2015年02月14日

市民活動支援制度の届出の締切は16日月曜まで!2015/2/14(土)699日め

市民が選ぶ市民活動支援制度の選択届出期間が
2015年2月16日月曜までとなっています。

郵送の場合は、期間内(2015年1月23日〜2月16日)の消印有効です。
インターネットからの届け出はこちらをご覧ください

2月16日月曜の受付窓口は下記の通りです。
市民活動支援センターは午前9時から午後5時。
本庁舎9階の地域ふれあい課、尾西庁舎1階の窓口課、木曽川庁舎1階の窓口課、各出張所は、
午前8時30分から午後5時15分です。

お手元に届いている冊子をご確認ください。
受付窓口にその冊子があるため、その場で選択届出書に記入することも可能です。

2015-02-14 14.22.11.jpg

本日の一宮市市民活動支援センター(スタッフ 草田克己)

●利用者数:  99人
●作業室利用:  6組 6人
●会議室利用:  4組 76人
●相談事業: アドバイザー新保祥代(NPO法人地域福祉サポートちた)・藤岡博隆 1組 1人
●新規団体登録:  0件
●登録情報・コンテンツ変更・承認:  1件
●チラシ・ポスター持込:  2組 
●新しい補助金や助成金情報はこちらをご覧ください。
http://138cc-s.sblo.jp/
posted by iCASC at 21:01| レポート

「ニイハオ会」さんにインタビュー

H26年度訪問事業No.82
訪問先:「ニイハオ会」代表:野田さん
一宮市市民活動支援センターにて
2015年1月31日(土曜日)訪問第1回(担当:草田)

毎回ほぼ満席になる「ニイハオ会」の活動内容を知るために
講座の終了後、センターのフリースペースでお話を伺いました。

●導入
a.活動開始時期 b.活動意図 c.団体化の経緯
20年ほど前の1992年に、ちょうど中国が注目され始めた時期に設立しました。一宮市市民活動支援センターができる前は、産業体育館や豊島図書館を利用して勉強会を開いてきました。変わらない顔ぶれが多く、毎回、20名から30名が出席くださり、ありがたく思っています。
「ニイハオ会」は仲間と一緒に中国語を勉強するのはもちろん、参加者を募って中国旅行へ行って、歴史、文化、習慣、現状なども学んでいます。花見会や懇親会も定期的に開いて楽しんでいますよ。

●一宮市市民活動情報サイトの登録内容に異動はありますか?
活動時間帯が15時30分から15時に変更しています(修正済)。

●最近の活動のようすを教えてください。
教科書や参考書を用いず、毎回、生きた中国語を取り上げて学んでいます。中国語を書く、聞く、話すをテーマに、「たくさんしゃべる、たくさん聞く」を大切にしています。

●今後の活動予定や皆さんにお知らせしたいことは?
大学の非常勤講師でもある先生のご尽力もあり、会員それぞれのレベルに合わせて勉強会はすすめられています。よく勉強されている方が多く、また繰り返し学ぶことも多いので、先生との中国語の会話も楽しく弾みます。また、一宮市内の国際交流の場で、学んできた中国語が役立っています。

●今後の展望、数年後の姿などを教えてください。
会員の年代が40代、50代、60代、70代と幅広くなっています。今後も継続的に会員を募集します。これからも月4回の開催で、一宮市市民活動支援センターと中央図書館を利用していきます。

●一宮市市民活動支援センターに対するご意見やご要望をお願いします。
きれいで、環境も良く、交通アクセスが便利なのでとても助かっています。

2015-01-31 15.11.30.jpg

posted by iCASC at 17:49| インタビュー(訪問事業)