2017年03月23日

(登録団体からのお知らせ)JICAボランティア者募集「体験談&説明会」【JICA中部】

一宮市市民活動支援センター登録団体のイベント情報です。
------------------------------------------------------------------------

☆きっとあなたも輝ける☆
JICAボランティア者募集「体験談&説明会」
一宮市から世界へ!!

主催:JICA中部

一宮市出身のJICAボランティア経験者から体験談が聞けます。
JICAボランティアに興味はあるけれど、どんな活動をしているのかわからない。
今すぐいけないけどいつか行きたい。
現地での生活は?どんなささいなことでも経験者がお答えします。
お気軽に皆さんの参加をお待ちしております。

参加費無料、予約不要、入退場自由

◆日時:2017年4月2日(日)14:00〜16:00(13:30開場)
◆場所:一宮市立中央図書館6階多目的室
〒491-0858 愛知県一宮市栄3丁目1番2号i-ビル(尾張一宮駅前ビル)内

【お問合せ】
JICA中部愛知県デスク tel.052-961-7904 fax.052-961-8045 jicadpd-desk-aichiken@jica.go.jp
一宮市国際交流協会事務局 tel.0586-85-7076 fax.0586-73-9213 kokusai@city.ichinomiya.lg.jp

CCF20170323_0001.jpg
posted by iCASC at 16:00| 団体イベント情報

(登録団体からのお知らせ)一宮から世界へ!世界できらきら輝くJICAボランティア写真展【JICA中部】

一宮市市民活動支援センター登録団体のイベント情報です。
------------------------------------------------------------------------

一宮から世界へ!世界できらきら輝くJICAボランティア写真展
主催:JICA中部
共催:一宮市立中央図書館、一宮市国際交流協会

日時:2017年3月23日(木)〜4月4日(火)
会場:一宮市立中央図書館6階 多目的室2

4月2日(日曜)に同図書館で開催されるJICAボランティア春募集「体験談&説明会」の連動イベントとして、一宮市から世界で活躍してきたJICAボランティアの写真展を3月23日から4月4日まで一宮市立中央図書館6階多目的室2で開催します。一宮市出身の隊員の写真も含め、JICAボランティアが家族のように大切にしている現地の人々と撮影した写真を、元気と一緒にみなさまにお届けします。
また、「人生を変えた1冊の本」と題し、図書館所蔵資料から一宮市出身のJICAボランティアが推薦する書籍を並べて展示します。みなさまのお越しをお待ちしております。

対象:一般市民
定員:なし
入場料・参加費等:なし

お問い合わせ:
愛知県国際協力推進員
担当者:近藤保子
電話番号:052-961-7904
ファックス:052-961-8045
Eメール:aichiken-desk_kondou@friends.jica.go.jp

CCF20170323.jpg
posted by iCASC at 15:45| 団体イベント情報

(登録団体からのお知らせ)つくる。陶芸教室【つくる。】

一宮市市民活動支援センター登録団体のイベント情報です。
------------------------------------------------------------------------

つくる。陶芸教室
主催:つくる。

content_image.php.jpg

日時:4月1日(土)9:30〜12:00
締切日:先着順
会場:つくる。
定員:8名ほど(予約制)
対象者:関心のある方
申込方法:馬場先生へ直接お申し込み下さい。
費用:1回3,000円(材料・焼成費込)

陶芸はやってみたいけど…とお考えの方!
自分のペースで気軽に作陶を楽しめる陶芸教室です。
お子様でも、初めての方でも楽しめます。
食器、花器、置物などお好きなものを1〜2点作ります。
時間内に成形できるようにお手伝いさせていただきます。
作陶後にはティータイム☆
出来上がった作品を見せ合ったり、楽しくおしゃべりしましょう♪

※作品のお渡しは約1ヶ月後になります。

☆お問い合わせが多かったので、お子様料金を設定させていただきました。
いずれの場合もお子様ひとりひとりにお席を設けますので、ゆったりのびのびと作陶して頂けます。

《3歳以下》親子で4,000円
親子でのご参加に限ります。親子で一人分の粘土をシェアして頂きます。

《幼児》ひとり2,500円
粘土量を調整しています。
大きなもの、2個目の作品を作りたい場合は粘土追加料金派生します。

《小学生以上》ひとり3,000円
粘土量は大人と同じ!
頑張って作陶してくださいね。
もちろんお手伝いしますので安心してね。

******************************************
指先を使って粘土をこねると脳に刺激が伝わります。
ストレスやイライラは粘土が吸収してくれます。
陶芸は心もからだも癒されます
******************************************

問い合わせ先 【お問い合わせ】
090-1470-5645 陶芸療法士 馬場まで

関連URL http://ameblo.jp/sorairo-knubou/

content_image.mzpphp.jpg
posted by iCASC at 15:36| 団体イベント情報

支援制度審査会がありました 2017/3/23(木)1407日め

本日はセンターで支援制度審査会がありました。
サポートちたの岡本さんも久しぶりに来館されたので
地域ふれあい課の川合さんと記念撮影をさせてもらいました。

image1-(6).jpg

(スタッフ 木全保枝)

本日の一宮市市民活動支援センター

●利用者数: 79人
●作業室利用:  5組 8人
●会議室利用:  4組 47人
●新規団体登録: 1件
●登録情報・コンテンツ変更・承認:  3件
●チラシ・ポスター持込:  2組
●ほか: 

★新しい補助金や助成金情報はこちらをご覧ください。
http://138cc-s.sblo.jp/
posted by iCASC at 15:34| レポート

(登録団体からのお知らせ)竹細工を楽しもう♪ 〜真竹の花籠(四海波)づくり〜【つくる。】

一宮市市民活動支援センター登録団体のイベント情報です。
------------------------------------------------------------------------

竹細工を楽しもう♪ 〜真竹の花籠(四海波)づくり〜
主催:つくる。

content_image.php.jpg

日時:2017/05/13 (土)10:00〜12:00
定員:4名(先着順)
対象者:中学生以上 
申込方法:事前にメールで予約
費用:3,000円(材料費含む)

真竹のヒゴで花籠(四海波)をつくります。
材料のヒゴや道具は用意しますので、編むだけです。

《お申し込み》
氏名、年齢、参加人数 を下記アドレスまでメールにてお申込みください。
E-mail : mstakito@gmail.com (担当:鬼頭)
持ち物や注意事項は参加される方に改めてお知らせします。

グリーンウッドワーク協会ブログ http://greenwoodwork.blog112.fc2.com/

content_image.mzpphp.jpg
posted by iCASC at 14:37| 団体イベント情報

(登録団体からのお知らせ)NPO 議会・街おこし委員会からのお知らせ

一宮市市民活動支援センター登録団体の情報です。
------------------------------------------------------------------------

NPO 議会・街おこし委員会

CCF20170323-00.jpg

CCF20170323-2.jpg
posted by iCASC at 13:55| 団体情報

【会議室予約キャンセル情報】4月11日(火曜日)午後(小会議室)

以下の日時で会議室予約がキャンセルになりました。利用可能です。

4月11日(金)午後(小会議室)

予約状況の詳細はコチラから
https://goo.gl/aQEMQq

仮予約は電話にて受け付けます。仮予約から1週間内にセンターにて本予約への切替登録が必要です。
posted by iCASC at 13:44| 会議室予約キャンセル情報

NPO法人社会復帰支援アウトリーチを訪問しました!

H28年度訪問事業No.140
訪問先 NPO法人社会復帰支援アウトリーチ(場所)一宮市市民活動支援センター会議室
2017年2月2日(木曜日)訪問第1回 センター担当:木全

■NPO法人社会復帰支援アウトリーチとは
「引きこもりから在宅ワーカーへ」
長期間仕事をしていない方、社会とのつながりが少ない方のご自宅にうかがって、ご家族と一緒にご本人が活かされる役割を見つけていきます。

ご家族の不安や不満、さらには将来設計などを家族の一員のように一緒に取り組んでいきます。
ご本人には「役に立てた」という思い、「家族に迷惑をかけたくない」という思いを尊重するため、在宅でもできる仕事を提案し、請け負っていただきます。
仕事をすることで、収入だけではなく、自尊心・自信・存在価値などを得ることができます。

NPO法人社会復帰支援アウトリーチ
----------------------------------------------
http://outreach-npo.org/
office@outreach-npo.org

■活動のきっかけ
代表・林さんのお子さんである学生時代に不登校だった長男と鬱病の二男は、就職してもがんばりすぎてしまい、具合が悪くなり動けなくなってしまうということを繰り返されているそうです。
アウトリーチとしての活動は、このようなご自身の家庭にある問題を解決する手法として開始されました。
------------------------
困難を抱えた状態で就労支援窓口へ行くのは敷居が高いが、不定期になら活動できる日もあるという状態を見て、外にも出られない孤立した環境にある方のところへ訪問して解決方法を一緒に探すという活動の必要性を感じました。

実際、お金を稼ぐ体験をして安心感がわくと、次の段階のことを考えられるようになりますし、自分の特技を活かした仕事をして動くことで、体を丈夫にし、生活リズムを整えられるというメリットもあります。

いよいよ社会復帰のための就職活動ができるようになっても、空白期間があると不利になることが多く感じてしまい自信を持って伝えられません。そこで履歴書に書くことができるような活動をして空白期間に対しても不安なく臨めるようにしたいと考えています。

■最近の活動のようす
現在、12名の方がアウトリーチからの在宅ワークや1人でできる仕事を始めています。
講師としては女性2名が参加しており、就職支援に関連したコミュニケーション講座やメイク講座などを開催しています。

在宅ワークの内容は、靴磨き、裁縫、ウイッグ(カツラ)の修理など。
自分のペースでできる、または在宅でできる仕事を請け負い、適性をみてやってもらっています。

また企業にて、ひきこもり・うつ病予備軍に向けたストレスケアの活動も行っています。

■困っていること
事務スタッフが不足していることです。
現在はほとんどのことを代表自ら行っている状況で大変忙しいです。

■今後の活動予定
ひきこもり支援をネットワーク化していきたいです。
その一環として29年度は「おしごと相談会」を定期的に開催していきます。

アウトリーチはその名の通り訪問をするため、同時に家や親の様子を把握できるという利点もありますが、例えば、高齢者の訪問介護をしている人に聞くと、ひきこもりの情報を持っていることが多いです。
家庭内暴力が長く続くと高齢者虐待と名称を変えて発見されるなど、同じ家庭に複数問題を抱えているのです。こういった際に、同時ケアの必要性を感じます。

■センターに対するご意見や要望
※アウトリーチさんはセンター事務室をご利用いただいています。

貸事務所としては17:00閉館は早いと思いますが、場所としては名古屋からも来やすく良い立地だと思います。
また、様々な団体が利用のため出入りするので、情報が入りやすく気軽な出会いがあります。
マッチングやネットワーク化を進め、サポートを充実する必要があると感じるので、そのためにはとてもいい場所。
これまでに、びわの会、もやい、ループ、ピンクリボンヨガなど、活動を手助けし合える可能性を感じる団体との交流がうまれています。

image1-(6).jpg

20170202_061710287_iOS.jpg
posted by iCASC at 12:05| インタビュー(訪問事業)

(登録団体からのお知らせ)着物のリメイク【はぴふるクラブ】

一宮市市民活動支援センター登録団体のお知らせです。
------------------------------------------------------------------------

着物のリメイク

主催:はぴふるクラブ

★たんすに眠っている着物を仕立て直しましょう
★着物の良さを活かして簡単に
★デザインは自由に

4月19日(火)PM2時〜4時
5月10日(水)PM2時〜4時
6月21日(水)PM2時〜4時

iビル3階 一宮支援センター会議室

問合せ:はぴふるクラブ 谷口 080-3621-1929

CCF20170323.jpg
posted by iCASC at 09:07| 団体イベント情報