2016年02月26日

(登録団体からのお知らせ)いちのみや大学第93回講座 試験や職場で差がつく小論文の書き方講座

一宮市市民活動支援センター登録団体のイベント情報です。
------------------------------------------------------------------------

いちのみや大学第93回講座

試験や職場で差がつく小論文の書き方講座

◆講師:日本福祉大学客員教授 野田 直人先生

◆日時:2016年 4月9日(土)午後2時から4時まで

◆場所:一宮駅 i-ビル3階 市民活動支援センター内会議室

◆会費:1,000円(教科書代・消費税含む)

◆定員:20名(要予約)

入学・入社などの論文問題や大学生・大学院生の小論文、社会人のレポートなどを書く場合に、いかに読み易く説得力のある文章に仕上げるかをポイントを押さえて短時間で学ぶ講座です。

◆お問合せ・お申込み いちのみや大学事務局へ以下のいずれかの方法でお申し込みください。
@ホームページから http://ichinomiyadaigaku.com/koza/105.html
Aメール info@ichinomiyadaigaku.com
B電話 080-4227-8641(平日 10:00〜17:00)/ FAX 0586-72-5445

CCF20160226_0001.jpg

CCF20160226_0002.jpg
posted by iCASC at 14:43| 団体イベント情報

研修会《市民活動の財源を考える》

研修会《市民活動の財源を考える》

【研修プログラム】
NPO・市民活動団体を成長させる助成金・補助金活用術

講師:中尾さゆり

日時:2016年 3月12日(土)13:30〜15:00

場所:稲沢市総合文化センター 3階 講習会室

対象:NPO・市民活動団体の財源活用術に関心を持つ方
   (筆記用具&電卓持参)

主催:稲沢市市長公室地域振興課・稲沢市市民活動支援センター

■参加ご希望の方は氏名or団体名と電話番号を稲沢市市民活動支援センターまでお電話にてお申し込みください。
電話:0587-33-6400

2016-02-04 09.27.38.jpg
posted by iCASC at 10:06| ニュース

FMいちのみや「いちのみやの輪」 第152回  わくわくアースプロジェクト

FMいちのみや「いちのみやの輪」 第152回

i-wave  モーニングアイ 
今朝のFMいちのみや「いちのみやの輪」第152回は、
 わくわくアースプロジェクト 杉浦さんと日置さんが出演してくださいました。

IMG_0149.JPG

山元加津子(かっこちゃん)の教えてくれた、すべての人が大切で必要な存在だということ。
どんなこともいつかのいい日の為にあることをみんなに知ってもらい、白雪姫プロジェクトを広めることで、どんな重い障害があっても回復する方法があるんだという事を広めていきたいと思っています。
あなたはあなたというこの世界でたった一人の存在として生まれてきたことに意味があるんだよということをお互い大切にしていきませんか?との想いで活動をされています。

2016.3.26(土)には、ドキュメンタリー映画の上映会を予定しています。

ドキュメンタリー映画
宇宙(そら)の約束
〜いのちが紡ぐ愛の詩〜

CCF20160123.jpg

かっこちゃん映画第2弾!
「嬉しい時も 悲しい時も 宇宙は私を愛してくれている
花がそこに咲くことは 私がここにあることは それが大切だと言う証(あかし)
すべてはいつかのいい日のために きっときっと宝物」
この映画と出会えたことは私にとっても あなたにとっても きっときっと最高の宝物。

●日時 3.26(土) 
13:30開場/14:00上映(上映時間96分)
   ※その後シェアタイムあり

●会場 江南市民文化会館 第一会議室(2F)
愛知県江南市北野町川石25-1 TEL:0587-55-2321
(名鉄犬山線江南駅徒歩3分P有)

●料金(ちょっぴり手作りのお菓子付き)
大人:1,300円 小人:650円 幼児:無料

主催:わくわくアースプロジェクト 代表 杉浦 久美
 TEL・FAX:0587-54-1957 携帯:080-3621-7030

振込先:ゆうちょ銀行 12170 21690111 スギウラクミ


(川野尋文)
posted by iCASC at 09:53| FM-i 「いちのみやの輪」

2016年02月25日

2/29(月)〆切 2016/2/25(木)1042日め

2016年3月10日ごろ
情報誌Vol.17発送予定で準備を進めています。
同梱のチラシの受け付けは、2/29(月)までですので
ご希望の登録団体様はお急ぎお持込下さいませ…
お待ちしております。

2016-02-25 16.28.04.jpg

(スタッフ 川野尋文)

本日の一宮市市民活動支援センター
●利用者数:  83人
●作業室利用:  3組 3人
●会議室利用:  5組 56人
●新規団体登録:  1件
●登録情報・コンテンツ変更・承認:  1件
●チラシ・ポスター持込:  1組
●ほか: 
●新しい補助金や助成金情報はこちらをご覧ください。
http://138cc-s.sblo.jp/
posted by iCASC at 16:31| レポート

2016年02月24日

受付は終わりました…。 2016/2/24(水)1041日め

本日、何名様かが選択届出書をお持ちくださいました。
せっかくお持ちくださいましたが、23日で終了の為
受付はできません…。

2016-02-24 16.13.40.jpg

(スタッフ 川野尋文)

本日の一宮市市民活動支援センター
●利用者数:  60人
●作業室利用:  2組 2人
●会議室利用:  3組 42人
●新規団体登録:  0件
●登録情報・コンテンツ変更・承認: 2件
●チラシ・ポスター持込:  1組
●ほか: 
●新しい補助金や助成金情報はこちらをご覧ください。
http://138cc-s.sblo.jp/
posted by iCASC at 16:17| レポート

(登録団体からのお知らせ)【図画工作むらた先生のダンボール工作教室】inつくる。

一宮市市民活動支援センター登録団体のイベント情報です。
------------------------------------------------------------------------

【図画工作むらた先生のダンボール工作教室】inつくる。

主催:つくる。

1203.jpg

日時:3/20(日)10:00〜12:00

締切日:要予約

会場:つくる。

つくる。地図.jpg

定員:15組くらい

申込方法:事前にメールで予約。

費用:参加費1500円(材料費込)

内容詳細
3種類の中から1つ選んで作成していただけます。
前回参加された皆さまにも楽しめる内容です。
お子様だけでなく、親子でのご参加、大人のみのご参加もOK!
お誘い合わせの上、ご参加下さい。
・ダンボールイス+テーブル ・コロコロタワー ・時計

問い合わせ先:予約受付 図画工作むらた・村田祐一郎

携帯 090−5877−1223 

メール zukou23@yahoo.co.jp

関連URL:http://www.tsukuru-ichinomiya.com/category/murata-classroom/
posted by iCASC at 09:53| 団体イベント情報

(登録団体からのお知らせ)【バランスボールレッスン】 inつくる。

一宮市市民活動支援センター登録団体のイベント情報です。
------------------------------------------------------------------------

【バランスボールレッスン】 inつくる。

主催:つくる。

content_image.php.jpg

日時:4/15(金)20:30〜21:30

締切日:先着順

会場:つくる。母屋

つくる。地図.jpg

対象者:関心のある方

申込方法:小島先生へ直接お申し込み下さい。

費用:1レッスン60分/1500円(初回1000円)

内容詳細
バランスボールはリハビリから生まれたもの。関節に負担なく、老若男女どなたでも行える有酸素運動です。
お仕事や家事、日頃の生活習慣などで凝り固まった筋肉を緩め、必要な筋肉を強化していきます。
内臓や脳も活性化し、イキイキとしたカラダ作りを目指します。
レッスンは音楽に合わせて楽しく愉快に弾んでいきます。
最後は使った筋肉をクールダウンし、深いリラクゼーションを味わっていただきます。
ご夫婦で、ご家族で、おひとりでもご参加いただけます。(小さなお子さま連れの方はご相談くださいね。)
平日使ったカラダの疲れを取り、土日を快適に過ごしましょう(^^)
こんな方におススメです♪
◯姿勢改善したい方
◯冷えが気になる方
◯カラダの凝りを改善したい方
◯ストレス発散したい方
◯寝ても疲れがとれない方
◯カラダをひきしめたい方
◯とにかくカラダを動かしたい方

《持ち物》
動きやすい服装(GパンNG)
飲み物
汗ふきタオル

《ご予約・お問い合わせ》
fuu.bodycare@gmail.com

一般社団法人体力メンテナンス協会認定バランスボールインストラクター 小島佑宇子
《ブログ》http://s.ameblo.jp/yuuyu-kojima
関連URL:http://www.tsukuru-ichinomiya.com/category/balanceball/
posted by iCASC at 09:45| 団体イベント情報

2016年02月23日

支援制度選択届出書の提出、ありがとうございました! 2016/2/23(火)1040日め

本日、2月23日(火)で選択届出書の提出は終了しました!

投票いただきました皆様、ありがとうございました!

そして団体の皆さま、お疲れ様でした!

●今後のスケジュール
・平成28年
1月25日(月)〜2月23日(火) 市民の選択届出の受付け→終了
3月8日(火)         選択届出結果の公表
3月9日(水)〜3月22日(火)  変更申請・取下届の受付け
4月1日(金)         支援金の額の決定・公開
4月1日(金)〜平成29年3月31日(金) 団体による事業実施

▼詳しくはコチラをどうぞ
http://www.138npo.org/index.html

顔出し看板くん、いちみん、お疲れ様でした!

2016-02-23 17.22.22.jpg

(スタッフ 安田知里)

本日の一宮市市民活動支援センター

●利用者数:  103人
●作業室利用:  2組 5人
●会議室利用:  4組 84人
●新規団体登録:  0件
●登録情報・コンテンツ変更・承認:  2件
●チラシ・ポスター持込:  3組
●ほか: 
●新しい補助金や助成金情報はこちらをご覧ください。
http://138cc-s.sblo.jp/
posted by iCASC at 17:34| レポート

(登録団体からのお知らせ)平成28年度 第1回一宮市健康づくりウオーキング大会

一宮市市民活動支援センター登録団体のイベント情報です。
------------------------------------------------------------------------

平成28年度 第1回一宮市健康づくりウオーキング大会

千秋町遺跡・浮野合戦場址・うきうき村歩き

平成28年 5月21日(土)【雨天決行(警報が出た場合は中止)】

参加無料・申し込み不要
※ゴールで参加者全員に「参加賞」を進呈いたします。

集合場所:いちい信金スポーツセンター(愛知県一宮総合運動場)

集合時間:午前9時(受付午前8時30分)

主催:一宮市健康づくりサポーター協議会
共催:愛知県一宮総合運動場
後援:一宮市
協力:街かど案内人
お問い合せ:一宮市健康づくりサポーター協議会 藤高 090-1728-7055(9:00-17:00)

20160223健康づくりサポーター.jpg
posted by iCASC at 12:05| 団体イベント情報

(登録団体からのお知らせ)ASC25期会からのお知らせ

一宮市市民活動支援センター登録団体の情報です。 ------------------------------------------------------------------------

●月例会並びに総会の日程案について

@月例会の日程
◇開催場所:Iビル(3階)一宮市民活動支援センター B会議室(22名参加予定)
◇開催日程:@3月15日(火)(13;30〜15:00)
      A3月25日(金)(  〃  )
      B4月22日(金)(  〃  )変更
      C5月25日(水)(  〃  )
      D6月24日(金)(  〃  )新規案
       
AASC一宮25 総会
◇開催場所:フアッションデザインセンター(4階、視聴覚室)
◇開催予定日:3月30日(水)(13:30〜15:00)

主催:ASC一宮25 
posted by iCASC at 09:00| 団体情報

2016年02月22日

【急】支援制度選択届出書の提出は、あと1日! 2016/2/22(月)1039日め

いよいよラスト1日です!

封筒もたくさんきてますよ〜!

平成28年1月25日(月)〜2月23日(火)

※郵送の場合は消印有効

※窓口での持込み受付は、明日2月22日(火)17:00まで。

※ネット投票は、http://www.138npo.org/ 2月22日(火)中に!日付が変わる前に処理してくださいね。

2016-02-22 12.00.27.jpg

団体のみなさん、がんばってくださーい!

ラスト1日、センターでも投票していただけるようにお声かけをします〜!

(スタッフ 安田知里)

本日の一宮市市民活動支援センター

●利用者数:  125人
●作業室利用:  6組 6人
●会議室利用:  4組 101人
●相談事業:アドバイザー 川野尋文(ひなたネット)1組6人
●新規団体登録:  0件
●登録情報・コンテンツ変更・承認:  0件
●チラシ・ポスター持込:  3組
●ほか: 
●新しい補助金や助成金情報はこちらをご覧ください。
http://138cc-s.sblo.jp/
posted by iCASC at 17:45| レポート

つくる。スタッフミーティングの日に古川代表へインタビュー!

H27年度訪問事業No.112
訪問先 つくる。 代表古川様
2015年10月8日(木曜日)訪問第2回 (センター担当:安田)

2013年にイベントの訪問をさせていただきましたが、今回は平日の夜に行われた「つくる。スタッフミーティング」で、古川代表にお話をお聞きしました!

IMG_9017.JPG

●「つくる。」という場所
 繊維をつくってきた当時の熱意が残る「のこぎり屋根と古民家」
 10年前、その建物の存続が危ぶまれ、残すことができたらという思いからはじまりました。
 本業が庭師であるため、当初は、職人と衣食住を共にする場所を考えていましたが、モノづくりをする人、何かをクリエイトする人たちが集まる場所となればと思うようになりました。

●モノづくりを大切にしたい
 テクニックを持っている人は、すぐにスタートをきれる。しかし、そうでない人もいる。頭に描いても、場所がなかったり、発信できなかったり、材料を購入するにも資金がなかったり、失敗の経験もできず、準備段階で諦めてしまうことがある。モノづくりをする人たちが悩みを抱えてスタートをきれない、という形は避けたかった。
 「つくる。」は相談所でもなく、イベント屋でもありません。何にもないところから、何がほしいか、何が足りないか、壁にぶちあたりながら歩んできました。
 古民家での暑さ寒さで過ごす環境など、決してやさしい場所ではないと思っています。会社組織ではないので、様々なところに手が届くわけではありませんが、来場する参加者が困らないよう近隣の駐車場を確保したりなどの最低限の準備を整え、様々な人が集まれる場所になればと思っています。

●「つくる。」でのルールはどうされていますか?
 面白くない、つまらない場所では、のびのびと感性を伸ばせません。
 細々としたルール決めはモノづくりに制限をかけることになるので、「人が不快になるようなことはやめよう!」「火のもとの確認しよう!」「鍵をしめよう!」など基本的なことを大切にしています。

●モノを作って発信しつづけ、更に10年続けられると信じて・・
 古民家保存協会の人たちが訪れた時「助成金を使わず、みんなに活用されながら、自分たちの力だけでやっているのは初めて見ました」と言われました。
 古民家やノコギリ屋根工場は、歴史的・文化的価値があります。維持をする覚悟と、庭師の技術で維持をしてきましたが、雨漏りなど、建物はどんどん古くなってきています。自分たちの世代で解決できることがあるのであれば、場所を守るために支援制度なども利用したいとも思います。
 10年前は、電気、水道も通っておらず、真っ暗な廃墟のような空間で、どう維持していくのか、どう守っていくのか、自信を持てませんでした。
 今は、10人より100人で、たくさんの人が関わりながら、想いが芽生える場所になればと思っています。
 寺子屋にくる小学生や幼稚園の子どもたちが20歳を過ぎたころに、あの場所に思い出があり、守っていきたいという想いが繋がっていくとうれしいです。みんなが「つくる。」という場所に愛がめばえ、それを維持したいと思われる場所であってほしいです。

●代表であり、庭師である親方の古川さんより
 庭師の経験より、石や木などから学ぶことは多く、それぞれが置かれる場所により光り輝くことができます。人も同じです。
 そうした居場所づくりが一宮市内で展開されていくことが大事だと思います。
つくることに年齢は関係なく、年配の人たちの技術を継承していくことも大切で、最近では幅広い年齢層による世代間交流もあります。
 また海外より来日するグループの滞在もあり国際交流もあります。
 当初7〜8年間は看板もなく、訪れた人たちが、どこから入るかもわからない状態でした。多くの皆さんの目に留まるようになってきたのは、人に伝えての広がりが大きく、今では、情報発信をすることもできているので、更に広がっています。
 「つくる」のあとに「。」を示した、完結して発信する場所という想いを込めました。言葉で説明することが難しいので、まずは「つくる。」へお越しください。

●取材して
 この日は、庭師の方たち「つくる。八百屋」のスタッフ、鳥取へ行く道中の群馬県のアーティストなど、事務所には10名くらいの方がいらっしゃいました。
仕事の打ち合わせや、支援制度申請についてのミーティングなど、様々な話題が飛び交い、平日なのに活気ある夜でした。
 古川さんから、ものづくりの大切さ、「つくる。」のありかたなどをたくさんお話いただき、共感する部分がたくさんありました。

 また、気さくにお話いただく中、一宮市市民活動支援センターへのイメージも聞いてみました。
・情報誌がよみやすくなっている
・敷居が高いイメージがある。
・堅苦しくなく、友達に語りかけるような集まりの方が混じりあえる気がする。
・交流会をもう少しフランクな形にできないの?

 そうしたご意見をお伺いし、交流に関して分野ごとで区切ることもいいのかな?と考えていましたが、混在していた方がいいのかもしれません。センターの役割は何?と改めて考える時間でした。(安田)

IMG_8664.JPG
posted by iCASC at 16:59| インタビュー(訪問事業)