2019年08月20日

(一社)美容ケア研究所「ふくび」へ訪問しました!

令和元年度訪問事業No.203-9
訪問先 (一社)美容ケア研究所(ふくび/おでかけ広場)
2019年7月5日(金曜日)担当:安田

●一般社団法人美容ケア研究所とは?
美容・福祉理美容を通じて、世代等の垣根を超え、健常者・障がい者・高齢者支援をして、地域に根づく地域貢献を目指しています。
介護職員及び指導者への研修・勉強会の実施・認知症高齢者に関するケア・介助者のケアコミュニティや、一宮市内の尾州織物系企業などとユニバーサルファッション等の開発・販売・普及活動・七夕等のイベント参加を行っており、その他、住宅・福祉施設・病院等を訪問しての理美容業、訪問理美容普及啓発・研修活動も実施しています。
「美齢ケア」を通して、一宮市民の方に気軽に参加していただける自由参加型の地域コミュニティづくりを日々行っています。

一般社団法人美容ケア研究所が運営するコミュニティスペース「ふくび」では、美しく歳を重ねるため、美齢を軸に健康長寿と豊かな生き方のサポートをしています。
技術者による施術、自宅で行える美容のポイントや日々のおしゃれを楽しむための座学、その他、カフェでは、ごはん中心の和のモーニングサービスを提供して一宮の文化を広めたり、みなさんが集う場所づくりを行っています。2019年7月には「おでかけ広場」に認定されました。

※おでかけ広場とは?
市民が自ら出かけたくなるような場所、及び地域に開かれた住民が気軽に集まることができる場所で、一宮市が認定するもの。「おでかけ広場」に認定されると、名称や所在地、利用できる日時、活動内容等を市が発行する「おでかけ広場マップ」や一宮の公式ウェブサイト等で広く情報提供されるとともに、通りがかりでも立ち寄りやすいよう、表示サイン(懸垂幕等)が渡され、店先に一宮市認定のおでかけ広場であることを表示します。

IMG_5511.jpg

IMG_5479.jpg

●初開催の「おでかけ広場」を訪問しました!
おでかけ広場の運営を開始するとのことで、2019年7月23日(火)に訪問させていただきました。
初回は手のパラフィンパックを実施。爪の甘皮の健康を維持し、更にハンドオイルの指先マッサージで血流をよくするというお手入れの仕方をレクチャー。参加者は、ご近所の方のほか市内から車で来所されるご夫婦もいらっしゃいました。
美意識が高いのは女性だけでなく、男性も率先してマッサージをしていた様子が印象的でした。技術者が行うのではなく、テレビを見ながら自宅で行える簡単なマッサージ方法を指導。
 代表の山下さん「自分で継続して行うことが重要なので、私たちがそれをやってしまっては意味がないのでご自身で施術してもらっています。」と。
新しくおでかけ広場を事業としてスタートした「ふくび」。今後の予定は毎月1回、第3火曜日に開催される予定とのことです。

IMG_5482.jpg

IMG_5497.jpg

●取材して
一般社団法人美容ケア研究所では、寝たきりの方や車椅子の方の散髪などの要望もあるそうで、福祉に特化した専門美容家が在席していることで、福祉施設やその利用者やご家族に心強い存在かと思います。
美容を意識することは、年齢・性別・障がい関係なく、誰もが関心を持っている部分ではないかと思います。
おでかけ広場の時やカフェタイム、モーニングサービスを利用して、気軽に覗いてみてはいかがでしょうか?
ちょうどこの日は初日の開催ということもあり、地域包括支援センターのスタッフの方も様子を見にいらっしゃって、代表の山下さんやご近所の方と一緒に地域のつながりについてのお話もしました。(安田)
posted by iCASC at 08:52| インタビュー(訪問事業)