2021年12月09日

インターン最終日でした 2021/12/9(木) 2979日目

今日は、高校生インターンの最終日でした。

インターンでセンターに来ようと思った理由と、期間中に得たものをまとめて
センタースタッフや高校の先生たちの前で発表してもらいました。

最後の挨拶では、ここで得たものを今後にいかしていきます、と目を合わせて真摯に伝えてくれました。
この3日間が彼にとって良い経験となったことを祈っています。

2021-12-09 13.27.14.jpg

また、センター通信の発送作業も着々と進んでいます。
一足先に新講座の情報も出ていますので、ご確認くださいね!

■Zoomにフォーカス!
Zoom で会議を開きたい!講座を開催したい!
でも、やったことがない!…そんな人にオススメの講座です。
http://138cc.sblo.jp/article/189179655.html

■学生向けセンターツアー
市民活動ってどんな活動?という観点からセンターの役割まで
センター施設内を巡って解説するツアーです。
対象年代以外の方も参加のご希望がありましたら、ぜひセンターまでご相談ください。
http://138cc.sblo.jp/article/189179639.html

2021-12-09 11.31.14.jpg

(スタッフ 魚住)

本日の一宮市市民活動支援センター

●作業室利用: 3組 4人
●会議室利用: 4組 19人
●相談事業:アドバイザー安田知里(地域相談員) 0組  0人
●新規団体登録: 0件
●登録情報・コンテンツ変更・承認: 0件
●チラシ・ポスター持込: 2組

★新しい補助金や助成金情報はこちらをご覧ください。
http://138cc-s.sblo.jp/
posted by iCASC at 17:06| デイリー レポート

11月5日(金)「NPO現場見学バスツアー」オンラインで開催しました!

 2021年11月5日(金)、「オンライン・ヴァーチャル版NPO現場見学バスツアーvol.2」が開催されました。当日は登録団体などから6名の方が参加されました。現場に同行したセンタースタッフの魚住・今福より、当日のスタッフ目線で報告いたします。

 昨年に続き今年も青空の元で開催されました。画面越しでも、皆様に知多の気持ちの良い空気を感じていただけたことでしょう。

無題4.jpg

 ツアーのスタート地点である知多市市民活動センターは知多市役所の北側にあります。最寄りの名鉄朝倉駅の駅前は広範囲で工事中でした。令和9年に予定されているリニア中央新幹線の開業に合わせ、知多市の玄関口として市役所から商業施設までの一帯に様々な整備が行われるようです。

 知多市市民活動センターに着くと、挨拶もそこそこに準備が始まりました。当日の機材は、360°集音マイク兼スピーカーやライト、カメラ2台にノートパソコンと様々です。

TRIPART_0001_BURST20211105110053410_COVER.jpg

 一方、一宮市市民活動支援センター(以下、センター)では、フリースペースにサテライト会場を設営し、気軽に参加できる体制を整えました。

センター会場様子.jpg

 無事、10時30分にスタートしました。最初にセンタースタッフ魚住からオンライン参加について簡単な説明をして、いよいよ第1部が始まります。まずは知多市市民活動センター内の紹介でした。案内はNPO法人地域福祉サポートちたの安藤さんが、カメラはセンタースタッフの今福が担当しました。

DSC_6734.jpg

 途中、光の調整が上手くいかない機材トラブルもありましたが何とか乗り越え、知多市のセンターの開設や役割など、カメラを通して実際の施設内を見ていただきながら紹介しました。
 知多市市民活動センターは、市民が市民を育てるまちづくりの総合拠点として、生涯学習、ボランティア、NPOの人材育成の分野で中核的な役割を担う3団体がセンター内に集約されていることで幅広い活動を総合的にサポートしています。一宮市のセンターとは色々な違いがありましたが、知多市も一宮市も、それぞれの施設や地域の団体に合うように考えて作られています。

無題5.jpg

 その後、NPO法人地域福祉サポートちた代表理事の市野さんから、知多市の「地域住民主体の協働によるまちづくり」について解説がありました。「困った時はお互いさま」の精神が知多地域に根付くきっかけとなったお話から始まり、現在までの発展、今後の展望など、短い時間に知多地域における市民活動の歴史がぎゅっと詰まっていました。
 最後には、令和元年度の内閣府調査結果より「過去1年間で活動したボランティアの分野は何ですか?」というクイズもありました。皆さんは、わかりますか?
答えはこちら▼
https://www.npo-homepage.go.jp/toukei/shiminkouken-chousa/2019shiminkouken-chousa

252404793_998654457360597_5570369608049792434_n.jpg

250645109_169299352079991_2909607014024170089_n.jpg

 第2部は、NPO法人知多地域成年後見センター理事長の今井さんの解説がありました。今井さんは移動先からの配信となり、オンライン版のメリットを活用する形となりました。
 成年後見制度は、判断能力の低下によって法律面や生活面で生じる様々な問題から身を守る制度として、平成12年に介護保険制度と共にスタートしました。一宮市では成年後見制度の窓口が高年福祉課や地域包括支援センターとなっている一方で、知多地域になぜ「成年後見センター」が必要だったのか、そしてどのようにして設置へ至ったのかを学びました。
 また成年後見制度という個々の生活環境に直に影響するものに携わる今井さんのお話には、日常的なボランティア活動の中でも必要となる考えがあるように感じられました。

無題1.jpg

 質疑応答の時間には「成年後見制度は使わない方がいい。地域のみんなで助け合えれば、公金を使うこの制度は必要ない。」とおっしゃっていたことが、とても印象的でした。

後見人2.jpg

 第3部は、とまと記念館に伺いました。こちらは行政と地元企業、NPOの協働によって実現した場所です。
 青空の下、とまと記念館前から建物の紹介が始まりました。とまと記念館はカゴメ株式会社創業者の子孫が建て、フランス料理店となりましたが、その閉店後は東海市が食の情報発信基地として管理し続けている、歴史ある建物です。運営を委託されている「NPO法人LET’S食の絆」の江口さんより建物などの解説がありました。

250933638_1053630122051409_2050310666190518132_n.jpg

251252573_243117967722125_1817872255816041290_n.jpg

 館内1階のレストランを紹介された後、2階の展示室で、今度は江口さんと東海市健康推進課の長谷川さんから、東海市の「トマトdeまちづくり協定」を中心に野菜を生かした健康づくり推進事業について説明がありました。また江口さんからは、とまと記念館の成り立ちや、建物自体の価値と地域で担う役割の大切さについてもご紹介がありました。行政、NPO、企業の3組織の協働の大切さを深く感じる事例でした。

250679726_679747196310380_1065850859537055292_n.jpg

 そんな貴重なお話のあと、スタッフはとまと記念館のランチをいただきました。トマトジュース、前菜、メイン料理、ドリンク、デザートのコース(700円)には、レストランを運営している、東海市食生活改善推進員の皆さん(平均年齢72歳!)のあたたかな気持ち、NPO法人LET’S食の絆と東海市の健康づくりに対するご尽力、地域と共に在ろうとする地元企業の姿が詰まっています。リモートでは参加者の皆さんへこの美味しさをお届けすることはできなかったので、ぜひ現地へ足を運び、その価値を感じていただければと思います。木・金・土曜日の11時〜14時に営業、要予約です。

DSC_6758.jpg

 最後となる第4部は南粕谷ハウスの皆さんにお話を伺いました。最初に事務局長の石井さんに建物内をご紹介いただきました。ハウス内のフリースペースでは100歳まで健康でいることを目的とした筋トレ教室の真っ最中でした。そのほか作品の展示、福祉施設の手作りパンの販売、地域の方が育てたお花や野菜の販売など、この地域の人々のぬくもりが散りばめられている場所でした。

TRIPART_0001_BURST20211105143423630_COVER.jpg

250803174_312969603649819_6489125225272226601_n.jpg

 インタビューでは、事務局の石井さんとボランティアのお三方に、南粕谷ハウスの成り立ちとコロナ禍における活動を中心にお話しいただきました。
 南粕谷ハウスは、南粕谷という地域の特色により一気に少子高齢化が進んだことや、その課題解決にコミュニティスペースが必要だという地域の皆さんの意見から生まれたそうです。ハウスでは「自分たちのことは自分たちで考える」という利用の仕方をベースにしており、コロナ禍でも安全ラインをみんなで判断しながら、できるだけ活動中止にする選択肢はなくしていく工夫をされていました。最近では、ワクチン接種のネット予約における助け合いや、バンド結成から派生した音楽教室の話など、それぞれの得手不得手を補い、支え合い、強く生きる人々の姿がありました。

IMG_0284.jpg

 今回のNPO現場見学バスツアー、いかがでしたでしょうか?市民、NPO、行政、企業のさまざまなかたちの助け合い(協働)がたくさん詰まった知多地域の魅力を感じていただけましたら幸いです。そして一宮市にも思いを馳せ、一宮市の協働の可能性やあなたの次の行動へと繋がるヒントとしていただければと思います。

 当日ご参加いただけなかった方のために、バスツアーの動画を各部に分けて公開いたします。センターブログなど最新情報をご確認ください!

【会議室予約キャンセル情報】12月10日(金)午後(B会議室)

以下の日時で会議室予約がキャンセルになりました。利用可能です。

【会議室予約キャンセル情報】
12月10日(金)午後(B会議室)

予約状況の詳細はコチラから
https://goo.gl/aQEMQq

仮予約は電話にて受け付けますが、センターにて本予約への切替登録が必要です。
posted by iCASC at 15:30| 会議室予約キャンセル情報

そら日向 2年ぶりの始動開始です!

令和3年度訪問事業No.243-7
訪問先:そら日向
2021年11月21日(日曜日)(訪問スタッフ川井)
一宮市市民活動支援センター

■団体紹介
 そら日向は、一宮市民を中心に幅広い年齢層の方が心身ともに健康・元気に過ごせることを目的に活動しています。現在は、初心者の方や体の硬い方でも大丈夫なハタヨガ、体幹の筋力を高めるピラティスを中心に行っています。

一宮市民活動情報サイトはこちら▼
https://www.138npo.org/info/group/index.php?group_id=418


■団体を始めたきっかけは?
 代表の井戸さんは、ひざを痛めて走ることができず、当時通院していた病院の先生にヨガや水泳を勧められ、ヨガと出会うことになります。ヨガを続けていくうちに走ることができるまでに回復した井戸さんは、更にヨガと共に歩んでいくことになります。
 そんな中、知り合いの方から、市民のためにヨガの指導をやっていってはどうかと言われ、団体として地元で活動するようになったとのことです。


■活動の中で印象的だったことは?
 コロナ禍のため、2年活動を休止されていました。その間、心が病んでしまった方や亡くなってしまった方がいらっしゃったそうです。身体を動かすことで自分のメンテナンスが必要ではあるけども、集まることの不安もあり、悩まれましたが、世間が落ち着いてきたことで活動再開を決心したとのことです。
 先日、久しぶりに参加者の顔を見ることができましたが、最初は青白い顔をしていた方もヨガを終えるとまるでお風呂上りのようなぽかぽかした笑顔になり、お帰りになったそうです。それを見た時に、やって良かった!と思ったそうです。


■代表の井戸さんから一言
 ヨガは、心身を整えることができるツールです。『先生と生徒』ではなく、自分がヨガをやりたい時にやりたい人と一緒にやろうよ!というスタンスで活動しています。
 現在はコロナのことでツライ思いをした方もいらっしゃることから、参加費なしでやらせてもらっています。みんなが元気に健康的にいてくれることを望んでいます。
 なので、ぜひ気軽な気持ちで来て欲しいです。


■活動の様子
 間隔を空け、マスクをつけ、換気をしっかりとした中で始まりました。

まず、瞑想から。ゆっくり呼吸を整えます。

2021-11-21 09.35.11.jpg

瞑想の時に使うクリスタルボウルとティンシャ。
リラックスや心の癒しへと導きます。
美しい音色がとても心地よいです。

2021-11-21 10.34.12.jpg

2021-11-21 10.34.54.jpg

首を伸ばすストレッチに肩甲骨を伸ばすストレッチ。

2021-11-21 09.42.03.jpg

2021-11-21 09.42.13.jpg

アイテムも登場します。
これで身体を無理なく伸ばせます。安心!

2021-11-21 10.43.22.jpg

2021-11-21 10.43.41.jpg

どれもこれもぐぐぐーっと伸びて気持ちよさそうです。


■今後のイベントの予定は?
 12月26日(日)、1月9日(日)、1月16日(日)
 一宮市市民活動支援センター内にて優しいハタヨガを開催します。
▼詳しくはセンター情報サイトから
https://www.138npo.org/info/group/index.php?group_id=418


■訪問して(スタッフ:川井)
 代表の井戸さんはとても軽快で気さくな方です。団体のフォローをするはずのスタッフですが、話しているといつもこちらが元気をいただいてしまいます。
 そんな井戸さんと『共に』するヨガやティラピスはとても魅力的ですし、多くの方にその魅力を感じて欲しいと思いました。
 凝り固まったココロと身体をほぐしにいらっしゃいませんか?
posted by iCASC at 12:00| インタビュー(訪問事業)

(登録団体からのお知らせ)ストレスに強い子に育てる!【公益社団法人スコーレ家庭教育振興協会 東海地区】

一宮市市民活動支援センター登録団体のイベント情報です。
------------------------------------------------------------------------

スコーレ家庭教育セミナー
ストレスに強い子に育てる! 〜もっと笑顔で子育てしたい〜


・2022年2月3日(木)10:00〜11:30(受付開始9:30から)
・一宮市民会館(2F・第1会議室) 一宮市朝日2丁目5番1号
・受講料:500円
・定員:30名(申し込み順/要・予約)
 乳幼児のいる方や来場ができない方は、オンライン配信による受講が可能です。
 詳しくはお問合せください。
・申込先:チラシ内のQRコードより
・問合せ先:渡辺 080-5102-4260、野々垣 090-8546-6533
 スコーレ東海事務所(平日10:00〜15:00)
 058-216-3700 kakamigaharanishi@schole.org

img002.jpg

主催:公益社団法人スコーレ家庭教育振興協会 東海地区
https://www.138npo.org/info/group/kihon.php?group_id=330
posted by iCASC at 11:24| 団体イベント情報

(登録団体からのお知らせ)これからの時代に大切な自己肯定感、共感力の高め方【公益社団法人スコーレ家庭教育振興協会 東海地区】

一宮市市民活動支援センター登録団体のイベント情報です。
------------------------------------------------------------------------

スコーレ家庭教育セミナー
これからの時代に大切な自己肯定感、共感力の高め方


・2022年1月14日(金)10:00〜11:30(受付開始9:30から)
・尾張一宮駅前 i-ビル3階 一宮市市民活動支援センター(会議室)
・受講料:500円
・定員:30名(申し込み順/要・予約)
 乳幼児のいる方や来場ができない方は、オンライン配信による受講が可能です。
 詳しくはお問合せください。
・申込先:チラシ内のQRコードより
・問合せ先:渡辺 080-5102-4260、野々垣 090-8546-6533
 スコーレ東海事務所(平日10:00〜15:00)
 058-216-3700 kakamigaharanishi@schole.org

img001.jpg

主催:公益社団法人スコーレ家庭教育振興協会 東海地区
https://www.138npo.org/info/group/kihon.php?group_id=330
posted by iCASC at 11:20| 団体イベント情報

(登録団体からのお知らせ)クリスマスにストーリーテリング【一宮おやこ劇場】

一宮市市民活動支援センター登録団体のイベント情報です。
-----------------------------------------------------------------------

クリスマスにストーリーテリング
〜子どもにも大人にも優しい時間が流れますように〜


・12月25日(土)10:30〜11:00
・i-ビル3F テラス横
 市民活動支援センター内 会議室ABにて
・対象:どなたでも
・参加費:無料
※開始時間の少し前に当日お集まりください。

・お問い合わせ
 一宮おやこ劇場(44-2001)
 担当:和田

img20211209_10261318.png

主催:一宮おやこ劇場
https://www.138npo.org/info/group/kihon.php?group_id=72
posted by iCASC at 11:04| 団体イベント情報