2021年12月06日

センター通信、もうすぐお届けです 2021/12/6(月) 2976日目

今日はセンター通信の校正作業を行いました。
もうすぐ皆様のもとへお届けです。
楽しみにお待ちください!

2021-12-06 16.38.34.jpg

また、庁舎配架の締め切りは毎月15日と最終日ですが、
今年のセンター最終日12月28日(月)締切の予定を、1月5日(水)締切に変更しました。
配架は1月6,7日を予定しています。
1月半ばにイベントを予定されている皆様、ぜひお持ち込みください!

その他センターのスケジュールはHPからご覧いただけます▼
https://www.138cc.org/schedule/

無題.jpg

(スタッフ 魚住)

本日の一宮市市民活動支援センター

●作業室利用: 3組 3人
●会議室利用: 4組 38人
●新規団体登録: 0件
●登録情報・コンテンツ変更・承認: 3件
●チラシ・ポスター持込: 0組

★新しい補助金や助成金情報はこちらをご覧ください。
http://138cc-s.sblo.jp/
posted by iCASC at 17:01| デイリー レポート

(登録団体からのお知らせ)【参加者募集】2/5(土)陶芸教室inつくる。【つくる。】

一宮市市民活動支援センター登録団体のイベント情報です。
-----------------------------------------------------------------------

自分の作りたいものが作れる、やってみたいことに挑戦できる、ゆったり、まったりな教室です。
同じ趣味仲間とのひと時を楽しんでみませんか?

《開催日時》2/5(土)9:30〜12:00
※情報は記事投稿日時点のものとなっています。
都合により内容を変更する場合がありますので予めご了承ください。
なお、記載内容に限らず、新型コロナウィルス感染拡大防止対策状況に応じて予告なく中止させて頂く場合もございます。

※作品のお渡しは約1ヶ月後になります。

《参加費》1回3,000円(材料・焼成費込)
☆お子様料金の設定もございます。
作陶後にティータイムあり☆

《場所》つくる。黒板の部屋
《定員》4名(予約制)
《持ち物》エプロン、汚れてもいいタオル(粘土の乾燥防止に使うので泥だらけになります)

《お問い合わせ》090-1470-5645 陶芸療法士 馬場まで

出張陶芸教室《そらいろ工房》
http://ameblo.jp/sorairo-knubou/

*****イベント・モノつくりのレンタルスペース*****

つくる。
〒493-0001 愛知県一宮市木曽川町黒田字宝光寺5-2

TEL 0586-82-6582
FAX 0586-82-6583
mail@tsukuru-ichinomiya.com
https://www.tsukuru-ichinomiya.com/
facebook [つくる。] で検索
twitter [tsukuru138] で検索

***********************************************

20211206155713Rzu61.jpg

20211206155713Rzu612.jpg

記事:【参加者募集】2/5(土)陶芸教室inつくる。
https://www.138npo.org/info/group/entry.php?serial_no=1344

主催:つくる。
https://www.138npo.org/info/group/kihon.php?group_id=125
posted by iCASC at 16:37| 団体イベント情報

「りぶらぼ 一宮市の図書館イベントボランティア」を取材しました。

令和3年度訪問事業No.242-6
訪問先:りぶらぼ 一宮市の図書館イベントボランティア
2021年11月17日 (水曜日)(訪問スタッフ:魚住)
一宮市市民活動支援センターにて

りぶらぼ 一宮市の図書館イベントボランティアとは
本を借りるだけではない図書館の可能性を考え、図書館を中心とした文化的なまちづくりのために活動されている団体です。図書館のイベントボランティアや、本に関わる文化イベントの企画・開催をしていくことで、より多くの市民が図書館や本に触れる機会を提供しています。

情報サイトはこちら▼
https://www.138npo.org/info/group/index.php?group_id=529

ロゴ切り抜き文字赤.png

代表の西村さんを取材しました。
■団体を始めたきっかけ
同じ本を読んでいる2人が出会ったら、自然と話がはじまります。図書館は単純に本を借りるだけでなく、対話を行うきっかけの場所、大人も子どもも全ての人の教育を市民が共に作っていく場所、様々なものが生まれる場所としての可能性を秘めています。そんな思いを持った代表の西村さんは、8年前、NPO法人志民連いちのみやの星野さんとの出会いをきっかけに、「図書館×まちづくり」の想いがどんどん膨らんでいったそうです。りぶらぼは、「まちに飛び出す」をキーワードに、図書館、本、対話について伝えていく、まちづくりのひとつの形として発足しました。
また、図書館司書をされている西村さんにとって、子ども司書講座で資格を取った子どもがその資格を生かす場所を作ることも大切なポイントだったそうです。

■これまでの活動紹介
 団体の立ち上げが2年前で、対話を中心とした活動のため、コロナ禍に頭を悩ませていました。そのような中で、今年度行われた市民チャレンジ事業をインタビュー形式でご紹介します。

・いちのみや市100周年市民チャレンジ事業「138 ARTBOOK PROJECT」
138 ARTBOOK PROJECTは、「これからの一宮市を考えるためのアートブックをつくる」企画です。思わず手に取りたくなるような芸術性がありつつ、内容は市民のみんなで作られ、一宮市のことを考える時に起点となるような本を作られています。

IMG-1128.JPG

Q。
企画のポイントは?
A.
「哲学対話を行う場をつくること」も企画のテーマでした。子どもから大人まで様々な人々が、自分で考えたことを人に伝え、対話することを楽しめるようにという想いも込めています。
(じっくり対話を行うために、チラシで人を集めることやアイスブレイクにも力を入れていて)本の内容をつくるワークショップでは、対象に合わせたアイスブレイクとして工作をしたり、一宮市やSDGsについて学んでから哲学対話を行いました。

IMG-1127.JPG
↑ワークショップ「織物工場編」の様子

Q.
哲学対話って何でしょう?ワークショップの対象は子どもから大人まで多岐にわたるそうですが、小学生にはなんだか難しそうですね。
A.
全く難しくないですよ!哲学対話は、あるテーマについてその場で考えたことを、みんなで対等に、気楽に話し合うことです。考えることって誰しも行っていることですよね。それを表現するだけです。むしろ子どもの方が考えていることを自由に伝えられるので、純粋に対話を楽しめていたように思います。

IMG-1126.JPG

Q.
印象的だったことは?
A.
哲学対話のファシリテーターをお願いした市民活動団体「犬てつ」のミナタニさんの進行方法ですね。話の途中で立ってもいい、話したくなったらいつでも戻っていい、という形だったんです。最初に小学生向けの対話を行った場所(※)がとても良かったことも相まって、ワークショップの途中なのに話に飽きたら他の場所に行って、散歩して遊んでるんですよ。そして、気が向いたら戻ってきて、それまでの流れを気にせずいろんな発想を持って来るんです。
今後も子どもたちが対話する環境、ひいては子どもたちで意思決定できる場を作っていくにあたり、様々なことを学ばせていただきました。

(※)株式会社エコ建築考房の一宮ショールーム。レンタルスペースとして企画に協力されています。

image_123927839.JPG

一宮市への様々な想いが詰まった100ページにもわたるこのARTBOOKは、現在製作中です。完成をお楽しみに。
▼138 ARTBOOK PROJECT公式HPはこちら
http://ehon100.wp.xdomain.jp/

■活動上の課題や、困りごと
 これらの作り込まれた活動を行われる中で様々な悩みや葛藤があったことと思いますが、インタビューでは大きく3つを挙げられました。

@運営スタッフそれぞれの思いを1つの方向にまとめていくのが大変
それぞれの思いをぶつけあい、尊重し合いながら作り上げていく大変さと楽しさを話されていました。

AARTBOOK単体のHPはあるが、りぶらぼとしての広報は、現状facebookのみ。HPの定期更新などのハードルが高い
告知、報告、日常投稿など、より多くの方に情報を届けるために行った方がよいのはわかっていても、なかなか手が回らない部分です。

B課題はわかっても、どのような解決案があるのか、その糸口となる人々とどう繋がっていったらよいかわからない
地域での様々な団体活動を見て、様々な方々と繋がりながら、進んでいけたらと話されていました。

団体運営にあたり、共感される方も多いのではないでしょうか。横のつながりを作りたいというりぶらぼさんの希望もあり、センターでは他の登録団体へ自由に情報共有ができるよう何らかの方法を考えています。続報をお待ちください。

また西村さんは、毎月センター相談事業を利用し、NPO法人アスクネットの白上アドバイザーへ様々な相談をされています。これからどんな企画が出来上がっていくのか、期待が膨らみます…!

2021-11-12 14.14.47.jpg

■訪問して(スタッフ:魚住)
私自身、日頃からボーイスカウト指導者として子どもたちの話し合いの大切さを考えている身としても、ARTBOOKの企画内容はとても興味深いものでした。ワークショップのアイスブレイクは大人にとっても魅力的なものばかりです。ぜひみなさんにもりぶらぼさんのfacebookを見てもらいたいと思います。
また、西村さんはインタビュー中に私が普段行っている活動についてもたくさん質問してくださっていて、できる限りどこからでも何か活動のヒントを得ようとしている前向きな姿に励まされました。りぶらぼさんの今後の企画も、注目してもらえたらと思います。

また、ARTBOOKのワークショップで使用された可愛いイラスト付きのオリジナルSDGs表や、ウォーカブルプロジェクト社会実験2021「Go to Read まちなかで、本を読もう」(※)で作成された「木のおうちの本棚」の貸し出しも行われているそうです。詳細はりぶらぼさんまでお問い合わせください!

(※)ウォーカブルプロジェクト社会実験2021「Go to Read まちなかで、本を読もう」の様子はこちらをご覧ください。▼
http://138cc.sblo.jp/article/189183419.html
posted by iCASC at 15:32| インタビュー(訪問事業)

りぶらぼ 一宮市の図書館イベントボランティア(主催)「ウォーカブルプロジェクト社会実験2021「Go to Read まちなかで、本を読もう」」に訪問しました。

令和3年度訪問事業No.241-5
訪問先:りぶらぼ 一宮市の図書館イベントボランティア
2021年10月23日 (土曜日)(訪問スタッフ:魚住)
本町商店街にて

■りぶらぼ 一宮市の図書館イベントボランティアとは
本を借りるだけではない図書館の可能性を考え、図書館を中心とした文化的なまちづくりのために活動されている団体です。図書館のイベントボランティアや、本に関わる文化イベントの企画・開催をしていくことで、より多くの市民が図書館や本に触れる機会を提供しています。

情報サイトはこちら▼
https://www.138npo.org/info/group/index.php?group_id=529

ロゴ切り抜き文字赤.png

■ウォーカブルプロジェクト社会実験2021「Go to Read まちなかで、本を読もう」に伺いました!

・ウォーカブルプロジェクト社会実験2021とは?
「ウォーカブル推進都市」として国土交通省に登録された一宮市。10月〜11月には、「居心地がよく歩きたくなるまちなか」の形成を目指し、本町商店街を中心に展示、体験、物販、飲食などの多様な取り組みを実際に行い、課題や効果を検証する社会実験が行われました。

・「Go to Read まちなかで、本を読もう」
様々な方によって「心地よく歩きたくなるまちなか」を考えた場所が作られていった中で、りぶらぼさんは「まちなかに本棚を作ったらどうなるんだろう!?」という想いを形にされました。当日は、シンボルとして木のおうちの本棚が設置され、自由に出入りできる読書空間がまちなかに生まれました。

・代表の西村さんにインタビューしました!
Q.
とても魅力的な家形の本棚ですね。一宮にちなんで138×138×138という大きさも素敵です。
A.
ARTBOOK(※)でお世話になった株式会社エコ建築考房さんが作ってくださいました。人数は控えめに1日100人と公表していますが、体感ではそれどころではなかったと思います。搬入している時点で「何か来たぞ!」と子どもたちが寄ってきて、設置した瞬間に「これ入っていいの!?」と目を輝かせていました。
(※)りぶらぼさんが実施された、いちのみや市100周年市民チャレンジ事業「138 ARTBOOK PROJECT」。詳細はこちらの記事をご覧ください。▼
http://138cc.sblo.jp/article/189183446.html

248962241_3030227980567707_893464098172721805_n.jpg

Q.
それはすごいですね!(笑)確かに、秘密基地っぽくて大人でもわくわくします。
A.
さらにとても嬉しいことに、入って遊ぶだけじゃなくて、みんなちゃんと本を読んでいるんですよ。ここは本を読む場所なんだという認識をしたうえで来て、親御さんが呼びに来るまで、自分で読書を楽しんでいたんです。
自分は常々、個人が自分で歩いて行ける範囲に図書館があると良いと思っているのですが、そういった意味でもまちなかに作る読書空間の1つの形を示すことができたのは、文化的なまちづくりの第一歩となるものと思います。

248718107_3030227913901047_8416380874740567669_n.jpg

Q.
木のおうちの本棚以外にも企画されていたようですが…?
A.
学生が起業した会社「Vagary.」とのコラボ企画として、「NEXT ICHINOMIYA 100 アイデアソン」も開催しました。起業を目指す学生たちとオンラインで繋がり、リアルタイムで一宮というまちを伝えながら「○○なまちづくり」をテーマに様々な企画を考えてもらいました。
今回は第0回で、今後も続けていきたいと考えています。次回は対面で、自然の中で火を囲みながらアイデアソンなんて良いですね。

アイデアソン画像.jpg

↑少しだけ企画案を見せていただきましたが、一宮市に出歩いてさらによく見たくなるものばかりでした。

Q.
今後の展望は?
A.
今回、市民チャレンジ事業のARTBOOKと、今回の本棚という資本が残ったことが大きいと思います。これらの資本を生かしてソーシャルなインパクトを出していきたいです。
 また、今回トヨタ自動車さんと繋がりができたので、SDGsの観点から何かできないかなと考えています。

更に詳しい当日の様子は、
りぶらぼさんのfacebookをご覧ください▼
https://www.facebook.com/liblabo.ichinomiya/

■訪問して(スタッフ:魚住)
私が最初に「まちなかに本を読むスペースをつくる」と聞いたときは、私自身が読書=静かな集中できる場所、という固定観念を持っていたため「そんな静かな場所はあるのかな?」「できたとして、果たして人が寄ってくるのかな?」と勝手に想像をしていました。ところが設営された様子を見て、読書空間を形作る本棚の素敵さはもちろん、実際に本棚を利用する皆さんの笑顔に圧倒されました。
読書は自由で身近なものだな、と改めて思いました。
posted by iCASC at 15:26| インタビュー(訪問事業)

相談員事業の変更のお知らせ【令和4年1月・2月】

下記の通り、アドバイザーの時間変更があります。

■1月26日(水)10:00〜16:00 星野アドバイザー(NPO法人志民連いちのみや)
⇒1月26日(水)9:00〜15:00 星野アドバイザー(NPO法人志民連いちのみや)

■2月1日(火)9:00〜14:00 星野アドバイザー(NPO法人志民連いちのみや)
⇒2月1日(火)11:00〜16:00 星野アドバイザー(NPO法人志民連いちのみや)

アドバイザーの都合により、担当・日程が変更になる場合がありますのでご了承ください。
相談をご希望の方は、事前予約をお願いいたします。(相談時間は1時間です)
posted by iCASC at 12:04| アドバイザー(相談事業)

(登録団体からのお知らせ)12月5日 クリスマスミニコンサート【一宮市民吹奏楽団】

一宮市市民活動支援センター登録団体のイベント情報です。
-----------------------------------------------------------------------

クリスマスミニコンサート無事終了しました。
今回は、初めて事前申し込みにさせて頂きました。
席が埋まるか心配しましたが、予定した席数は満席となりました。
「楽しみにしていたよ!」「まっとったよ!」など
嬉しい言葉をかけてくださいました。
新型コロナで活動を何度も休止したので、制服を着て演奏するのは2年ぶり、
演奏に気合が入りました。
ドレミの歌、百の花咲くミルキーウェイ、そりすべり、ホワイトクリスマスなど
全8曲を披露しました。
来場の皆様から、「楽しかったよ!」「笑みが溢れるコンサート」などなど
感想をもらいました。ありがとうございました。

20211205222508C1Ru1.jpg

20211205222508C1Ru12.jpg

記事:12月5日 クリスマスミニコンサート
https://www.138npo.org/info/group/entry.php?serial_no=1343

主催:一宮市民吹奏楽団
https://www.138npo.org/info/group/kihon.php?group_id=58
posted by iCASC at 11:18| 団体イベント情報

(登録団体からのお知らせ)笑〜emi〜 15th 出店者説明会【笑〜emi〜】

一宮市市民活動支援センター登録団体のイベント情報です。
-----------------------------------------------------------------------

2022年 3月20日(日)にイベント笑〜emi〜を開催いたします。
つきましては、笑〜emi〜を一緒に盛り上げて頂ける出店者を募集します。
【出店者説明会】
日時:@2022年1月15日(土)10:30〜11:30 A2022年1月16日(日)13:30〜14:30
場所:一宮市市民活動支援センター B会議室(一宮駅 iビル 3F)
参加条件:Facebookの本イベントページの参加予定にチェックを入れ出店者説明会当日にご来場ください。↓
https://www.facebook.com/events/210913287892617?ref=newsfeed(12/6修正)
お問い合わせは、下記連絡先へ直接メールでご連絡下さい。
【連絡先】sakumo39@orihime.ne.jp
※説明会両日ともに、ご都合のつかない方は、参加予定にチェック後、その旨をメールにてご連絡下さい。
※出店希望者多数の場合は主催者側で選考させて頂きます。
※出店者説明会当日の急な参加はできませんのでご了承ください。

【イベント詳細】
日時:2022年 3月20日(日) 10時〜17時
場所:一宮市木曽川町『つくる。』古民家の母屋1階部分
http://www.tsukuru-ichinomiya.com/
出店料:1ブース 2,500円(会場で机など備品を借りられる方は+500円)
出店内容:占い、癒し、リラクゼーション、ハンドメイド小物販売…など(出店できるかどうか不安な方は気軽にお問い合わせください)
ブーススペース:1ブース約1畳分(それ以上必要な方はご相談下さい)

イベント『笑〜emi〜』とは、
一宮市を盛り上げるという使命を持ったイベントです。
笑〜emi〜のモットー
@一宮市を笑顔でいっぱいに
A一宮市が魅力ある街になる為のお手伝い
B女性が活き活き活動できる場所の提供
Cワクワクな体験を通じて、キラキラ輝くあなたのお手伝い
『笑〜emi〜』の主旨をご理解頂いた上で、出店下さい。
宜しくお願い致します。

202112051016273zGh1.jpg

202112051016273zGh12.jpg

記事:笑〜emi〜 15th 出店者説明会
https://www.138npo.org/info/group/entry.php?serial_no=1341

主催:笑〜emi〜
https://www.138npo.org/info/group/kihon.php?group_id=369
posted by iCASC at 11:13| 団体イベント情報

(登録団体からのお知らせ)【リンク先の訂正】笑〜emi〜 15th 出店者説明会【笑〜emi〜】

一宮市市民活動支援センター登録団体のイベント情報です。
-----------------------------------------------------------------------

Facebookの本イベントページのリンク先を修正させて頂きました。
参加をご検討の方は、下記リンク先からお願いします。
https://www.facebook.com/events/210913287892617?ref=newsfeed
宜しくお願い致します。

記事:【リンク先の訂正】笑〜emi〜 15th 出店者説明会
https://www.138npo.org/info/group/entry.php?serial_no=1342

主催:笑〜emi〜
https://www.138npo.org/info/group/kihon.php?group_id=369
posted by iCASC at 10:57| 団体イベント情報

相談員事業の時間変更のお知らせ【令和4年2月】

下記の通り、アドバイザーの時間変更があります。

■2月5日(土)15:00〜20:00 織田アドバイザー(NPO法人ボラみみより情報局)
⇒2月6日(日)10:00〜16:00 織田アドバイザー(NPO法人ボラみみより情報局)

アドバイザーの都合により、担当・日程が変更になる場合がありますのでご了承ください。
相談をご希望の方は、事前予約をお願いいたします。(相談時間は1時間です)
posted by iCASC at 10:31| アドバイザー(相談事業)