2021年02月26日

「ノラ猫一斉避妊去勢手術の予約会」に訪問しました!

R2年度訪問事業No.226-8
訪問先 いちのみや地域猫の会
2021年1月31日(日曜日)(訪問スタッフ:長尾)

「ノラ猫一斉避妊去勢手術の予約会」へ訪問し、いちのみや地域猫の会、スタッフの田中さんにお話を伺いました。

■団体について
 いちのみや地域猫の会は、地域猫という認識を浸透させて、住民とノラ猫が共生できる地域づくりを目指して活動しています。

情報サイト
https://www.138npo.org/info/group/kihon.php?group_id=447

■「ノラ猫一斉避妊去勢手術の予約会」について
 2月11日(木)に開催する「ノラ猫一斉避妊去勢手術会」のための予約会です。ウェブからも予約を受け付けていますが、ネット環境がない方や高齢者の方のために対面でも予約会を開催しました。
 一斉避妊去勢手術会は、ワゴン車を改造した手術車で行われます。協力してくれる岐阜の動物病院(にじのはしスペイクリニック)との繋がりができたことにより開催できました。今回で 4回目になります。これまでの3回で約30頭の猫を手術し、需要を感じています。

20210131-2.jpg

20210131-1.jpg

■普段の活動について
 TNR活動、ノラ猫一斉避妊去勢手術、保護猫の譲渡会などをしていて、特にTNR活動の一環であるノラ猫一斉避妊去勢手術に力を入れています。全国的にTNR活動はされていますが一宮市ではあまり認識がされておらず、個人ボランティア任せになっているように感じています。公益社団法人どうぶつ基金が発行している無料で不妊手術ができる「さくらねこ無料不妊手術チケット」の協力病院も一宮市内にはなく、一宮市の猫の不妊・去勢手術のための補助金もあまり活用されていない印象です。
 ノラ猫についての相談を受けることもあります。ノラ猫は猫だけの問題ではなく、餌をあげている人や猫が住んでいる場所の持ち主など、その地域全体の問題です。人と猫や、人と人の間に立って、問題の解決を目指しています。

※TNRとは
Trap(捕獲)・Neuter(避妊・去勢手術)・Return(元の場所へ戻す)の頭文字。
避妊・去勢手術をして、ノラ猫がこれ以上増えないようにするための活動です。

■今後のイベントの予定
 これからもノラ猫一斉避妊去勢手術会や、保護猫の譲渡会を開催する予定です。
 一宮市が中核市になるにあたり、行政の方々と意見交換をしました。今後とも連携していきながら活動のスピードアップをしたいです。

・ノラ猫一斉避妊去勢手術
2021年3月4日(木)/3月28日(日)
(場所:愛知県一宮市小信中島)
・事前予約受付会
2021年2月25日(木)9時〜12時/3月14日(日)13〜16時
(場所:i-ビル3階市民活動支援センター会議室A)
▼ノラ猫一斉避妊去勢手術案内
http://138cc.sblo.jp/article/188417303.html

■今後の展望
 地域猫という存在が浸透し、その地域に住む人みんなの問題として、ノラ猫に関心をもってもらえるようにしていきたいです。以前、町内会でノラ猫のことを取り上げたいと相談をしてくれた方がいました。まだ避妊・去勢手術をしていないノラ猫がいたときに、お世話をしている人だけでなく、地域の人みんなで話し合って、ノラ猫とどのように接していくのか考えられる環境を目指したいです。

■団体を訪問して(スタッフ:長尾)
ノラ猫の問題を解決するための活動はノラ猫だけでなく、ノラ猫と関わる人も助ける対象の広い活動だと感じました。お話の途中で近所のノラ猫とどう接していけば良いか田中さんへ伺ったところ、避妊・去勢をした目印であるサクラ耳カットがされているかなど、まずは気にして見てみてほしい、とのことでした。誰もが少なからずノラ猫を見たことがあったり餌をあげていたり、あるいは嫌っていたりと、どこかで関わりがあると思います。センタースタッフとして地域猫の存在に関心を持つ人を増やすお手伝いをしたいと思いました。

2021-01-31 13.58.08.jpg

(スタッフ 長尾)
posted by iCASC at 15:31| インタビュー(訪問事業)