2017年12月24日

シビックスクールに参加してきました!!

訪問事業記録
H29年度訪問事業No.165
訪問先 いちふぉとKIDS シビックスクール (場所)i-ビル大会議室
2017年11月28日(火曜日)訪問第1回 センター担当:村上

 いちふぉとKIDSによるシビックスクールが11月28日にi-ビル大会議室にて開催されました。
 シビックスクールとは、一宮市民活動支援センターの登録団体の皆さんに講座や研修の企画と運営をしていただき、団体のスキルやノウハウを地域へ循環してもらおうというものです。審査をしていくつかのスクールを選択し、センター主催で実施しています。講座や研修、見学会など形式・方法は自由ですが、一宮・一宮市民のため、また市民活動団体やNPO等に有用なものをお願いしています。 
 今回のテーマは、「〜想いを届ける〜団体ブログをはじめよう!」。なんのためにブログを書くのか、自分の活動を通して伝えたい事などを自分の言葉でどのように表現するかなど、ワークショップやディスカッションを交えながらお互いの意見を交換しました。講師は松田友希さんです。託児付きのため育児中のお母さん方が多く参加されていました。
 参加者の皆さんへブログを書くときに一番気にしている事は?と講師が尋ねたところ、参加者の皆さんからブログを書く時にどのように自分の言葉で表現をすれば良いのか分からない、自信が無いという意見が多く上がっていました。松田さんは、他の誰かの言葉を借りてブログを書いても団体の想いは届かないので自分の言葉で書くのが大切、自分の言葉で表現することに「上手い・下手」はなく、自分自身の活動について自信を持って書くことが一番大切と説明されていました。また読む人、伝えたい人は誰なのかを考えてブログを書くと書きやすく伝わりやすい、他の団体ブログを読むことで相手との繋がりのきっかけにもなり、表現の仕方や書き方も分かりますとも話をされていました。すぐに出来る簡単ブログテクニックとして、色々な角度の写真で記事をアップすること、また他ブログを運営している方とお互いにリンクしてもらったり、紹介してもらうことで団体の信頼性も上がり新たな仲間が増える事にも繋がるとのこと。写真などを使い見ている相手の視覚に訴える記事を書くと相手の目にも止まりやすいそうです。

シビックスクールに参加して
 これからブログを書く時は、届けたい相手の目線になり書いていこうと私も思いました。また写真なども色々な角度から撮り、活動の様子や雰囲気が伝わる写真をアップしていきたいと思いました。

DSC_1588.jpg
posted by iCASC at 13:36| インタビュー(訪問事業)