2013年09月10日

リレー・フォー・ライフ・ジャパン尾張一宮」イベント 2013/9/10(火)263日め

「リレー・フォー・ライフ・ジャパン尾張一宮」さんによる、がん患者支援チャリティーイベントが、9/28.29(土・日)開催されます。
当センターにもチラシがございますので、ご覧下さい。
2013-09-10 16.57.03.jpg
<写真:NPO法人バボナターレさんと当センターのサポーター杉山さん>
NPO法人バボナターレ馬場さんも「リレー・フォー・ライフ・ジャパン尾張一宮」さんを応援しているそうです。

(スタッフ 安田知里)

本日の一宮市市民活動支援センター

●利用者数:  60人
●作業室利用:  6組 7人
●会議室利用:  2組 33人
●新規団体登録:  0件
●登録情報・コンテンツ変更・承認:  1件
●チラシ・ポスター持込:  0組
●ほか: 
●新しい補助金や助成金情報はこちらをご覧ください。
http://138cc-s.sblo.jp/
posted by iCASC at 18:07| レポート

「一宮市朗読グループききょう」さんを訪問NO.2

H25年度訪問事業No.29(現場訪問)
訪問先:一宮市朗読グループききょうさん
2013年8月23日(金曜日)一宮社会福祉協議会と中央図書館にて(担当:スタッフ 安田)

一宮市広報「声の広報ふれあい」の収録中を現場訪問致しました。
録音室では、声を吹き込む方がマイク前に座り、その後ろではアクセントや読み方など内容をチェックする担当の方がいらっしゃいます。
大勢の方で交代しながら、随時チェックをし、こうして「声の広報ふれあい」が出来上がります。
IMG_2943.JPG

数多くの活動の中、この日、一宮市中央図書館6F・対面朗読室での「代読サービス」の活動も訪問致しました。
視覚障がい者高齢者、失読症の方など、文字を読むことが不自由な方々の為に「本・新聞・雑誌・お知らせ・チラシ・説明書・手紙など」をお読みする活動もされています。
IMG_2957.JPG
posted by iCASC at 17:00| インタビュー(訪問事業)

「一宮市朗読グループききょう」さんを訪問NO.1

H25年度訪問事業No.25
訪問先:一宮市朗読グループききょうさん(役員さん訪問)
2013年8月20日(水曜日)一宮社会福祉協議会大和事務所にて(担当:スタッフ 安田)

目の不自由な方や失読症の方々の為に、地域の情報や新聞記事、リクエスト本などのCD・テープを作成する朗読(音訳)グループです。
その他、直接お読みする代読サービス・視覚障がい者の為の朗読、老人施設や幼稚園での読み聞かせも行なっています。
IMG_2910.JPG

●最近の活動のようすを教えてください。
一宮市広報・声の広報ふれあい、健康ひろば、いちのみやの社会福祉、ききょうの広報あいち、毎日・中日・読売・朝日新聞など、県広報や月刊ドラゴンズのダビング発送、対面朗読(中央図書館・個人宅)、訪問朗読(老人施設・保育園)など、数多くの活動をし、常に会員50人近くがフル稼働している。

●今後の活動予定や皆さんにお知らせしたいことは?
「声の広報ふれあい」には、「ふれあいコーナー」というのがあり、それも楽しみの一つと言って下さる利用者がいます。
・中央図書館6F対面朗読室の代読サービスも是非ご利用いただきたい。
・ボランティア養成講座「音訳講習会」を利用頂き、技術を身につけるボランティア活動を定着していきたい。

●今、活動していく上での課題や、最近困っていることは?
・メンバー間で切磋琢磨しながらも、会内の高齢化が進んでいるので、若い方の参加も歓迎しています。

●今後の展望、数年後の姿などを教えてください。
・パソコンを使用しての録音が多くなる。
・カセット機→CDへと移行する時代なので、利用される方のお役に立つためにも録音機械のデジタル化に対応していきたい。

●一宮市市民活動支援センターに対するご意見やご要望をお願いします。
・興味がないと情報誌も見ないケースが多いので、カラー刷りや上質紙などで色々な方に伝わるとよい。
・情報誌等々、代表のみの配布ではなく、支援制度の時のように市民の方(各戸配布など)にも伝わる機会があるとよい。

●その他何かありましたら。
グループ内の会員がフル稼働で活動していて、忙しい活動ではあるが「技術ボランティアグループ」として、信頼をなくすことないよう、口コミなどで評判を落とすことのないよう活動していきたい。
posted by iCASC at 15:37| インタビュー(訪問事業)