2017年07月21日

(登録団体からのお知らせ)【子供参加者募集】 伝統装束に身を包み舞を舞いませんか?【旭雅楽会】

一宮市市民活動支援センター登録団体の情報です。
------------------------------------------------------------------------

【子供参加者募集】 伝統装束に身を包み舞を舞いませんか?

文化庁委託事業 平成29年度 伝統文化親子教室事業の生徒を募集しております。

短期間の教室で舞を習い、11月23日(木曜祝日)に一宮市民会館の大ホールで行われる雅楽フェスティバルで雅楽の舞台の上で舞を披露します。

募集対象 小学生3年生〜中学3年生(男女問わず)
参加費  無料(足袋だけ準備願います)
8月1日(火) 17時30分より尾張猿田彦神社でガイダンスを行います。

定員は10名程度です。まだ空きがありますので興味のある方はご連絡ください。

お問い合わせは
---------------------------------
特定非営利活動法人 旭雅楽会
事務局  岩田 法智華
一宮市奥町字風田66−3
TEL 0586-64-9963 FAX 0586-64-9748
info@ asahi-gagakukai.net
---------------------------------

20170721113012n0oR1.jpg

20170721113012n0oR12.jpg
posted by iCASC at 14:19| 団体イベント情報

一宮七夕まつりの準備がはじまりました! 2017/7/21(金)1523日目

今朝、出勤するとシビックテラスに段ボールがズラリ・・・

中から七夕飾りが続々と出現!

いよいよ来週ですね。お天気よくなりますように!

P_20170721_110919.jpg


(スタッフ 安田・草田)

本日の一宮市市民活動支援センター

●利用者数:  41人
●作業室利用:  2組 2人
●会議室利用:  4組 28人
●相談事業: アドバイザー コミュネット江南 0組 0人
●新規団体登録:  0件
●登録情報・コンテンツ変更・承認:  7件
●チラシ・ポスター持込:  0組
●ほか: 

★新しい補助金や助成金情報はこちらをご覧ください。
http://138cc-s.sblo.jp/
posted by iCASC at 14:10| レポート

「コスモ会」訪問しました!!

H29年度訪問事業No.153
訪問先 コスモ会(廣瀬慶子代表インタビュー)
場所 一宮市民活動支援センター会議室
2017年6月2日(金曜日)訪問第2回 センター担当:村上

■コスモ会とは
 刺繍講習会を通して前向きに楽しい社会を目指したいと思っています。年齢を重ねて精神的にも弱くなってきますが、健康のためにも人の集まり、人との交流を大切に社会の役に立つことを目的に活動しています。

■活動内容
 毎月2回、金曜日の午後に市民活動支援センターの会議室を利用して、皆さんで刺繍をしています。参加費は1000円です。材料は個人で準備をお願いしています。

■最近の活動の様子を教えてください
 1年に1回、松坂屋や高島屋で開催される作品展に向けて、皆さんで頑張って作品を作っています。刺繍をしながら、好きな事などを話して楽しく活動しています。

■今後の活動予定や皆さんにお知らせしたいこと
 皆さんと元気に前向きに頑張って活動していきます。

■一宮市市民活動支援センターに対するご意見やご要望
 市民活動支援センターは、皆さんとの出会いと交流の場所になっています。会議室も使いやすく最高の場所です。感謝しています。

■取材をして
 代表の廣瀬慶子さんは、一宮中日文化センターで44年間講師をされていました。
今でも先生を慕って、県外から参加される方もいます。
 刺繍の糸は、種類が300種類もあり驚きました。糸を見ているだけで楽しくなり気持ちがワクワクしました。糸の本数で作品に強弱をつけ、作品を仕上げていくそうです。皆さんの作品はすごく素敵に仕上がっていました。
 コスモ会の皆さんが頑張って制作された作品を皆さんに見て頂けたら良いと思いました。

団体の皆さんです。
左前から二番目が廣瀬慶子さんです。
2017-06-02 13.06.26.jpg

制作中の作品
2017-06-02 13.17.25.jpg

制作で使う糸です。
2017-06-04 12.03.39-9.jpg

posted by iCASC at 13:51| インタビュー(訪問事業)

(登録団体からのお知らせ)【参加者募集】毎週木曜日【望鈴〜Misuzu〜書道教室】【つくる。】

一宮市市民活動支援センター登録団体の情報です。
------------------------------------------------------------------------

【参加者募集】毎週木曜日【望鈴〜Misuzu〜書道教室】

毛筆から硬筆まで生徒さんの経験に合わせて楽しく学べます♪
東京書道教育会に登録されると月例コンクールに出品できます。

《日時》毎週木曜日13:00〜15:00 ※都合により変更あり
《会場》つくる。母屋
《受講料》入会金一律1,000円
 月4回 大人クラス 4,000/月(材料費別途必要)
《持ち物》書道道具一式
講師 東京書道教育会正師範 石井優子(いしいゆうこ)
【ご予約・お問い合わせ】
  090-5850-0467(石井まで)

*****イベント・モノつくりのレンタルスペース*****
つくる。
〒493-0001 愛知県一宮市木曽川町黒田字宝光寺5-2
Tsukuru.
〒 493-0001 Aichi Prefecture Ichinomiya City Kisogawa cho Kuroda 5-2
TEL 0586-82-6582
FAX 0586-82-6583
mail@tsukuru-ichinomiya.com
facebook [つくる。] で検索
twitter [tsukuru138] で検索
***************************************

201707201707101tT91.jpg
posted by iCASC at 09:58| 団体イベント情報

(登録団体からのお知らせ)腹黒探偵-Dirty Detective-【IMITATION】を遂に公開!!【Default Emotion】

一宮市市民活動支援センター登録団体の情報です。
------------------------------------------------------------------------

腹黒探偵-Dirty Detective-【IMITATION】を遂に公開!!

Default Emotion初のブランドタイトル【腹黒探偵】が2017年6月30日0時00分に遂に公開!!

一宮市出身である俳優の一成を主演に
000話となるIMITATIONでは全て一宮市をロケーションに撮影!!

プロの制作会社を交えて空撮などを行い、
一宮を代表するお店・企業などの協力の下、完成いたしました。

現在ではメイキングなどの公開もされており、
次回作と別番組などの打ち合わせ・撮影も順調に行っており、
随時、コンテンツを追加していきますので、
楽しんで頂けたら幸いです。

主催:【Default Emotion】

201707201712217qC41.png
posted by iCASC at 09:51| 団体情報

FMいちのみや「いちのみやの輪」 第225回 ラブたな〜七夕まつりを愛する志民の会

FMいちのみや「いちのみやの輪」第225回

i-wave  モーニングアイ
今朝のFMいちのみや「いちのみやの輪」第225回は、
「ラブたな〜七夕まつりを愛する志民の会」の星野さんが出演されました。

2017-07-21-08.49.21_16w.jpg

2017-07-21-08.49.15_16w.jpg

(木全)

-----------------------------------------
「いちのみやの輪」は、FMいちのみや・一宮市市民活動支援センター・社会福祉協議会のコラボ企画。
ナビゲーター長谷雄蓮華さんが、市民活動団体にインタビューする番組です。
毎週金曜日の朝8時半から生放送です。
posted by iCASC at 00:00| FM-i 「いちのみやの輪」

2017年07月20日

オープンカフェが出現しました 2017/7/20(木)1522日目

本日は日差しも強く、とても暑い一日でした。

P_20170720_170638.jpg
シビックテラスではお向かいのICHIMOの前にオープンカフェのような椅子と机の準備をされていました。
通勤路にも七夕の飾りがあちらこちらに見られ、お祭り気分になってきました。
センターたなばたの準備もだんだん進んでいます。

☆29日、30日のセンターたなばたまであと9日です!

(スタッフ 木全)

本日の一宮市市民活動支援センター

●利用者数:  33人
●作業室利用:  2組 2人
●会議室利用:  2組 22人
●新規団体登録:  0件
●登録情報・コンテンツ変更・承認:  2件
●チラシ・ポスター持込:  0組
●ほか: 

★新しい補助金や助成金情報はこちらをご覧ください。
http://138cc-s.sblo.jp/
posted by iCASC at 17:18| レポート

「ゆりかご会」代表の棚橋さんにインタビューをしました!

H29年度訪問事業No.149
訪問先 ゆりかご会(棚橋代表インタビュー)
2017年5月25日(木曜日)訪問第2回 センター担当:安田

■ゆりかご会・代表の棚橋さんにインタビュー
 障害者・高齢者など、経済的に非常に困難かつ他の公的サービス等が受けられない方に限り、通院・所用などボランティアの自家用車で無償、無報酬のボランティア送迎し外出支援をしています。
 利用者本人や社会福祉協議会、居宅介護支援事業所、包括支援センター、障害者支援センターなどの問い合わせや依頼があり、利用者の身体や経済的状況、送迎内容などを伺い、送迎の実施は話し合いで決めています。なお、初回の送迎は様々な点を確認するため、代表が日々の送迎の他に行っています。
 経済的に余裕のない方々を対象としているため、人件費をかけずに最小限の経費で会を運営しています。主に平日朝8時から夕方6時くらいまでの活動となりますので、ボランティア運転手さんは比較的時間に余裕のある定年退職された方々です。
 ガソリン代の実費補償はしていますが、自家用車を利用しているので諸経費などはかかってしまいます。しかし、ボランティアの方々は「困っている方の役に立っている」と生きがいを持って活動されており、その協力に日々感謝しています。
 平成28年度の実績は、メンバー7人で年間延べ回数789回、総走行距離は16,947kmでした。

IMG_5017.JPG

■活動していく上での課題や困っていること
 送迎スケジュールの管理や、会の経理、運営などは代表が行っており、スケジュールが重なり、送迎担当者のやりくりが大変な時もあります。
 経理や支援制度の申請など書類作成などで時間をとられることはありますが、市民活動支援制度交付金で活動資金が助かっています。

■一宮市市民活動支援センターに対するご意見やご要望
 送迎の待ち時間が、1時間以内だと一旦家に帰らず、この時間に市民活動支援センターへ立ち寄ることがしばしばあります。安全運転に神経を集中していますので、スタッフの方と団体活動に関してや、他愛ない話をすることで緊張がほぐれ、とてもリラックスしてリフレッシュできています。

■棚橋さんよりメッセージ
 病院に向かっているときは、後部座席の利用者さんとはあまり話をしません。利用者さんが今日の診療のことが気になり、緊張しているはずですから。帰り道には診療を終え、ほっとした利用者さんから話かけられます。その時は、話を合わせ聞き役に回ります。自宅までお送りした後の帰り道に味わう心地よい安堵感が我々ボランティアへのご褒美です。

IMG_4895.JPG

posted by iCASC at 15:48| インタビュー(訪問事業)

「ゆりかご会」利用者さんの送迎に同行させていただきました!

H29年度訪問事業No.147
訪問先 ゆりかご会(利用者送迎の同行)
2017年5月16日(火曜日)訪問第1回 センター担当:安田

■ゆりかご会
高齢者や障害者の方々の通院や所用などの外出を、ボランティアさんの自家用車で無料、無報酬で送迎をしています。

■利用者さんの送迎に同行しました。
 2017年5月16日(火)、ゆりかご会の棚橋さんが利用者さんを自宅から病院まで送り終了するまでの待機時間に、市民活動支援センターを立ち寄られました。

 「今日は一宮市内在住の利用者さんとその立会いの社会福祉協議会ヘルパーさんを病院送迎するため、診察とお薬の受け取りが終了するまで待機している。」とのこと。
以前から訪問インタビューをと思っていましたので、「急なお願いですが同行は可能でしょうか?」とお聞きしたところ、快く承諾いただいたので急遽同行させていただきました。

IMG_4893.JPG
 
 棚橋さんの自家用車で送迎の現場へ向かうと、調剤薬局の外で利用者さんが待っておられました。棚橋さんは乗り込む利用者さんと通所介助のヘルパーさんにドアを開けて丁寧にドアを閉めます。優しい運転や後部座席の会話を妨げないリラックスできるBGM選びなど様々な気遣いが感じられました。
 この利用者さんの場合は、自宅から病院、薬局を片道20分、4週間に一度のペースで約8年前から往復送迎をされているそうです。

 長時間の待機や運転に気を使う雪の日や雨の日など大変なこともあるそうですが、経済的に困難な方や公的サービス等が受けられない方が利用されており喜んでいただいているとのこと。お役に立てることにやりがいがあるとおっしゃっていました。
 送迎ボランティアさんの協力なしでは継続できないので、仲間のボランティアさんにいつも感謝しているとのことでした。

IMG_4894.JPG

※こちらの写真は利用者さんに気付かれないよう遠くから撮影させていただいております。
posted by iCASC at 15:39| インタビュー(訪問事業)

笑音楽座「アルミ缶コンサート第10弾」にお伺いしました!

H29年度訪問事業No.152
笑音楽座「アルミ缶コンサート第10弾」
2017年6月4日(日曜日)センター担当:安田

■笑音楽座
身体にハンディキャップを持つ人たちに豊かな心を育む機会を提供するため「音楽は万国共通」「音楽に国境はない」といわれる演奏会を開催。
子どもからお年寄り、障がいの有無に関わらず、様々な人と交わりふれ合うことにより、思いやりの心や豊かな感性を育み、障がい児・者と健常者との出会いの場にもなっています。

■2017年6月4日(日)アルミ缶コンサートへ訪問しました。
一宮市内で年1回、観客と演奏者が一緒に音楽を体感できるコンサートを開催しています。
第10弾となる今年は、生演奏と朗読や紙芝居を融合した「たっちゃんの音楽紙芝居」を開催。たっちゃんの軽快でたのしい朗読や紙芝居に、巧妙な生音演奏が加わり、目と耳で楽しめるコンサートでした。
中でも、会場から選ばれた女の子が、怒る・泣く・笑うなどの表情が描かれた用紙をたっちゃんから手渡され、彼女が選び掲げた用紙に合わせて朗読と演奏をするというコーナーがありました。この場面で大人も子どもも大笑いで会場が沸いていたのが印象的です。
過去7回目と9回目にイベントへ訪問させていただきましたが、年々コンサートへ訪れる方が増えているように感じられます。今年は席が足りず一部立ち見も・・・急遽スタッフの方が追加された席も埋まり満席でした。

IMG_5229.JPG

IMG_5241.JPG


■今年は10周年
10年間にわたるコンサートのチラシも飾られ、アルミ缶コンサートのチラシで歴史も感じられました。
来場者の方へ「もう一度見たい聴きたいアンケート」などもおこなっていました。

IMG_5211.JPG

IMG_5207.JPG

■活動資金はアルミ缶と支援制度
どなたでも参加できるように、アルミの空き缶を入場料としています。みなさんから集まったアルミ缶は大切な活動資金となり、アルミ缶を集めていただけるボランティアさんも随時募集しています。
また、このアルミ缶コンサートは、1%支援制度事業に申請しており、更にこの制度を知っていただくために、今年は地域ふれあい課川合さんによる説明会もありました。

IMG_5208.JPG

IMG_5214.JPG
posted by iCASC at 15:05| インタビュー(訪問事業)

(登録団体からのお知らせ)朗読会のお知らせ【NPO法人一宮まごころ手作り紙芝居の会 クローバーズ】

一宮市市民活動支援センター登録団体の情報です。
------------------------------------------------------------------------

10月22日(日)午後13:30〜15:30

市民活動支援センター会議室にて、いのちをテーマにした詩やエッセーなどの作品を朗読します。
自作・他作に関わらず、参加者を募集中です。
10月10日までに代表者までご連絡下さい。

お問い合せ:
手作り紙芝居の会 クローバーズ
0586-51-3649 (堀部)
posted by iCASC at 13:12| 団体イベント情報

(登録団体からのお知らせ)かもめクラブ7月活動報告【かもめクラブ】

一宮市市民活動支援センター登録団体のイベント情報です。
------------------------------------------------------------------------
かもめクラブ7月活動報告
201707200957142nC11.jpg

201707200957142nC112.jpg
7月6日に第3回目のかもめクラブがありました。
暑い中、15組の親子が遊びに来てくれました。

今日は水遊び、ということで、みなさん荷物が大きい!!!がんばって来てくれたんですねー。

かもめ保育園の在園児がプールで遊んでいるあいだは、お部屋でいつもの手遊び歌、体操、絵本を楽しみ、さて、プールへいくぞー!と着替えおわった子どもたちのかわいい姿!!

保育園の先生たちが用意してくださったたくさんのビニールプールにおそるおそる入るちっちゃな子たち。ちゃぽん、とお尻をつけて、ペットボトルでコップにジャー!っとジュース屋さんしたり、ボールすくいしたり、バシャバシャ水しぶきをあげたり、みんな思い思いに楽しんでいました
posted by iCASC at 10:07| 団体情報