2013年08月22日

ボランティア募集コーナー 2013/8/22(木) 247日め

センターの掲示スペースには
ボランティア募集コーナーがあります。

2013-08-22 16.51.37.jpg

現在は、図書館の本をきれいにする、ヤギのお世話をする、ボランティアの先生など募集しています。
このコーナー、ボランティアを募集されている団体さんは、ぜひ活用してみてくださいね。

来週の金曜はセンタースクール、「簿記はダメでも帳面はできる!」が開催です。
お申し込みお待ちしております。

(スタッフ 木全保枝)

本日の一宮市市民活動支援センター

●利用者数:  39人
●作業室利用:  0組 0人
●会議室利用:  2組 17人
●新規団体登録:  0件
●登録情報・コンテンツ変更・承認:  3件
●チラシ・ポスター持込:  1組
●ほか: 
●新しい補助金や助成金情報はこちらをご覧ください。
http://138cc-s.sblo.jp/
posted by iCASC at 16:50| レポート

「リスの杜」杉本さんを訪問

H25年度訪問事業No.24
訪問先 リスの杜さん
2013年7月25日(木曜日)市民活動支援センター会議室にて

2013-07-25 10.18.01.jpg

●導入
トロッケンゲビンデという、ドイツ・オーストリアなどで古くから作られてきた、木の実や花・スパイスなどのドライ素材でアレンジする技法を、代表の杉本さんが3年前から習い始め、2012年5月よりリスの杜として活動開始。

●一宮市市民活動情報サイトの登録内容に異動はありますか?
まだないです。

●最近の活動のようすを教えてください。
体験教室やイベント出展、長野の日帰り温泉地での販売などをしています。

●今後の活動予定や皆さんにお知らせしたいことは?
開田高原のやまゆり荘(日帰り温泉)での販売会や
同じく開田高原のそばまつりに出店します。
秋からはクリスマスの準備に入ります。

●今、活動していく上での課題や、最近困っていることは?
体験教室の参加者募集などの人集めに苦労している。
イベント参加時など人が多いところで出店を行なうとその際の参加者多いが、単体では難しいことが多い。

●今後の展望、数年後の姿などを教えてください。
出張スタイルのグループ教室を展開していきたいと考えています。

●一宮市市民活動支援センターに対するご意見やご要望をお願いします。
会議室を出張教室に使わせてもらえたらと考えています。

●これから他団体と一緒に協力して、やりたい事業やイベントはありませんか(一宮市市民活動団体や他団体との協働)

●その他何かありましたら。
夏は貝殻を取り入れたアレンジなどもやっています。
posted by iCASC at 11:46| インタビュー(訪問事業)

「一宮おやこ劇場」阪野事務局長、八島運営委員長、あだちさんを訪問

H25年度訪問事業No.19
訪問先 一宮おやこ劇場さん
2013年6月22日(金曜日)親子劇場 事務所にて


おやこ劇場は、40年ほど前に九州地方でできた組織。
当時、テレビが普及し始め、かじりつきになってしまった子供たちに危機感を覚えた保護者などが、実際の関わりあいを大事に感性豊かな子育てをすることや、文化をひろめる目的で発足した。
一宮市では1976年に発足。
学年や地域などで30ほどのグループに分かれての活動も行っている。
全国では438団体。愛知・東海などで集まりがある。
会員それぞれに参加のきっかけや参加期間はさまざま。
お友達づくり、観劇、遊び場などなど。

DSCN1270.JPG

DSCN1277.JPG

●最近の活動のようすを教えてください。
6月のコラージュライブでは、搬入のお手伝いや、昼食・おやつ作りなどおもてなしまで子供達が行った。ロビーに飾ったダイナミックお絵かきも事前に支所で行い、小さい子から大きい子までそれぞれが関わった。


●今後の活動予定や皆さんにお知らせしたいことは?
年齢に合わせた観劇を行っている。
高学年…考えさせられる・あとで語り合う
低学年…感じる・楽しむ
会員制にしているのは、長く付き合いを続けてより一人一人と関わりたいため。しっかりした関係性をつくり、相手と頼りあう・作り上げる体験をたくさんさせたい。


●今、活動していく上での課題や、最近困っていることは?
演劇をしているサークルと勘違いされることが多いので、もっと活動内容や趣旨を伝えていきたい。広報・ラジオなどで告知はしているが、もっと拡げてくにはどうすればいいか?が課題。


●今後の展望、数年後の姿などを教えてください。
どの学校、どのクラスにも会員がいるような状況にしたい。
意見のちがいを楽しめるような雰囲気をひろめたい。
全体が変わらなければ子供は飛び出さないので、地域の大人の集団の意識も変えたい。
子供が感じて考え、自ら動く子になって欲しい。運営側もそうありたい。


●一宮市市民活動支援センターに対するご意見やご要望をお願いします。
会議が長時間の為、2時間だけの駐車場料金の補助では足りないように思う。


●これから他団体と一緒に協力して、やりたい事業やイベントはありませんか(一宮市市民活動団体や他団体との協働)
イベント時にチラシの配りあいなどを協力はしているが、対象は同じでも趣旨の違いがあるなどで、一緒に活動をするまでに至っていない。


●その他何かありましたら。
子持ち世帯でない方や、大人だけの入会もOK。
月払いなので年度の途中でもどこでも入れます。

劇団の方も、感想を伝えることで演目を変えたり内容を変更したりしており、共に育てあいをしていると感じる。

※「子ども劇場 企画作品2013」という本をいただきました。
子供向け作品を上演される団体さんの一覧ですが、他の団体さんでも問合せ可能なもとのことです。センターに置いておきます。
posted by iCASC at 10:10| インタビュー(訪問事業)