2018年07月02日

センターたなばた2018の参加申込みを締切ました! 2018/7/2(月)1846日目

とうとう7月になってしまいました!

7月末には、いよいよ一宮七夕まつりが開催されます。
先日、プログラムも出ていましたね!

一宮七夕まつり公式ウェブブサイト
http://www.138ss.com/tanabata_bunner/index_tanabata.html

市民活動支援センターでも毎年恒例となりました「センターたなばた2018」を7月28日(土)と7月29日(日)に開催します。
ワークショップなど盛りだくさんですので、ぜひお立ち寄りください!

(2017年センター内のようす)
P_20170728_134725.jpg


ワークショップはなんとかフリースペース・会議室で団体さんの希望通り開催できそうですが、、
なんとステージが応募多数につき、審査となりました。
ステージ出演できない団体さんがあるかもです、、ごめんなさい!
来週にはご連絡しますので、しばらくお待ちくださいませ。
よろしくお願い申し上げます。

(スタッフ 安田知里)

本日の一宮市市民活動支援センター

●利用者数:  68人
●作業室利用:  1組 1人
●会議室利用:  4組 52人
●新規団体登録:  0件
●登録情報・コンテンツ変更・承認:  1件
●チラシ・ポスター持込:  1組
●ほか: 

★新しい補助金や助成金情報はこちらをご覧ください。
http://138cc-s.sblo.jp/
posted by iCASC at 17:29| レポート

【会議室予約キャンセル情報】7月7日(土)午前(小会議室)、7月10日(火)午後(小会議室)

以下の日時で会議室予約がキャンセルになりました。利用可能です。

【会議室予約キャンセル情報】7月7日(土)午前(小会議室)、7月10日(火)午後(小会議室)

予約状況の詳細はコチラから
https://goo.gl/aQEMQq

仮予約は電話にて受け付けます。仮予約から1週間内にセンターにて本予約への切替登録が必要です。
posted by iCASC at 12:35| 会議室予約キャンセル情報

(登録団体からのお知らせ)SAZUKARIふれあいDay【一般社団法人妊活サポート協会Sazukari】

一宮市市民活動支援センター登録団体のイベント情報です。
------------------------------------------------------------------------

SAZUKARIふれあいDay

●午前の部
妊活おしゃべり会

不妊でお悩みのあなたへ・・
子どもがほしくてもできない、不妊でお悩みのあなた。
デリケートな問題で誰にも話せない・・聞きたい・・そんな場所が妊活おしゃべり会です。
不妊経験者、不妊カウンセラーがサポートします。
(2人目以上分の方は別室にてお子さま見守ります)

●午後の部
「かみさまとのやくそく」上映会

胎内記憶と子育ての実践をテーマにしたドキュメンタリー映画です。
胎内記憶とはお母さんのお腹の中にいたときの記憶や、その前の記憶のこと。
2〜4才の子どもたちが話すと言われています。
この映画には音楽もナレーションもありません。
しかし、胎内記憶の聞き取り調査や子育ての実践を、カメラは丁寧に見つめます。

開催日時:8月4日(土)
妊活おしゃべり会/10:00〜11:30
「かみさまとのやくそく」上映会/13:30〜15:15(開場13:00〜、上映13:30〜)

場所:尾張一宮駅前ビル(iビル)3階 一宮市市民活動支援センター内 会議室AB
定員:妊活おしゃべり会10名、「かみさまとのやくそく」上映会20名 ※定員になり次第、締め切ります
会費:妊活おしゃべり会/500円
「かみさまとのやくそく」上映会 大人(中学生以上)当日1,500円、小学生800円
※おつりのないようにお願いします。
※未就学児はご遠慮ください。

●ご予約お申し込み
一般社団法人妊活サポート協会Sazukari
ninkatsu.sazukari0919@gmail.com / tel.090-2576-8713(谷川)

※詳しくはチラシをご覧ください!

CCI20180702.jpg

主催:一般社団法人妊活サポート協会Sazukari
https://www.138npo.org/info/group/index.php?group_id=442
posted by iCASC at 12:32| 団体イベント情報

(登録団体からのお知らせ)保育って楽しめますか?という質問にお応えします。【保育楽しも〜会】

一宮市市民活動支援センター登録団体の情報です。
------------------------------------------------------------------------

保育って楽しめますか?という質問にお応えします。

【保育楽しも〜会】
https://www.138npo.org/info/group/index.php?group_id=472

「毎日忙しいし、わけわからないし、保育って楽しめるものなんですか?」という質問がありました。

楽しいですよ、本当は。
でも、たぶん楽しむ余裕がないのではないでしょうか…。
目の前にあることをこなすことに精一杯で、まわりの保育士さんも必死の形相だし…。

楽しむポイントとして、目の前にいる子どもたちをじっと観てください。
ある日、昼食にいちごがでました。
私がじーと観ていると、
何やらぶつぶつ、つぶやきながらニタニタしている子が。
子 「おおきいね」
   パクッ
子 「かわいいね」
   パクッ
保 心の声 『おかわりあげたい〜』
いちごを一粒手にとっては、つぶやいて食べていたのです。
保育を楽しむって、こういうことの積み重ねだと思うのです。なんとなく、伝わりましたか?
まわすという感覚ではなく、丁寧に関わっていくとおもしろいな〜と思うことがあると思います。
現場で必死になっている時には、そういう気持ちになれませんよね。
「できるかい」と言われそうな発言でしたが、時々、じーと丁寧に観ていくと、保育を楽しめると思います。 
posted by iCASC at 10:08| 団体情報