2018年02月08日

NPO法人社会復帰支援アウトリーチを訪問しました

訪問事業記録
H29年度訪問事業No.146
訪問先 NPO法人社会復帰支援アウトリーチ(市民活動支援センタ事務室前)
2017年5月13日(土曜日)訪問第2回 

■アウトリーチとは
 「引きこもりから在宅ワーカーへ」
長期間仕事をしていない方、社会とのつながりが少ない方のご自宅にうかがって、ご家族と一緒にご本人が活かされる役割を見つけていきます。ご家族の不安や不満、さらには将来設計などを家族の一員のように一緒に取り組んでいきます。ご本人には「役に立てた」という思い、「家族に迷惑をかけたくない」という思いを尊重するため、在宅でもできる仕事を提案し、請け負っていただきます。仕事をすることで、収入だけではなく、自尊心・自信・存在価値などを得ることができます。
NPO法人社会復帰支援アウトリーチ
http://outreach-npo.org/
office@outreach-npo.org

■メイク落とし&エステ&メイク
 2017年5月13日(土曜日)一宮市市民活動支援センター事務室前にてエステ体験をさせてもらいました。施術をしてくれたのは、アウトリーチ事業のうち、メイクを通してひきこもりの方の社会復帰をサポートしている方でした。
丁寧にメイクを落としてもらった後、ゆっくりお話をしながらマッサージをしてもらい、最後にお化粧までしてもらいました。女性が長く引きこもっていたあとに社会に出る場合、肌を綺麗にしたりメイクをしたりすることによって外へのつながりができるだけでなく、一歩踏み出す勇気も出るので、そういった心のサポートもしていければ、とのことでした。
   
■取材をして
 林さんの事業姿勢に共感し、活動をお手伝いしたいという方が集まり、それぞれ自分の技術や得意な事を提供することで活動ができあがっていくというアウトリーチさんのかたちが見えました。また、ひきこもり自立支援にもいろいろな角度からのアプローチがあるのだなという発見がありました。

170513アウトリーチ訪問木全3.jpg
posted by iCASC at 09:13| インタビュー(訪問事業)