2021年01月22日

会議室のキャンセルが多くなりました。 2021/1/22(金) 2708日目

しとしと雨の一日でした。

愛知県の緊急事態宣言が発令され、センター会議室のキャンセルが多くなっています。

2021-01-22 13.59.04.jpg

緊急事態措置の対策に協力いただいてのキャンセルなので、感謝の気持ちと寂しい気持ちが交差して
少し複雑な思いがいたします。
センターも夜間は20時までの時短になりました。
(夜間会議室利用時間は19:30分まで)
今は何よりも、感染を拡大させないことに集中したいものです。

寒さが少しゆるみましたね。
寒さで縮こまった身体を伸ばしてあげませんか。

(スタッフ 宇佐美・長澤)

本日の一宮市市民活動支援センター

●作業室利用: 1組 1人
●会議室利用: 3組 24人
●相談事業:アドバイザー魚住沙弥果(地域相談員) 0組 0人
●新規団体登録: 0件
●登録情報・コンテンツ変更・承認: 2件
●チラシ・ポスター持込: 0組

★新しい補助金や助成金情報はこちらをご覧ください。
http://138cc-s.sblo.jp/
posted by iCASC at 20:38| デイリー レポート

FMいちのみや「いちのみやの輪」第407回 おりひめ水クラブ

i-wave  モーニングアイ
今朝のFMいちのみや「いちのみやの輪」第407回は、おりひめ水クラブの秦野さんが出演されました。

おりひめ水クラブは水から防災を考えていこうと、家庭での飲料水備蓄の普及に取り組んでいます。

南海トラフ自身が起きた際には、市内の水道の80%が断水するといわれていますが、情報が多すぎて耳に入ってこないのが実情です。
子ども会を通じて水の備蓄をお願いするチラシを配布したりしていますが、直接話しかける方が行動につながりやすいと感じているということでした。

水がないと生命の危険があります。災害が起きてから慌てるのではなく、一歩前に出てほしいというメッセージを送られました。


おりひめ水クラブ
https://www.138npo.org/info/group/kihon.php?group_id=505

(宇佐美)

-----------------------------------------
「いちのみやの輪」は、FMいちのみや・一宮市市民活動支援センター・社会福祉協議会のコラボ企画。
ナビゲーター脇田さんが、市民活動団体にインタビューする番組です。
毎週金曜日の朝8時半から生放送です。
posted by iCASC at 11:38| FM-i 「いちのみやの輪」

(登録団体からのお知らせ)不登校でお困りの方は【一宮市不登校親の会「ループ」】

一宮市市民活動支援センター登録団体の情報です。
------------------------------------------------------------------------

愛知県一宮市で活動する不登校親の会『ループ』は、不登校でお悩みのお母さん・お父さんと過去にそういった経験を持つ親が悩みや苦しみを話し合う交流の場です。
参加者は不登校の子を持つ親とそれらを乗り越えた親・当事者です。
お子さんの不登校でお悩みの方、不登校親の会『ループ』に来て私たちと話し合いましょう。
◆次回の親の会◆
不登校親の会 2月20日(土)13時15分〜
不登校ミニ親の会 詳細はお問い合わせ下さい
※お問い合わせ・ご質問は
Tel. 090−8335−0248 山田
Mail. loopyamada@icloud.com
◎個別相談も行っています。

記事:不登校でお困りの方は
https://www.138npo.org/info/group/entry.php?serial_no=1137

主催:一宮市不登校親の会「ループ」
https://www.138npo.org/info/group/kihon.php?group_id=23
posted by iCASC at 10:26| 団体イベント情報

(登録団体からのお知らせ)令和2年度の活動について(第8報)【今伊勢愛郷クラブ】

一宮市市民活動支援センター登録団体の情報です。
------------------------------------------------------------------------

 1月12日、令和3年最初の新年例会として開催しました。
 コロナが依然と蔓延る中、その開催が危ぶまれましたが、先月の例会で創立記念として開催する旨、
決めたことでもあり、時短・簡素を基調とし新年記念例会に特化した形で執り行いました。
 従来、新年例会は年の初めの例会として、余興催事も多少の賑やかさを売り物として開催してきまし
たが、本年はそうしたことを控え、アトラクションとしては邦楽鑑賞会(尺八・琴演奏会)にして行いました。
 質素な会場ですが、演台後ろのボードには桃・黄・緑三色で彩られた市松模様の色紙に「今伊勢愛郷
クラブ」「創立45周年記念」「令和三年新年例会」と書かれた手作りの三段幕が飾られ、新春例会に
少しばかりの艶やかさを添えた形となりました。

 尺八演奏は加藤奏山様、琴伴奏は三輪聡美様でいずれも邦楽界では著名な演者の方々です。
 曲目は、新春には良く聴く定番の「春の海」を始め、アンコール曲を含めて5曲の演奏でした。
 コロナ禍で騒然としている今、日本の伝統音楽で我々会員に一時の憩いと癒しを与えてくれた、この
演奏会、暫しの時間でしたが、みんな静かにゆっくりとした面持ちで鑑賞していた様子でした。

 演奏会の終了後、この記念例会にと用意されていた創立45周年の記念品(パーカー製ネーム入ボールペン)が
会員全員に贈呈され、本日の新年記念例会は終了となりました。
 当クラブは、この様な催事・行事も適時行っております。
 コロナ禍の早期の終息を祈りつつ、本年もよろしくお願いを申し上げます。

記事:令和2年度の活動について(第8報)
https://www.138npo.org/info/group/entry.php?serial_no=1136

今伊勢愛郷クラブ
https://www.138npo.org/info/group/kihon.php?group_id=420
posted by iCASC at 10:17| 団体情報