2017年09月20日

支援制度についてご来館 2017/9/20(水)1578日目

いよいよ、はじまる平成30年度の支援制度。

昨日は説明会のお知らせをしましたが、今日、ご質問に来館される方々がいらっしゃいました。

今週末は説明会です!ぜひご参加ください。

P_20170920_135616.jpg

(スタッフ 安田知里)

本日の一宮市市民活動支援センター

●利用者数:  81人
●作業室利用:  4組 8人
●会議室利用:  5組 61人
●新規団体登録:  1件
●登録情報・コンテンツ変更・承認:  0件
●チラシ・ポスター持込:  0組
●ほか: 

★新しい補助金や助成金情報はこちらをご覧ください。
http://138cc-s.sblo.jp/
posted by iCASC at 17:22| レポート

市民と企業の協働フェスタ終了後、代表の日置さんにインタビュー

H28年度訪問事業No.157
訪問先 市民と企業の協働フェスタ(場所)市民活動支援センター 代表インタビュー
2017年6月21日(水曜日)センター担当:安田

市民と企業の協働フェスタ開催後、代表の日置さんにお話しを伺いました。

■今年は、企業・NPO・学校・行政など31団体が参加

 「福祉・医療・介護〜楽しみながら学ぼう〜」をテーマに、企業との協働事例に関する講演、福祉バザー、体験や遊びのコーナー、クイズラリー、ランドセルプロジェクト、パネル展示、ステージでの活動発表などを行ないました。
 シビックテラスで開催した、体験や遊びのコーナーなどはこの日に向けて材料の準備や当日の指導など、多くのボランティアの方々にご協力いただきました。ランドセルプロジェクトでは、協働商品や小物手づくり、遊びのエリアなどの収益や、チャリティーエリアでの寄付金をいただき、2017年12月に児童養護施設へ寄贈する予定でいます。
 今年のステージは、特色ある団体が多数出演し、年々充実してきました。初参加の「フォークダンスひまわり」が出演した際は、メンバー30名に来場者やスタッフなどが加わり、総勢70名近くがフォークダンスを踊りました。イベントのラストが大変盛り上がったのでよかったと思います。

2017-06-17 15.25.43-1.jpg

■次年度に向けての課題
 市民活動支援センター内会議室に設置したパネル展示への人の流れが少なかったので、誘導する仕組みを考えたいです。また、クイズラリーで解答用紙が見づらいなどのご意見があったので対応したいです。
 今年は2000枚のチラシを配りました。会場に300名近くの方が来場されましたが、関係者を差し引きしても一般の来場者が少ない気がしています。今後は一般の方々も気軽に、また再び来場いただけるようPRの仕方を工夫していきたいです。

2017-06-17 12.25.02.jpg

■来年度の開催予定は2018年6月9日(土)です。
 現状を維持しつつ、更に内容を充実させ、出展のメリットがあるよう参加・協力団体にご提案いただきたいと思っています。
 市民活動支援センターのフリースペースで行った脳年齢テストでは、病院関係者の前向きなお話もいただきました。今後、医師会や医療関係者などとご協力も考えています。
地域に住んでいる元気な方々を巻き込みながら、社会貢献の啓発活動をし、メッセージを発信しつづけ、来年につなげていきたいです。

2017-06-17 14.11.55.jpg

posted by iCASC at 14:44| インタビュー(訪問事業)

「市民と企業の協働フェスタ」が開催されました!

H28年度訪問事業No.156
訪問先 市民と企業の協働フェスタ(場所)シビックテラス
2017年6月17日(土曜日)センター担当:安田

■第6回市民と企業の協働フェスタ in 一宮
 2017年6月17日土曜日、「第6回 2017市民と企業の協働フェスタ in 一宮」が開催されました。
早朝から、NPO法人ボランティアグループリーダーの会のメンバーを中心としたボランティアの皆さんなどが会場を設営されました。

IMG_5562.JPG

 午前10時45分から主催者代表の日置さんのあいさつでスタート。シビックテラスの会場では、昔懐かしい遊び、福祉バザー、クイズラリー、体験コーナー、ランドセルプロジェクトがおこなわれました。
 ステージでは、地域活動支援センターきらり・ちどり会・音の輪会・RainbowLand9・フォークダンスひまわりによる演奏や踊りの活動発表がありました。

IMG_5549.JPG

 また、市民活動支援センターの会議室では、一宮市高年福祉課、株式会社モリトー、ちどり会などのパネル展示があり、訪れた方が熱心に読んでいらっしゃいました。

IMG_5552.JPG
posted by iCASC at 14:37| インタビュー(訪問事業)

一宮市内の家具固定訪問にお伺いしました!(一宮防災ボランティアネットワーク訪問)

H29年度訪問事業No.155
訪問先 一宮防災ボランティアネットワーク(場所)一宮市大和町 家具固定訪問
2017年6月7日(水曜日)センター担当:安田

■家具転倒防止支援事業として一宮市内のお宅へお伺いしました。
 一宮防災ボランティアネットワーク代表の伊藤さんに同行し、一宮市内在住の方から依頼があった家具固定作業を体験および実施しました。
 事前に伊藤さんがお伺いし、壁面へ取り付ける木枠などの採寸は既に済んでいましたので、早速取り付け準備にかかりました。
 まずは壁面のチェックをし、梁のしっかり通った場所を探します。釘が打てる場所を確認し、木枠を取り付け。木枠と家具とをL字金具で釘打ちしました。釘を真っ直ぐに打つことも難しいですが、電動工具が重たく、かつ不慣れでしたので、非常に難しかったです。また、家具の扉の開閉防止器具の耐震ロックも取り付けました。家具の転倒だけでなく、地震の揺れで扉が開いてしまうことがあるので、家具内の食器が飛び出すことを防ぎ、怪我などから身を守ることができます。

IMG_5317.JPG

IMG_5325.JPG

■冷蔵庫の転倒防止も実施。
 ワイヤーで冷蔵庫と壁を固定しました。冷蔵庫の裏面には必ず固定できる場所があります。大きなものが倒れることで時に凶器になります。

IMG_5310.JPG

IMG_5313.JPG

■家具転倒防止支援事業は一宮市市民活動支援制度へ申請しています。
 一般家庭(一宮市内)の地震対策のお手伝いをしています。家具固定や冷蔵庫の固定など、取り付け工事費は無料(金具代有料)でおこなっています。特に、高齢者世帯や一人暮らしの女性など、大工仕事が困難な場合には一宮防災ボランティアネットワーク(連絡先:伊藤090-4794-8863)へご相談いただくことをおすすめします。
地震が起きた際、家具の転倒によるケガや下敷きになる可能性があることや、逃げ道を塞ぎ逃げ遅れる原因にもなりかねません。未然に防ぐためにも、今一度、お住いの環境をご確認ください。

■講習会や家具固定の実施を体験して・・
 9月1日は防災の日です。大正12年(1923年)9月1日に発生した関東大震災から、災害に対処する心構えを準備するためとして制定されました。また、9月1日の「防災の日」を含む1週間(8月30日から9月5日まで)が「防災週間」と定められています。
 近年は、東日本大震災、熊本地震、記録的な豪雨などで日本国内の災害が絶えません。幸いにして、一宮市内は災害が少ない方ですが、防災・減災に関して、自主的にご準備をいただければと思います。(安田)

IMG_5335.JPG
posted by iCASC at 14:24| インタビュー(訪問事業)

家具固定講習会に参加しました!(一宮防災ボランティアネットワーク訪問)

H29年度訪問事業No.154
訪問先 一宮防災ボランティアネットワーク(場所)一宮消防署 家具固定講習会
2017年5月28日(日曜日)センター担当:安田

■一宮防災ボランティアネットワークの活動
 東日本大震災、阪神淡路大震災、熊本地震など大災害が発生しており、この一宮市でも南海トラフ地震や濃尾地震並みの地震が発生すると大被害が生じる恐れがあります。
 一宮防災ボランティアネットワークは、あいち防災リーダー会いちのみや・一宮防災VCネット・尾西防災ボランティアサークルの会が加入しています。
 この3団体が連携し、市民に対して、防災・減災に関心をもってもらい、地震や風水害に対し十分な備えをしてもらうことで被害を極力小さくなるよう、啓発活動を実施しています。
 活動内容は、一宮市や社会福祉協議会の防災窓口と定期的に協議をし、一宮市防災ボランティアコーディネーター養成講座、一宮市自主防災リーダー研修会、総合防災訓練や福祉とボランティア活動展、連区防災訓練・町内会防災訓練、小中高校への防災減災活動、家具転倒防止などの支援をしています。

■家具固定講習会に参加しました。
 地震により、ガラスが割れて飛散したり、家具が倒れたりして、怪我をするケースが多々あります。
あいち防災リーダー会いちのみやでは、随時に家具固定講習会を開き、メンバーが勉強する機会を設けています。

IMG_5058.JPG

 この講習会では、家具に固定金具を取り付ける際の壁面のチェック、道具の使い方や金具の種類など、またガラス飛散防止シートの貼り方などの講習を受けました。

IMG_5076.JPG

 家具転倒防止支援事業は、一宮市市民活動支援制度に申請していることもあり、メンバーが一般家庭(一宮市内)へ出向き対応。取り付け工事費は無料(金具代有料)で地震対策のお手伝いをしています。

IMG_5083.JPG
posted by iCASC at 14:12| インタビュー(訪問事業)

丹陽防犯パトロール隊(2013年〜2017年)の活動

H28年度訪問事業No.151
訪問先:丹陽防犯パトロール隊(場所)伝法寺本郷公民館
2017年6月3日(土曜日)センター担当:安田

 丹陽防犯パトロール隊の橋本隊長より、6月3日(土)パトロールカーの出発式があるとのことで取材依頼がありお伺いしました。
 訪問は、2013年10月に夜間見回りと昼間見守りの現場へはじめてお伺いし、2回目は2015年12月地元スーパーで防犯啓発用品の配布活動へ。2017年6月は3回目の訪問となりました。
 今回は日本財団の青パト助成によって購入したパトロールカーを導入ということで、助成金を活用した団体の更なるステップを拝見することができました。

IMG_5139.JPG

 以前インタビューで「子どもたちが元気に挨拶をしてくれたらいいな」とお話されていたので、今回の出発式で代表の子どもさんが「パトロール隊のみなさんいつもありがとう」と最後に挨拶をする場面ではとても感動いたしました。子どもたちの言葉が活動の源になるのではないでしょうか。
 丹陽町内は一宮インターもあるため犯罪被害が多く、一宮市内ワースト1位だったそうですが昨年は2位へ。ご尽力された結果が地域の安全へとつながりました。しかし今年は再びワースト1位になったそうで、安心安全な地域にするために一生懸命活動されています。

IMG_5172.JPG
posted by iCASC at 13:47| インタビュー(訪問事業)

【会議室予約キャンセル情報】10月18日(水)午前(B会議室)

以下の日時で会議室予約がキャンセルになりました。利用可能です。

【会議室予約キャンセル情報】10月18日(水)午前(B会議室)

予約状況の詳細はコチラから
https://goo.gl/aQEMQq

仮予約は電話にて受け付けます。仮予約から1週間内にセンターにて本予約への切替登録が必要です。
posted by iCASC at 09:57| 会議室予約キャンセル情報