2019年08月01日

「杜のおはなし会(真清田神社×おさんぽやふぅのみ)」に訪問しました!

令和元年度訪問事業No.202-8
訪問先:おさんぽやふぅのみ(杜のおはなし会(真清田神社×おさんぽやふぅのみ))
2019年7月5日(金曜日)担当:安田

●おさんぽやふぅのみのとは?
子育て中の未就園児親子を対象に、子どもも大人もリラックスできるよう自然の中で過ごしたり、仲間と一緒に時間を共有して子育てをすることで「孤育て」を防ぎます。
自分の存在や相手の存在を認め合い、できる人ができることを行うなどその人らしい意識をもてる環境や個の尊重ができる社会を目指して、2016年に団体を設立しました。
自然の中を親子でおさんぽする「ちきゅうを感じるおさんぽ会」を行っています。2017年度からは、3歳児を対象とした野外保育を行い、視野が広がる2歳の時期に少しの間お母さんから離れて仲間の中で過ごす環境づくりも行っています。その他、平日のおさんぽ会に参加できない親子向けに日曜おさんぽ会も行っています。

●杜のおはなし会
2019年7月5日(金)、真清田神社で開催された「杜のおはなし会」へ訪問しました。先回、6月7日(金)お伺いした際は、雨天のため中止となり今回がはじめての開催でした。
一宮市内などから8組16名が10時30分に集まり、神主さんからのお話や手水・参拝からスタートしました。本殿に隣接する服織神社の参拝の際には、普段とは違うお話も聞けたようで、参加者の方が「長い間、一宮に住んでいるけど真清田神社のことをまだまだ知らないと感じた」「真清田神社の本殿には参拝するが、服織神社のことを知る事ができてよかった」など感想をお話されていました。
最後のまとめでは、神主さんから「今回をきっかけに、真清田神社を生活の一部として取り込んでいただきながら、神社を身近に感じていただけたらと」とご挨拶がありました。

IMG_5437_ブログ用.jpg

IMG_5304_ブログ用1.jpg

IMG_5312_ブログ用.jpg


●取材して
参加者のみなさんは、境内をゆっくりと散歩したり、レジャーシートを敷いて読み聞かせをしたり、とてもリラックスして参加されていました。また、神主さんからお話を聞くことで、節目の参拝でない普段とは違った過ごし方をされたようですし、神聖な神社をより身近に感じ、知識も得られる貴重な機会だと感じました。
先日、おさんぽやふぅのみは子連れでスウェーデンの旅で教育現場や子育て環境などの研修へ行かれ、報告会を行っています。また、活動3年目となる2019年はNPO法人化に向け、現在申請中とのことですので、今後の活動も見守りたいと思います。(安田)
posted by iCASC at 15:15| インタビュー(訪問事業)