2014年11月13日

支援制度のプレゼン映像撮影はじまりました 2014/11/13(木)625日め

本日から、支援制度のプレゼン映像撮影が始まりました。

2014-11-13 10.48.19.jpg

皆さんが元気にアピールする声や笑い声が、スタッフのいる席まで届いてきました。
いちふぉとKidsさんの撮影の様子です。

2014-11-13 10.48.32.jpg
2014-11-13 10.34.09.jpg

明日撮影される団体さんもがんばってくださいね。

明日のFMいちのみや「いちのみやの輪」8:30〜の出演団体さんは
公教育に合わない子が健全に育つためのもう一つの学びの場を運営されている
「デモクラティックスクール まんじぇ」さんです。


(スタッフ 木全保枝)

本日の一宮市市民活動支援センター

●利用者数:  61人
●作業室利用:  5組 5人
●会議室利用:  1組 38人
●新規団体登録:  1件
●登録情報・コンテンツ変更・承認:  6件
●チラシ・ポスター持込:  2組
●ほか: 
●新しい補助金や助成金情報はこちらをご覧ください。
http://138cc-s.sblo.jp/
posted by iCASC at 17:04| レポート

(登録団体からのお知らせ)【ONGAESHI アーティストエクスチェンジ ブレーメン・ナゴヤ 2014-15】公開制作、パフォーマンス&アーティストトーク  つくる。

一宮市市民活動支援センター登録団体のイベント情報です。
------------------------------------------------------------------------

【ONGAESHI アーティストエクスチェンジ ブレーメン・ナゴヤ 2014-15】
公開制作、パフォーマンス&アーティストトーク

content_image.php.jpg

入場無料

日時:2014年11月14日から2014年11月16日まで
11月14日(金)- 11月20日(木)公開制作 10:00-19:00
11月15日(土)パフォーマンス、アーティストトーク 16:00 -

■お問い合わせ先
ONGAESHIプロジェクト実行委員会
担当:村田 仁(むらた じん)
電話:090-1835-9747
メールアドレス:ongaeshi.exchange@gmail.com
ONGAESHI プロジェクトサイト・http://ongaeshi-exchange.tumblr.com/
関連URL http://ongaeshi-exchange.tumblr.com/
posted by iCASC at 15:05| 団体イベント情報

NPO法人自立と共生をめざす会もやいの三桶さんにインタビュー

H26年度訪問事業No.63
訪問先 NPO法人自立と共生をめざす会もやい
パステル教室開催後 一宮市市民活動支援センター フリースペースにて
2014年11月5日(木曜日)訪問第1回(担当:木全)

IMG_5033-thumbnail2.JPG

●導入
もともとは、引きこもりや不登校の若者の自立支援をめざすうどん店「京風うどんさがの」の2階をフリースペースとして開放してましたが、5年前に地域支援センターになってほしいと市の福祉課より声掛けがあり、主に障がい(精神・知的障がい)にお悩みの方が利用されるという現在のかたちになりました。

●一宮市市民活動情報サイトの登録内容に異動はありますか?
登録時からだいぶ変わっているところがあるので、全体的に見直して変更します。

●最近の活動のようすを教えてください。
精神衛生福祉士による個別相談会や、パステル画教室、レクリエーションなど定例の催しを開催しています。SSTという技能訓練では、「仕事帰りに食事に誘われたが用事がある場合どのように断るか」など具体的な場面を想定して、話し合いを行っています。

●今後の活動予定や皆さんにお知らせしたいことは?
年1回、保健所主催の「心の健康フェスティバル」に参加し、パステル画やカレンダーの販売をしています。今年は11月8日(土)に稲沢の文教女子短大にて催されました。

●今、活動していく上での課題や、最近困っていることは?
資金です。(NPO法人として会員からの年会費、登録障がい者の受け入れに対する助成金、1階の利用者がスタッフとして働くうどん屋の利益の3つが収入源ではあります。)

●今後の展望、数年後の姿などを教えてください。
通えない人も気軽に来られる場所にしたいです。
ネットでは詳細は伝わらないので1度相談に来てほしいと思っています。

●一宮市市民活動支援センターに対するご意見やご要望をお願いします。
障がいがあり利用中に急に大声を出してしまったりする方もいるので、申し訳ないと思っています。

●これから他団体と一緒に協力して、やりたい事業やイベントはありませんか(一宮市市民活動団体や他団体との協働)
いろいろ挑戦してみたいという気持ちはありますが、障がい者が関わってうまくできるかな?という不安もあります。実際に、同じ地域支援センターと一緒に進めた事業で先方から断られてしまったこともあります。

CCI20140528_0003.jpg
posted by iCASC at 14:47| インタビュー(訪問事業)

(登録団体からのお知らせ)美術解剖学講座 inつくる。

一宮市市民活動支援センター登録団体のイベント情報です。
------------------------------------------------------------------------

美術解剖学講座 inつくる。

content_image.php.jpg

絵画の制作に役立つ人体の構造の知識を講義と実習で学びます。

参加費 1,500円/1回(予約不要)

第1回「美術解剖学概論・頭部に踏み込んだ説明」※終了
第2回「体幹前面」2014年12月2日(火) 18:30〜21:00
第3回「体幹背面」2015年1月13日(火) 18:30〜21:00
第4回「上肢・下肢」2015年2月3日(火) 18:30〜21:00
第5回「表情・手足・まとめ」 2015年3月3日(火) 18:30〜21:00

【問い合わせ先】080−3611−4701(ゆっくん)
【関連URL】 http://tokaidsn.jugem.jp/
posted by iCASC at 14:05| 団体イベント情報

(登録団体からのお知らせ)第3回伊藤喜栄塾・地歴学講座2014 志民連いちのみや

一宮市市民活動支援センター登録団体のイベント情報です。
------------------------------------------------------------------------

第3回伊藤喜栄塾・地歴学講座2014
〜「地歴学」を通して、一宮市の地域、産業、生活を考える〜

CCF20141113_0003-1.jpg
CCF20141113_0003-2.jpg

「伊藤喜栄塾」運営事務局/今枝忠彦(都市プランナー)
NPO法人志民連いちのみや/星野博

 「伊藤喜栄塾・地歴学講座」とは、一宮市のご出身で、経済地理学の泰斗、伊藤喜栄先生の提唱される、地理学と歴史学を統合した「地歴学」を通して、グローバリズムの席巻する中、わが国の混迷する社会の状況を認識し、これからの地域のあり方を学ぶ連続講座です。
第1回は、「地域づくり(地域政策)」の考え方について、第2回は、「現代日本の地域問題と一宮(歴史から学ぶ)」と題して講義が展開されました。第3回は、引き続き「現代日本の地域問題と一宮」をテーマに、「将来を展望する」視点からお話しをしていただく予定です。なお、次回は前期を締めくくる講義となります。
 第3回・地歴学講座を下記の要領で開催いたします。市内外からのご参加をお待ちしており
ます。

日時:平成26年12月6日(午後2時〜4時半)
場所:i-ビル(尾張一宮駅前ビル)3階 一宮市市民活動支援センター会議室
講義テーマ:「一宮地歴学」を展望する
参加費:無料

事前登録などの必要はありません。当日、会場にお越し下さい。ご質問などありましたら、お気軽にメールをお寄せ下さい。(今枝忠彦/imaeda@ism-works.jp)

●共催:NPO法人志民連いちのみや(星野博/hiro@hoshinos.com)
「志民連いちのみや」では、2021 年の一宮市市制100 周年に向けて、一昨年より、「市民プロジェクト2021」と称して、一宮市の将来を考えるまちづくりシンポジウムを断続的に開催しています。その一環として、本講座を共催しています。

■プロフィール

【 講師:伊藤喜栄 】
1931 年一宮市生まれ。名古屋大学大学院修了後、大分大学、名古屋市立大学、金沢大学、慶応義
塾大学、神奈川大学等で助教授・教授を歴任。経済地理学、歴史地理学、地域政策論を専門とし、「地
歴学」を提唱。『図説日本の生活圏』、『教養としての地歴学―歴史のなかの地域』など著書多数。

【 コーディネーター:今枝忠彦 】
1957 年一宮市生まれ。1983 年名古屋工業大学大学院修了後、東京の都市計画コンサルタント事務
所で全国各地の都市計画・まちづくりの調査、計画策定業務に従事。2010 年、イズムワークス設立。
2007 年、中心市街地活性化診断・助言事業検討委員(経済産業省)として一宮市を担当。著書に『街
は要る』等。

■参考図書:伊藤先生の全ての著書が対象となりますが、特に下記文献を推奨します。
・ 伊藤喜栄著『図説 日本の生活圏』2004.11、古今書院
・ 伊藤喜栄著『教養としての地歴学-―歴史のなかの地域』2006.11、日本評論社
(出典:伊藤喜栄『図説 日本の生活圏』2004、古今書院)
posted by iCASC at 13:06| 団体イベント情報

(登録団体からのお知らせ)あいちさんフェスタin一宮 アスクネット

一宮市市民活動支援センター登録団体のイベント情報です。
------------------------------------------------------------------------

見て、学んで、ふれあって体感。愛知の産業教育の祭典!
あいちさんフェスタin一宮 

CCF20141113_0004.jpg

■日時:11月22日(土)10:00〜16:00 雨天決行
愛知県の専門高校等で学ぶ高校生たちによる「産業教育の祭典」が開かれます。実験の実演や体験コーナーの設置、ショーの実施や作品展示、物品の販売など、発表の仕方は様々です。専門高校などでの学びを、直に体験できるチャンス。進路選びの参考に、ぜひ足を運んでみよう!

■URL
http://aichi-sunfesta.com/ichinomiya/

■お問い合わせ
愛知県教育委員会 高等学校教育課
〒460-8534 名古屋市中区三の丸3−1ー2
TEL : 052-954-6787

※専門高校などを選んだ先輩たちの「学び」と「仕事」を紹介する本。
「トビラノオト一宮版」センターに配架中です。
CCF20141113_0002.jpg
posted by iCASC at 11:54| 団体イベント情報