座の講師や参加者あるいはコーディネーターと、あれこれゆったり意見や情報の交換をして交流しましょう。
posted by iCASC at 13:09| 支援センター通信

【一宮市市民活動支援制度「広報活動」のお知らせ】知ってほしいな、私たちの活動を2018

【一宮市市民活動支援制度「広報活動」のお知らせ】
知ってほしいな、私たちの活動を2018

支援制度冊子に自団体チラシを入れて駅構内で配布しよう!
1/26(金)・27(土) 17:30〜19:30(搬入は17:00から・搬出は20:00まで)
※各日10名程度募集!

対象団体の皆様是非ご参加ください!!

■場所と内容
(1)尾張一宮駅前ビル(i-ビル)1階コンコース
・エスカレータ脇に沿ってポスターや幟旗を設置
・一宮市発行の冊子をボランティアが配布
(広報活動へ参加する団体のチラシを冊子に封入可)

(2)名鉄百貨店一宮店前
・広報ブースを設置し、ポスターや幟旗を設置
・一宮市発行の冊子をボランティアが配布
(広報活動へ参加する団体のチラシを冊子に封入可)
・冊子とチラシをパンフレットスタンドに配架

(3)一宮駅駅頭
・一宮市発行の冊子をボランティアが配布
(広報活動へ参加する団体のチラシを冊子に封入可)
※一宮市発行の冊子とは「市民が選ぶ市民活動支援制度・団体紹介冊子」を指します。

お申込みは下記までお電話ください
お申込み締切り 2018年1月15日(月)

一宮市市民活動支援センター/電話:0586-23-8883

1711支援制度の広報のお願い.jpg
posted by iCASC at 13:02| 支援センター通信

慰問や訪問対応します【まだまだ募集中】

慰問や訪問対応します
一宮市市民活動支援センターでは6月から、
登録団体がどんな慰問や訪問対応をできるかアンケートを行ってきました。
その回答をお知らせします。

【演奏・パフォーマンス】
Alley Cats Big Band
人編成による、ジャズオーケストラです。
老人ホームでの演奏経験あります。

アロハスターズ
ハワイアン・歌謡曲・ポピュラーの歌と演奏・フラダンスの伴奏と歌
スチールギターやウクレレを中心とした南国ムードの演奏。

新日本婦人の会 紙芝居サークル福の紙座
一人で読むのではなく、役割を決めて複数で読みます。間にギター伴奏で、一緒に歌ったりクイズをしたりもします。

ちどり会
アマチュア演芸の出前活動することによって、利用者皆さんとのふれあい交流で精神的ケア、和みの共有時間を作る参画型福祉慰問を続けています。
民謡舞踊・歌・リズムダンス・お琴・神楽舞・どじょう掬い・銭太鼓・ギター演奏などの色々なジャンルの演芸を楽しんで頂けるグループです。

まちの達人尾張シルバー会
認知症サポーター教室の寸劇を演じます。
現在演ずる人が不足しており、応募していただくと助かります。年齢問わず。
平均年齢75歳 男性8名 女性2名

曼憂倶楽部
ボーカルと生ギターのユニットです。カバー曲を中心に演奏活動しています。
選りすぐりの良い曲をボーカルとギターでカバーしています。二人とも一宮出身又は在住です。19年ぶりに復活したユニットですが、再活動の開始はまだ数か月前です。

LEEO(リーオ)スチールパンチーム
社会人7〜10人が熱田区でスチールパン(テナーからベースまで)の合奏をしています。
30〜60分程度の演奏(楽器紹介などを含む)ができます。レパートリーはラテンの曲、ディズニーの曲、クリスマスソングなど。

RiHiKa
少人数編成でジャズを演奏します。3〜5人です。
老人ホームでの演奏経験あります。2か月以上前の依頼をお願いします。

Rainbow Land9
坂本九さんの歌をはじめ、演歌・歌謡曲、子どもたち向けの童謡や番組等で放送された歌などを歌います。
老若男女問わず楽しめるように歌い、簡単な楽器演奏も行います。一宮市内ならどこでも訪問させて頂きます。お気軽にお問い合わせください。

【セミナー講師】
NPO法人 社会復帰支援アウトリーチ
体験型親子のコミュニケーション、リラックス運動、マインドフルネス、子どもの心理
長期間無職、社会的孤立をしている方に在宅ワークや一人でできる仕事をコーディネイトしている団体です。家族のコミュニケーションや、ストレス軽減など行っています。

一宮やさしいいけばな花育の会
いけばな花育活動
いけばなおはなあそびの花材費は一人500円位です。10名様以上の団体様に補佐のお手伝いをお願いする場合がございます。

Concerto Pieno(音楽とリハビリテーション研究会中部)
音楽療法の研究会 音楽療法グループおよび個別セッション 参加型コンサート 神経学的音楽療法セッション 参加型講座等の開催
学校公演 ピアサポーターシステム ウェディング リサイタル伝統芸能音楽等 プロデュース/コーディネート
音楽によるあらゆる効果を活用し、コーディネートしてご要望にお応えします。お気軽にご相談ください。

特定非営利活動法人 志民連いちのみや
杜の宮市やラブたななど市民イベント、一宮市市民活動支援センター、com-café三八屋、138ブレンドいちのみや珈琲、一宮ブルワリーほか運営。
市民イベント運営ノウハウから市民活動全般について
などお伝えします。

NPOつなハピ
子育てについての学習会、親子で参加型の創作活動。
つながりあってハッピーになろう!

NPO法人日本次世代育成支援協会
セミナー内容 ⇒ 子育てに関する心理学、コラージュ(子ども、お年寄)、心理カウンセリング
市民講座で人気の講師やカウンセラーが在籍。

パナソニック松愛会
パソコンのワード(文章)、エクセル(表)の操作方法/編集
パソコンは持参願います。

ゆりかご会
古典(日本)、地方郷土史、アメリカ史他 英語よもやま話

【ワークショップ】
NPO法人 自立と共生をめざす会もやい
i-ビルパステル教室 毎月第1.3水曜日13:30-15:00(予定)
誰でも参加できるパステル教室です。参加しませんか。

そらヨガサークル
シニアヨガ 椅子ヨガ ハタヨガ 年長さんからヨガ可能
ヨガを通して少しでも体を動かしていただけたらなと思います。

手づくりおもちゃ工房
折り紙、厚紙などで窓パズル、マジックカード、ブンブンごま、などを作ります。
身近なものを材料にします。しかけや工夫で誰でも短時間にできます。

のはら
小さな布と簡単な針仕事で作るヘアピン、ストラップなどのアクセサリーの制作。福祉施設・老人会・街おこしイベント等に対応可能な範囲で。
工夫から生まれる、楽しい・可愛いを伝えたい。
一人ひとりに寄り添い一緒に作る時間を大切に進めています。

ぽかぽかたいむ
カードを使って何が必要かを探ってアロマとハーブで癒します。
心がほっとして温かくなってくれたら嬉しいです。

-----------------------------------------------------------
訪問可能な団体をまだまだ募集しています!
用紙に記入、またはホームページから入力をお願いします!
http://www.138cc.org/appearance/

団体イベントアンケート02.jpg

団体イベントアンケート02ura.jpg
posted by iCASC at 11:58| 支援センター通信

市民ダレデモ 自主防災vol.2 避難所運営リ−ダー研修

市民ダレデモ 自主防災vol.2 
避難所運営リ−ダー研修
伝えて、交じって、育ちあおう!「いちのみや市民活動ダレデモ車座トーク vol.6」

ボランティア活動を始めたい方
地域防災や減災に関心のある方
災害支援に取り組みたい方
コミュニティのありようを考える方など…
どなたも気軽にご参加ください

20182/4(日) 10:00〜16:00
場所:一宮市市民活動支援センター 会議室にて
※午前中のみの参加も可能です ※当日飛び込み参加もどうぞ
入場料 500円(資料代)
定員:50名

大地震や巨大な風水害が当地に襲来すると大変な被害になる恐れがあります。
その際、 避難所が開設されますが、運営の主体は市民が務める必要があります。
今回、運営にはどのような問題があるか、どんな点に注意をする必要があるかなど
学ぶ場を設けました。ぜひご参加ください。    

参加をご希望される方は、氏名:住所:電話(携帯)を
FAXまたはEメールにてご連絡ください。
連絡先 伊藤 善之 FAX 0586-69-6138 yosiyuit06@kba.biglobe.ne.jp

■研修内容
10:00-10:10 挨拶・オリエンテーション(一宮防災ボランティアネットワーク)
10:10-12:00 避難所の運営についての講話(金芳外城雄氏 NPO法人 神戸の絆2005 専務理事)
休憩(昼食)
13:00-14:50 避難所運営の基本的事項の説明(一宮防災ボランティアネットワーク)
休憩
15:00-16:00 避難所運営のあり方についてワークショップ(一宮防災ボランティアネットワーク)

■ゲストスピーカー 金芳 外城雄(かねよしときお)さん
1943年神戸生まれ(73歳)、1965年関西学院大学法学部卒業
同年神戸市役所入り
1995.1.17 震災時 神戸市教育委員会総務部長(94.1〜96.3)
東灘区長(96.4〜98.3)、生活再建本部長(98.4〜00.3)
市民局長、行財政局長、収入役、神戸高速鉄道社長、
神戸学院大学「防災・社会貢献ユニット」教授2013年3月定年退官
東日本大震災生活復興プロジェクト委員(2013.7〜2014.3.31)復興庁の委託事業
京都大学防災研究所 非常勤講師

現 在 
NPO法人「神戸の絆2005」専務理事(2005.11〜)
認定NPO法人「CS神戸」理事
危機管理研究会「神戸安全ネット会議」顧問
京都大学防災研究所 災害対応研究会会員 
地元 東白川台防災委員会副委員長

近 著
「復興10年神戸の闘い」(日本経済新聞社、2004年)
「神戸発復興危機管理60則」(昭和堂、2008年)
「減災の知恵〜阪神から東日本へ〜」(晃洋書房 2011年11月)
「神戸発 減災のあゆみ」Amazon.co.jp 2016年5月発売中

【一宮防災ボランティアネットワーク】
 東日本大震災、阪神淡路大震災、熊本地震など大災害が発生しており、この一宮市でも南海トラフ地震のような濃尾地震並みの地震が発生すると大きな被害が生じる恐れがあります。一宮防災ボランティアネットワークには、あいち防災リーダー会いちのみや・一宮防災VCネット・尾西防災ボランティアサークルの会が加入しています。この3団体が連携し、市民に防災・減災に関心をもってもらい、地震や風水害に対し十分な備えをしてもらうことで被害を極力小さくなるように、啓発活動を実施しています。

1711車座防災.jpg

1711車座防災ura.jpg

主催:一宮防災ボランティアネットワーク ・ 一宮市市民活動支援センター
posted by iCASC at 11:31| 支援センター通信