2016年12月09日

あと3週間か… 2016/12/9(金)1314日め

2016年も残すところあと3週間…
色々と片づけ事が増えてくる時期ですね。
フリースペースもざまざまな使われ方で今日も一日終わりです。
アドバイザーの方は、月に1度ですので
「良いお年をお迎えください…」なんて
NCM_1408.JPG
ゆっくり参りましょう…。
(スタッフ 川野尋文)

本日の一宮市市民活動支援センター

●利用者数:  109人
●作業室利用:  4組 7人
●会議室利用:  7組 77人
●相談事業: アドバイザー
・山本和男アドバイザー(アスクネット)
・星野博アドバイザー(志民連いちのみや)
・コミュネット江南  2組 2人
●新規団体登録:  0件
●登録情報・コンテンツ変更・承認:  0件
●チラシ・ポスター持込:  1組
●ほか: 
●新しい補助金や助成金情報はこちらをご覧ください。
http://138cc-s.sblo.jp/
posted by iCASC at 20:54| レポート

おさんぽや ふぅのみ

おさんぽや ふぅのみ

おともだちwoつくっちゃお
12月13日(火)
クリスマスランチ〜みんなで食卓を囲もう!〜
11時〜13時
irieinity(アイりーアイ二ティー)貸切
参加対象 ねんね、ハイハイの0才児のお子様とその保護者
参加費 1500円+クリスマスランチ
申込み方法 お子様と保護者の名前(ふりがな)、生年月日、性別、簡単な住所を記入の上
tomotuku01@yahoo.co.jp までご連絡ください。

2017年1月からの“ともつく”は…
1/17  2/21  3/21 開催予定
10時15分〜11時30分
参加費 単発参加 1,200円 / 回
    3回連続 3,000円
場所 大野極楽寺公園 管理棟 会議室

CCF20161209_0002.jpg

ちきゅうをかんじるおさんぽ会

2017年1月〜3月のスケジュール
・1/24  落ち葉であそぼう
・2/28  お味噌汁をつくって食べよう
・3/28  春、芽ぶきのおさんぽ
参加対象 未就園児の親子
参加費 単発参加 1,200円/回 3回連続 3,000円(初回に集めます)
時間 10:30〜13:00(雨天時10:30〜12:00)
場所 大野極楽寺公園(雨天時 公園内管理棟内)
申込方法 お子様と保護者の名前(ふりがな)、生年月日、性別、簡単な住所を記入の上
osanpoya_fuunomi@yahoo.co.jp  までご連絡ください。
    ↑アンダーバーです。
posted by iCASC at 14:26| 団体イベント情報

FMいちのみや「いちのみやの輪」 第193回  NPO法人自立と共生をめざす会<もやい>

FMいちのみや「いちのみやの輪」 第193回

i-wave  モーニングアイ 
今朝のFMいちのみや「いちのみやの輪」第193回は、
 NPO法人自立と共生をめざす会<もやい> 三桶裕嗣さん、今伊勢診療センターデイケアオアシスのくりもとさんが出演してくださいました。
DSCN3451.JPG
もやいさんは、ひきこもり・不登校経験者・障害者等に対して福祉の増進・街づくりの推進・職業能力の開発・雇用機会の拡充に関する事業を行い、人と社会のバリアフリーに寄与することを目的とするNPO法人です。
2017年1月7日(土)・8日(日)に開催されるイベントの告知をしてくださいました。
12524105_988358484534687_4210297487631435890_n.jpg
2日間に渡り、名古屋で様々なイベントが開催されます。
詳細は、facebook:きらりの集いin名古屋 で検索してみてください。
DSCN3453.JPG
「一歩を踏み出そうとしている、踏み出したい…そう考えている方は、是非お越し下さい、私たちがいますので大丈夫です」と三桶さんは語ってくれました。


(川野尋文)
-----------------------------------------
「いちのみやの輪」は、FMいちのみや・一宮市市民活動支援センター・社会福祉協議会のコラボ企画。
ナビゲーター長谷雄蓮華さんが、市民活動団体にインタビューする番組です。
毎週金曜日の朝8時半から生放送です。
posted by iCASC at 11:03| FM-i 「いちのみやの輪」

ロッカー・メールボックス・事務室 利用団体募集

CCF20161208_0006.jpg

CCF20161208_0007.jpg

CCF20161208_0008.jpg

ロッカー・メールボックス・事務室 利用団体募集
利用を希望される方は、同封の申込書を平成29年2月28日(火)必着でお願いします!
結果は3月19日(日)までにご連絡します。  ※申込多数の場合は抽選となります。
次のいずれかの方法でお送りください。
■FAX   0586-85-7023
■郵送  〒491-0858 一宮市栄3-1-2 i-ビル3F 市民活動支援センター
■E-mail info@138cc.org ※申込書の内容を漏れなく記載してお送りください

ロッカー
用紙等を保管できるロッカー(鍵付)の貸し出しをします。
■ 利用期間
平成29年4月1日(土)〜平成30年3月31日(土)
※利用日・時間は市民活動支援センターの開館日に準じます。
■ 利用料
無料
■ 貸出数 / サイズ
ロッカー(鍵付)30個 / 高さ41cm×横30cm×奥行35cm (A4サイズ用紙可)
1. 現在利用している方で、引き続き利用を希望される方もお申し込みが必要です。
2.鍵は支援センターでお預かりします。

メールボックス
市民活動支援センターで郵便物の受け取りをするためのものです。
ただし、受領確認が必要なものは受け取ることができません。
■ 利用期間
平成29年4月1日(土)〜平成30年3月31日(土)
■ 利用料
無料
■ 貸出数 / サイズ
メールボックス(鍵付)9個 / 高さ19cm×横28cm×奥行35cm
1. 現在利用している方で、引き続き利用を希望される方もお申し込みが必要です。
2.宛先は「〒491-0858一宮市栄3-1-2 i-ビル3F 市民活動支援センター内 ○○(団体名)」です。
3.定期的にボックス内を確認してください。
4.鍵は支援センターでお預かりします。


事務室
団体の立ち上げ期を支援することを目的に、事務室をお貸しします。
■ 利用期間
平成29年4月1日(土)〜平成30年3月31日(土)
■ 設備
各部屋には、事務机1、事務椅子1、ホワイトボート1、ファイリングキャビネット1、電源コンセント2、公衆無線LANがあります。電話線はありません。
■ 郵便、駐車場
支援センター内メールボックスで郵便物の受け取りができます。
ただし、受領確認が必要なものは受け取ることができません。
駐車券の補助はありません。
■ 利用条件
・概ね週3日(1日2時間)以上利用してください。
・支援センターアドバイザーと相談しながら事業を推進してください。
■ 申込方法
同封の申込書の他、次の書類を添えてお申込みください。
・団体の定款・会則・規約等
・役員名簿(役員名・住所が記載されたもの)及び会員名簿(5名以上の会員名・住所が記載されたもの)
■ 選定方法
申込時点で団体立ち上げから3年以内の団体であって、代表者の自宅を事務所とする等、専用の事務所を持たない団体を優先します。
最初に優先基準に該当する団体で抽選を行い、事務室に空きがある場合には、その他の団体で抽選を行い、選定します。
1.備品や設備の破損等の場合、損害を賠償していただくことがあります。
2.鍵は支援センターでお預かりします。
3.NPO法人の登記上の事務所としては利用できません。
4.総利用期間は最長で3年(初年度利用団体は3年3ヶ月)です。
5.盗難・紛失その他の損害について、市は責任を負いかねます。
posted by iCASC at 10:02| ニュース

シビックスクール始めます!団体が企画運営する講座や研修を募集

CCF20161208_0009.jpg

シビックスクール始めます!
団体が企画運営する講座や研修を募集

一宮市市民活動支援センターでは、講座と交流会をあわせた「センタースクール&エクスカフェ」を毎年20コ
マ近く開催してまいりました。
 新たに2017 年度から、一宮市市民活動支援センターの登録団体の皆さんに、講座や研修の企画と運営をし
ていただく「シビックスクール&エクスカフェ」をスタートします。団体が持つスキルやノウハウを、地域へ循
環させていこうというものです。
 楽しく面白く地域にパワーをつける「シビックスクール&エクスカフェ」の企画を、どんどん提案してください。
・講座や研修、見学会など形式・方法は自由です。
・一宮市・一宮市民のため、また市民活動団体やNPO 等に有用なものを。
・主催は一宮市市民活動支援センター、運営は実施団体となります。
・3 回まで継続しての実施も可能ですし、別個の複数の企画提案も構いません。
・参加者どうしが交流する機会(エクスカフェ)も実施してください。
・センターのスタッフや一宮市企画部地域ふれあい課の職員が必要に応じて協議協力調整していきます。
実施時期:2017年6月から2018年1月までに実施し、報告書を出してください。
どこでも構いません。
実施場所:一宮市市民活動支援センター会議室に関しては、協議の上で優先的に予約ができます。
【資金・費用等】
・参加費は無料です(やむを得ない実費弁償等は除く)。
・講座運営費として1コマ3 万円を支給します(講師謝金・交通費・スタッフ人件費・備品・消耗品)。
・資料印刷代、チラシ印刷代、案内郵送代は必要分を協議の上、センターで負担します。
・保険は入っています。
【応募方法】
少しでも興味をお持ちの方は、ホームページ「シビックスクール申込フォーム」からお気軽に
企画案をご登録ください。面談や協議をして決定します。
応募期間:2017 年1月15日(日) まで。

posted by iCASC at 10:01| レポート

一宮市市民活動支援制度「広報活動」のお知らせ

CCF20161208_0010.jpg

一宮市市民活動支援制度「広報活動」のお知らせ
一宮市市民活動支援制度(1% 制度)の投票(届出)期間は1 月25 日から2 月23 日です。
以下広報活動にご参加いただきますと、全団体が掲載された冊子に、
自団体のチラシ(A4・1 枚)を挟んで配布できます。暖かい服装で、ぜひご参加ください。
知ってほしいな、私たちの活動を2017
平成 29年 1月 30日 (月 ) 〜2 月 5日(日)
午後5 時30 分〜午後7 時30 分
(搬入は午後5 時から、搬出は午後8 時まで)
場所(予定)
  尾張一宮駅前ビル(i- ビル)1 階の可能エリア
  名鉄百貨店一宮店前コンコース
  一宮駅駅頭(東西南北)
内容
  尾張一宮駅前ビル(i- ビル)1階コンコース
・エスカレータ脇に沿ってポスターや幟旗を設置
・一宮市発行の冊子をボランティアが配布
(広報活動へ参加する団体のチラシを冊子に封入可)
  名鉄百貨店一宮店前
・広報ブースを設置し、ポスターや幟旗を設置
・一宮市発行の冊子をボランティアが配布
(広報活動へ参加する団体のチラシを冊子に封入可)
・冊子とチラシをパンフレットスタンドに配架
  一宮駅駅頭
・一宮市発行の冊子をボランティアが配布
(広報活動へ参加する団体のチラシを冊子に封入可)

 人 数 一宮市市民活動支援制度の登録団体内の有志ボランティア、全会場を合わせて毎日10名程度
posted by iCASC at 10:00| 団体イベント情報

マイナスから始める団体の管理運営術

CCF20161208_0013.jpg

マイナスから始める団体の管理運営術
説明30分+ 質問&交流会30分の 時短講座です。
前半だけでも、後半だけでも、また説明の30分だけの参加でも構いません。
2016.12.9(土)・2017.1.15(日)
場 所 / 一宮市市民活動支援センター 会議室にて
星野博のマンスリーミニミニ講座
平日1 回、週末に1 回、同じテーマで別の月に開催しますので、どちらかにご参加ください。
同じ日の2コマを連続で受けられても構いません。
なるべく講座と同じ日に「なんでも相談」を開催します。
個人的な問題は対応できませんが、市民活動やNPOのことなら、何でもご相談ください。
超初心者向け市民活動ハウツー講座を開催していきます!
ネットの使い方やチラシの作り方、印刷や画像など、乞うご期待。

ホシノのネット広報術
数年前から劇的に変わった広報のありよう。とり
わけフェイスブックやツイッターなどSNSをどう
安く活用して広報するかホシノ式広報術を。

チラシ・ポスターどう作る
紙のチラシもネットの時代?本当に安くなったネッ
ト印刷の使い方と、支援センターの印刷設備の使
い方を解説。

ぐるっと一年振り返り
予算、会計、企画、広報、記録、決算、報告書・・・
一年ずっと解説してきた団体管理運営術をぐるっと振り返り、概説。
posted by iCASC at 09:59| 団体イベント情報

いちのみや市民活動ダレデモ車座トーク vol.3&4

CCF20161208_0011.jpg

CCF20161208_0012.jpg

いちのみや市民活動ダレデモ車座トーク vol.3&4
今からボランティア活動を始めたい方
地域・コミュニティの防災や減災に関心のある方
災害支援に取り組む方など…
支援センターがテーマごとに開催する車座トーク。その第1回は8月20日に、
第2回は10月29日に開催され、毎回30人ほどの方々に参加いただきました。
防災に関わるゲストスピーカーの「活動報告」を聞いて情報と共感を共有し、
続けてグループに分かれて賑賑しく「車座トーク」で議論しました。新たな
ネットワークも形成されているようです。

vol.3 2016年 12月17日(土)13:30〜15:30
vol.4 2017年  2月18日(土)18:00〜20:00

さらに多くのゲストスピーチを聞き、フランクな「車座トーク」へ。
さらに第4 回に向けて行政との関係性について田辺さんの話を聴きます。
葛 冬梅さん(災害時外国人支援ネットワーク愛知名古屋)
大西 なみさん(一宮アレルギっ子サークルくれよん)
三輪 秀夫さん(あいち防災リーダー会 一宮支部)

「防災で今、自治体はどう協働しているのか」をテーマに「車座トーク」で議論、
ファシリテーター田辺さんが整理をし、さらに今後の展開も話しあいましょう。

ファシリテーター 田辺則人さん
一般社団法人地域問題研究所 主席研究員/四日市大学非常勤講師(都市計画)
1984年地域問題研究所入所以来、東海地域における行政等の計画づくりに携わる。西春中学校エコ改修・
環境教育事業コーディネイトや安心安全まちづくりモデル調査(知多市南粕谷地区)ほか、総合計画、都市計
画、環境基本計画、住生活基本計画、地域福祉、公共施設、産業振興、多文化共生、行政改革推進計画や、
研究学園都市、首都機能移転構想などで実績300以上。
自治体職員研修講師。四日市大学ほか非常勤講師。旧甚目寺町行政改革委員。中部PFI/PPP研究会理事。
一宮市出身。
posted by iCASC at 09:57| 団体イベント情報