2017年02月14日

いちのみや市民活動ダレデモ車座トーク vol.4

今からボランティア活動を始めたい方
地域・コミュニティの防災や減災に関心のある方
災害支援に取り組む方など…
支援センターがテーマごとに開催する車座トーク。毎回20人〜30人ほどの方々に参加いただき、防災に関わるゲストスピーカーの「活動報告」を聞いて情報と共感を共有し、続けてグループに分かれて賑賑しく「車座トーク」で議論してきました。新たなネットワークも形成されているようです。

vol.4 2017年  2月18日(土)18:00〜20:00

今年度最後、第4回となります。

行政や様々な団体等との協働の道筋を探ります。
次年度以降の展開のため、企画を考え、一宮市市民活動支援センターとしても支援していく形を模索します。
また定常的なネットワーク、ゆるやか連携のありかたも議論します。

写真は前回第3回(12月17日)のようす。

------------------------------------
ファシリテーター 田辺則人さん
一般社団法人地域問題研究所 主席研究員/四日市大学非常勤講師(都市計画)
1984年地域問題研究所入所以来、東海地域における行政等の計画づくりに携わる。西春中学校エコ改修・
環境教育事業コーディネイトや安心安全まちづくりモデル調査(知多市南粕谷地区)ほか、総合計画、都市計
画、環境基本計画、住生活基本計画、地域福祉、公共施設、産業振興、多文化共生、行政改革推進計画や、
研究学園都市、首都機能移転構想などで実績300以上。
自治体職員研修講師。四日市大学ほか非常勤講師。旧甚目寺町行政改革委員。中部PFI/PPP研究会理事。
一宮市出身。

2016-12-17 14.38.10_16w.jpg
posted by 星野博 at 08:15| ニュース

2017年02月09日

「お願い」 2017/2/9(木)1366日め

一宮市市民活動センターからのお願いです。

◆一宮市市民活動支援制度の投票は2月23日(木)まで。残り2週間です!

NCM_1427.JPG


◆会議室の仮予約を電話で受け付けておりますが、必ず1週間にご記入にご来館ください。
ドタキャンはしないでくださいね。


◆一宮市市民活動支援センターの事務や窓口業務をお手伝いいただくスタッフを募集しています。
ステキな方がいらっしゃいましたらご推薦ください。


何卒よろしくお願い申し上げます。


(スタッフ 安田知里)

本日の一宮市市民活動支援センター

●利用者数:  68人
●作業室利用:  4組 4人
●会議室利用:  4組 42人
●新規団体登録:  0件
●登録情報・コンテンツ変更・承認:  0件
●チラシ・ポスター持込:  0組
●ほか: 
●新しい補助金や助成金情報はこちらをご覧ください。
http://138cc-s.sblo.jp/
posted by iCASC at 17:47| ニュース

2017年02月06日

東海理化さんに一宮市市民活動支援制度の広報へご協力いただいております。

 一宮市市民活動支援センターは様々な企業の協力を得、また企業のCWR活動と共同しながら活動しております。

 丹羽郡大口町に本社がある株式会社東海理化さんでは、一宮市市民活動支援制度の登録(投票)期間に合わせて、食堂通路にあるボランティア情報掲示板に、同制度の案内を掲示していただきました。同社にも一宮市民の方が大勢いらっしゃるとのことです。
 特別にポケットを作っていただき、同制度の冊子を入れていただいております。誠にありがとうございます。

 一宮市市民活動支援センターでは企業のこうしたCSR活動を応援させていただくとともに、市民活動団体等とのマッチングや企画提案もいたします。企業の皆様もどうぞ一宮市市民活動支援センターへお気軽にご相談においでください。
posted by iCASC at 10:12| ニュース

2017年01月24日

障がい者とボランティアのふれあいバレンタイン交流会「一宮市社会福祉協議会」

障がい者とボランティアのふれあいバレンタイン交流会

日時:平成29年2月12日(日)午後2時〜4時

場所:尾張一宮駅前ビル(iビル)7階シビックホール

内容:ステージ、軽食、プレゼント交換ほか

参加対象
@市内在住・在勤で障害者手帳を持つ方と家族(1組3人まで) 定員140人(いずれも先着)
A市内在住・在勤でボランティア活動に興味のある方     定員60人(いずれも先着)

参加費:各1人500円(500円程度のプレゼントも必要)

申込み:1月31日(火)までに社会福祉協議会本部へ電話またはFAXにより、氏名・住所・障害等級をご連絡ください。

★ジャクリング、パントマイム、マジック・・・
様々な芸を器用にこなすマルチパフォーマー「大道芸人キビート」がくるよ!

お問合せは、一宮市社会福祉協議会まで。

主催:一宮市社会福祉協議会
連絡先:TEL 0586-85-7024 FAX 0586-85-7025

社協イベント_表_170212.jpg

社協イベント_裏_170212.jpg
posted by iCASC at 11:32| ニュース

2016年12月13日

シビックスクール 企画案 登録フォーム

161213シビックスクールフライヤーヘッダ.jpg

シビックスクール 企画案 登録フォーム

一宮市市民活動支援センターの登録団体に、講座や研修の企画と運営をしていただく企画の募集です。
団体が持つスキルやノウハウを、地域へ循環させてください。
●講座や研修、見学会など形式・方法は自由です。
●一宮市・一宮市民のため、また市民活動団体やNPO 等に有用なものを。
●主催は一宮市市民活動支援センター、運営は実施団体となります。
●3 回まで継続しての実施も可能ですし、別個の複数の企画提案も構いません。
●参加者どうしが交流する機会(エクスカフェ)も実施してください。
●センターのスタッフや一宮市企画部地域ふれあい課の職員が必要に応じて協議協力調整していきます。

【実施時期】2017年6月から2018年1月までに実施し、報告書を出してください。

【実施場所】どこでも構いません。一宮市市民活動支援センター会議室に関しては、協議の上で優先的に予約ができます。

【資金・費用等】
・参加費は無料です(やむを得ない実費弁償等は除く)。
・講座運営費として1コマ3 万円を支給します(講師謝金・交通費・スタッフ人件費・備品・消耗品)。
・資料印刷代、チラシ印刷代、案内郵送代は必要分を協議の上、センターで負担します。
・保険は入っています。

【応募方法】下記登録フォームからお気軽に企画案をご登録ください。面談や協議をして決定します。
https://goo.gl/forms/Gd05gmXGQJfXsAUf1

【応募期間】2017 年1月15日(日) まで。

*シビックスクールほか、一宮市市民活動支援センターの運営を手伝ってくださるサポーターも募集中です。

スクリーンショット 2016-12-13 07.33.06_16w.jpg

posted by 星野博 at 07:39| ニュース

2016年12月09日

ロッカー・メールボックス・事務室 利用団体募集

CCF20161208_0006.jpg

CCF20161208_0007.jpg

CCF20161208_0008.jpg

ロッカー・メールボックス・事務室 利用団体募集
利用を希望される方は、同封の申込書を平成29年2月28日(火)必着でお願いします!
結果は3月19日(日)までにご連絡します。  ※申込多数の場合は抽選となります。
次のいずれかの方法でお送りください。
■FAX   0586-85-7023
■郵送  〒491-0858 一宮市栄3-1-2 i-ビル3F 市民活動支援センター
■E-mail info@138cc.org ※申込書の内容を漏れなく記載してお送りください

ロッカー
用紙等を保管できるロッカー(鍵付)の貸し出しをします。
■ 利用期間
平成29年4月1日(土)〜平成30年3月31日(土)
※利用日・時間は市民活動支援センターの開館日に準じます。
■ 利用料
無料
■ 貸出数 / サイズ
ロッカー(鍵付)30個 / 高さ41cm×横30cm×奥行35cm (A4サイズ用紙可)
1. 現在利用している方で、引き続き利用を希望される方もお申し込みが必要です。
2.鍵は支援センターでお預かりします。

メールボックス
市民活動支援センターで郵便物の受け取りをするためのものです。
ただし、受領確認が必要なものは受け取ることができません。
■ 利用期間
平成29年4月1日(土)〜平成30年3月31日(土)
■ 利用料
無料
■ 貸出数 / サイズ
メールボックス(鍵付)9個 / 高さ19cm×横28cm×奥行35cm
1. 現在利用している方で、引き続き利用を希望される方もお申し込みが必要です。
2.宛先は「〒491-0858一宮市栄3-1-2 i-ビル3F 市民活動支援センター内 ○○(団体名)」です。
3.定期的にボックス内を確認してください。
4.鍵は支援センターでお預かりします。


事務室
団体の立ち上げ期を支援することを目的に、事務室をお貸しします。
■ 利用期間
平成29年4月1日(土)〜平成30年3月31日(土)
■ 設備
各部屋には、事務机1、事務椅子1、ホワイトボート1、ファイリングキャビネット1、電源コンセント2、公衆無線LANがあります。電話線はありません。
■ 郵便、駐車場
支援センター内メールボックスで郵便物の受け取りができます。
ただし、受領確認が必要なものは受け取ることができません。
駐車券の補助はありません。
■ 利用条件
・概ね週3日(1日2時間)以上利用してください。
・支援センターアドバイザーと相談しながら事業を推進してください。
■ 申込方法
同封の申込書の他、次の書類を添えてお申込みください。
・団体の定款・会則・規約等
・役員名簿(役員名・住所が記載されたもの)及び会員名簿(5名以上の会員名・住所が記載されたもの)
■ 選定方法
申込時点で団体立ち上げから3年以内の団体であって、代表者の自宅を事務所とする等、専用の事務所を持たない団体を優先します。
最初に優先基準に該当する団体で抽選を行い、事務室に空きがある場合には、その他の団体で抽選を行い、選定します。
1.備品や設備の破損等の場合、損害を賠償していただくことがあります。
2.鍵は支援センターでお預かりします。
3.NPO法人の登記上の事務所としては利用できません。
4.総利用期間は最長で3年(初年度利用団体は3年3ヶ月)です。
5.盗難・紛失その他の損害について、市は責任を負いかねます。
posted by iCASC at 10:02| ニュース

2016年12月05日

「寄付の教室」公益財団法人あいちコミュミティ財団

「寄付の教室」in名古屋2017

社会に役立つお金の使い方を体験しよう

世界では一般的な「寄付」と「寄付教育」。
日本の教育現場ではほとんど行われておりません。


「寄付」の教室とは?
過去4年間で110回以上開催され、小学生から大学生まで、3,462人もの子どもたちが参加してきました。
小学校5〜6年生のお子さんでしたら、どなたでもご参加いただけます。


日 時:2月4日(土)10:00〜11:00(受付9:45〜)
会 場:杉山女学園大学付属小学校 愛知県名古屋市千種区山添町2-2(地下鉄東山線「覚王山」駅から徒歩5分)
対 象:小学校5〜6年生
参加費:無料
定 員:40名(先着順)


主催:公益財団法人あいちコミュミティ財団
共催:NPO法人日本ファンドレイジング協会

●申込方法(申込〆切:2017年1月31日(火) )
 下記URLよりお申し込みください。
 http://kokucheese.com/event/index/441878/

●問合せ&申込先
 公益財団法人あいちコミュニティ財団
 担当:今福、上松、長谷川
 mail: office@aichi-community.jp
 〒461-0002
 愛知県名古屋市東区代官町39-18
 日本陶磁器センタービル5F 5-D号室
 NPO法人中部リサイクル運動市民の会内
 tel: 052-936-5101
 fax: 052-982-9089

161205寄付あいちコミュニティ-1.jpg


161205寄付あいちコミュニティ-2.jpg

posted by iCASC at 11:07| ニュース

2016年12月02日

プロボノ2016

プロボノ2016 名古屋
【オリエンテーション】12月8日(木)18:30〜19:30
【会場】ウインクあいち1009会議室
【募集人数・参加費用】15名 / 無料
【対象】●企業や行政にお勤めの方
    ●個人事業主の方
    ●お勤め経験のある方(シニアの方など)
【申込み・問合せ先】特定非営利活動法人中部プロボノセンター
E-mail:proja@chic.ocn.ne.jp Fax:052-908-4123
【申込〆切】12月4日
226448.jpg

プロボノ2016 in 三河
【説明会】12月7日(水)19:00〜21:00
【場所】刈谷市民ボランティア活動センター
【定員】20名
【参加費】無料
【募集締切】12月6日(火)
226450.jpg
posted by iCASC at 09:46| ニュース

2016年11月18日

NPO法人市民フォーラム21・NPOセンター「南海トラフ大地震は来る!」〜そのとき、妊婦、乳幼児、女性を守るために〜

「南海トラフ大地震は来る!」

そのとき、妊婦、乳幼児、女性を守るために


〜熊本地震から学ぶ〜

シンポジュームが開催されます!


 2016年4月14日と16日未明に相次いで発生した震度7の熊本地震は、数万戸にも及ぶ家屋や事業所を倒壊させ、ライフラインを寸断し、熊本県民の平穏な暮らしを一変させてしまいました。
私たち「熊本こども・女性支援ネットあいち」は、災害時、見過ごされる可能
性の高い母子を守るために支援をしてきました。
 避難所では、「子どもが泣いたら迷惑になる。」「感染症が怖い。」などの理由から避難所を避けて、屋外のテントや車中で過ごされた方は少なくありません。また、熊本地震におけるこどもと女性の心身のダメージは大きく。心身の疲労がピークに達している状況がみられます。

本シンポジュームは、私設避難所として母子の命を守ったやまなみこども園園長の山並道枝さんと、その活動を支援する熊本こども女性支援ネット代表藤井宥貴子さんをお招きします。

 私たちの思いは、配慮対象から漏れやすい妊婦、乳幼児、女性のための避難所の設置と安心をつくるためのケアをする人のネットワークづくりです。
 多様な主体者が連携・協力し、自助、近助、共助、公助と具体的なアクションプランをつくるキックオフ集会としたいと考えています。

【日時】12月3日(土)13時〜17時
【場所】日本福祉大学東海キャンパス
【参加費】 無料
【申し込み】http://www.sf21npo.gr.jp/news/20161203.html
・Faxでお申込みの場合→専用申し込み書にご記入の上、052-919-0220 に書面をFax送信して下さい
・メールでお申込みの場合→専用申し込み書にご記入の上、kumamoto-support@sf21npo.gr.jp 宛のメールに書面を添付して送信して下さい

※詳しくは下記サイトをご確認ください!
http://www.sf21npo.gr.jp/news/20161203.html

【主催】熊本こども女性支援ネットあいち
【お問合せ】
NPO法人市民フォーラム21・NPOセンター
〒462-0819  名古屋市北区平安1丁目9番22号
TEL 052-919-0200 (午前10時〜午後5時)
FAX 052-919-0220
posted by iCASC at 14:02| ニュース

2016年10月28日

『防災』ダレデモ車座トークU 明日!

明日、10月29日(土)10時〜12時
『防災』ダレデモ車座トークU
通称:ダレ防Uが開催されます。

防災ダレデモ車座トーク-2.jpg

今回は、All-iねっとという団体が、福祉施設と地域を防災でつなごうと
奮闘している様子をお話させていただきます。
All-iねっと事務局川野=市民活動支援センター川野です。
支援センターだけでなく実際に団体活動をして勉強しています。
当日参加 OKですので、ぜひご参加ください!
みんなで『防災』について考えましょう。

場所:一宮市市民活動支援センター内会議室

日時:2016年10月29日(土)10:00-12:00
posted by iCASC at 11:34| ニュース

2016年10月25日

一宮市が「寄付月間2016」賛同パートナーになりました!

logo_kifu.jpg

 一宮市が「寄付月間2016」賛同パートナーになりました!

 寄付月間とは、2015年12月に第一回が行われた全国的な寄付の啓発キャンペーンで、毎年12月の1カ月間が寄付月間となっています。
 第二回目となる今年は、市民が選ぶ市民活動支援制度(1%支援制度)を実施している市として寄付文化の醸成に一役買おうと、一宮市も賛同パートナーとなりました。

http://giving12.jp/

IMG_20161025_111050.jpg
posted by iCASC at 13:09| ニュース

2016年07月04日

愛知県障害者職業能力開発校からのお知らせ

愛知県障害者職業能力開発校からのお知らせ

チャレンジ・ワークコース
パソコン基礎チャレンジコース 受講生募集!


詳しくはチラシをご覧ください。

160704愛知障害者職業能力開発校-1.jpg

※訓練内容・機材及び訓練会場の詳細につきましては、委託訓練機関に直接お問い合わせください。

●委託訓練機関:富士通オープンカレッジ 一宮駅前校
所在地:一宮市本町3-8-16 岩田ビル2F

●訓練実施場所:富士通オープンカレッジ 一宮駅前校 第2教室
所在地:一宮市本町3-8-16 岩田ビル2F
電話:0586-64-7331(担当:山田)

160704愛知障害者職業能力開発校-2.jpg


お問い合わせ先:愛知県障害者職業能力開発校
愛知県豊川市一宮町神新切33-14
電話:0533-93-2505
FAX:0533-93-6554
担当:委託訓練担当(夏目)
posted by iCASC at 16:34| ニュース