2017年09月20日

市民と企業の協働フェスタ終了後、代表の日置さんにインタビュー

H28年度訪問事業No.157
訪問先 市民と企業の協働フェスタ(場所)市民活動支援センター 代表インタビュー
2017年6月21日(水曜日)センター担当:安田

市民と企業の協働フェスタ開催後、代表の日置さんにお話しを伺いました。

■今年は、企業・NPO・学校・行政など31団体が参加

 「福祉・医療・介護〜楽しみながら学ぼう〜」をテーマに、企業との協働事例に関する講演、福祉バザー、体験や遊びのコーナー、クイズラリー、ランドセルプロジェクト、パネル展示、ステージでの活動発表などを行ないました。
 シビックテラスで開催した、体験や遊びのコーナーなどはこの日に向けて材料の準備や当日の指導など、多くのボランティアの方々にご協力いただきました。ランドセルプロジェクトでは、協働商品や小物手づくり、遊びのエリアなどの収益や、チャリティーエリアでの寄付金をいただき、2017年12月に児童養護施設へ寄贈する予定でいます。
 今年のステージは、特色ある団体が多数出演し、年々充実してきました。初参加の「フォークダンスひまわり」が出演した際は、メンバー30名に来場者やスタッフなどが加わり、総勢70名近くがフォークダンスを踊りました。イベントのラストが大変盛り上がったのでよかったと思います。

2017-06-17 15.25.43-1.jpg

■次年度に向けての課題
 市民活動支援センター内会議室に設置したパネル展示への人の流れが少なかったので、誘導する仕組みを考えたいです。また、クイズラリーで解答用紙が見づらいなどのご意見があったので対応したいです。
 今年は2000枚のチラシを配りました。会場に300名近くの方が来場されましたが、関係者を差し引きしても一般の来場者が少ない気がしています。今後は一般の方々も気軽に、また再び来場いただけるようPRの仕方を工夫していきたいです。

2017-06-17 12.25.02.jpg

■来年度の開催予定は2018年6月9日(土)です。
 現状を維持しつつ、更に内容を充実させ、出展のメリットがあるよう参加・協力団体にご提案いただきたいと思っています。
 市民活動支援センターのフリースペースで行った脳年齢テストでは、病院関係者の前向きなお話もいただきました。今後、医師会や医療関係者などとご協力も考えています。
地域に住んでいる元気な方々を巻き込みながら、社会貢献の啓発活動をし、メッセージを発信しつづけ、来年につなげていきたいです。

2017-06-17 14.11.55.jpg

posted by iCASC at 14:44| インタビュー(訪問事業)