2020年01月18日

水から考える自主防災車座トーク 2020/1/18(土)2365日目

本日は、「市民ダレデモ自主防災vol.3 水から考える自主防災車座トーク」が開催されました。
このイベントでは、いざというときに地域みんなで助け合って自分たち身を守れるよう、 知っておくべき情報をわかりやすく教えてくださいました。
内容は、おりひめ水クラブ代表の秦野初代さんから、同会活動報告。
一宮市上下水道部の高橋幹雄さんから、おりひめ水と一宮市の水事情のお話。
トークセッション。
災害時、一宮市の水はどうなるのでしょうか?
備蓄の水はたりていますか?
一宮市には災害備蓄用飲料水としても利用できる
「おりひめ」水があります。
折しも、昨日は「阪神・淡路大震災」から25年が過ぎ、「慰霊祭」がありましたね。
災害、震災はだれにでも起こりえますね。
もう一度、自主防災を見直してみてはいかがでしょうか。

2020-01-18-17.38.16.jpg

2020-01-18-18.54.56.jpg

(スタッフ 木全/長澤)

本日の一宮市市民活動支援センター

●利用者数:  111人
●作業室利用: 8組  9人
●会議室利用: 8組  90人
●相談事業:一般社団法人地域問題研究所(田辺則人) 1組 1人
アドバイザー諌山和敏(NPO法人一宮まごころ) 0組 0人
アドバイザー星野博(NPO法人志民連いちのみや) 1組 1人
●新規団体登録: 0 件
●登録情報・コンテンツ変更・承認: 1件
●チラシ・ポスター持込: 3件
●ほか:

★新しい補助金や助成金情報はこちらをご覧ください。
http://138cc-s.sblo.jp/
posted by iCASC at 21:04| デイリー レポート